ブログ

2017年6月25日日曜日

青山のKnoll Storeの見納めです 2017/6/24

一昨日Knollの重要なお知らせをしたわけですが、もちろんその前から私は知っていたわけです。

だから、先週東京に行った際に夜にKnoll Storeに行ったのは、見納めという意味も含めて行ってきたんです。

東京の話 いろいろあった編 http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/06/2017616.html

だから夜に食事に行っていたんですよ。


せっかくなので、見納めとしてKnoll Storeの写真を撮っておきましたのでどうぞ。
みなさんにも青山のKnoll Storeとして記憶に残しておいてください。


超珍しく自分も映っておきました。
顔はどうしてもモザイクにしてしまいますけど。


でもまだ6/30までknollの看板で営業していますから、行ける人は行けますよ。
7/1からは改修工事に入り、別の店名とラインナップで新オープンとなります。


Knoll Storeの皆さんとは仲良くさせてもらっていました。良い人たちでした。新たな道に進んでいきます。

随分と私を評価していただいて光栄でしたよ。


Knoll store青山。ありがとうございました。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2017年6月24日土曜日

ダンスキナのラグは選ばれているんですよ 2017/6/24

このあいだから展示しているダンスキナのラグ(http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/06/duotone2017614.html)ですが、日本以外では以前からラグの優良選択肢の一つとして選ばれているものなんですよ。
このラグについて、どうもあんまりピンと来ていない人が多数の印象です。


マハラムジャパンにより日本で正式に流通販売されることになったものなので、例えばアメリカでも以前から販売されていました。

そしてダンスキナのラグは、ハイレベルな空間づくりをするときに必要なラグという認識です。


例えばハーマンミラー関係のレイアウトに使われているのを見ます。



http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/lounge-seating/saiba-lounge-chair-and-ottoman.html

深澤直人さんがデザインしたサイバラウンジチェアのスタイリング写真ですが、敷いてあるラグはdanskinaのduotoneですよ。

参考 http://www.maharam.com/products/duotone-by-danskina/colors/111



この時の更新 http://case-study-shop.blogspot.jp/2017/05/201756.html
それから一度掲載した写真ですが、ここに敷かれてあるラグはmultitoneなんですよ。

参考 http://www.maharam.com/products/multitone-by-danskina-4/colors/675


Design Within Reachでも普通に売っています。
ベッドの下にあるのはDuotoneです。


このように非常に優れたスタイリングが可能ですので、ウールでの織り込まれたラグとしてベストです。
ヘラ・ヨンゲリウスさんのラグってだけで好まれそうなぐらいですし。


土足でも使えるラグということで、そういった場所では特に向いています。

もちろん、ご家庭でも素晴らしいですよ。


現状製品ラインナップ一覧みたいなものが無いので、相談して選んでください。
あったとしても相談して提案を受けて買うのが一番ですけど。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年6月23日金曜日

Knollについての重要なお知らせ 2017/6/23




Knollは今まで㈱チームネットさんがKnollの日本総輸入代理店だったのですがですが、㈱イトーキさんと㈱インターオフィスさんに日本でのライセンスが移管され、7/1より新たに両社による合併会社であるKnoll Japanが設立されることになりました。



Knoll store青山があるのは皆さんご承知の通りですが、チームネットさんが運営していた店舗ですので、これに伴いKnollの看板を下げることになりました。
現在のKnoll Storeとしての営業は6/30までです。今のうちに行ってあげてください。



私も含めて日本でのKnoll製品の販売はチームネットさんを通して拡販をされていたのですが、そのチームネットさんと米国Knoll社とのライセンスが終了する以上、現状では続けられなくなります。


今後Knoll製品は新たなKnoll Japanの管轄となりますが、私はイトーキさんもインターオフィスさんとも取引をしていないので、今後どうなるかわからないです。


 
ということで、うちではKnoll製品については6/30を持って一旦終了となります。


また何か進展があったらお知らせしますね。


みなさんの見えないところで私もいろいろ考えたり動いたりしたりしていますよ。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年6月22日木曜日

シェルチェア持ち込みでの張替は中止します。 2017/6/22


シェルチェアや生地の持ち込みでの張替ですが、送料が高くなりすぎて対応できなくなりました。
恐縮ですがご理解くださいませ。




持ち込みに限ってなので、シェルや生地自体もうちでご用意するのでしたらまだしばらくは続けられる気がします。
もしくはベースも購入してもらうとか、何台も張り替えるシェルチェアがあるとか・・・


シェルチェアの張替は、もともと送料を考えない値段設定だったので、ちょっと無理があるやり方をしていたんですよ。張替代は本当に張替のみ代でした。


どういうことかというと、うちにシェルチェアを持ち込んでもらった場合、張替自体はとある場所にいる職人がやっているので、どうしてもこちらからそこに配送して、戻ってくるのも配送業者に任せることになります。

この行き帰りの送料が結構するので、張替代だけでは辛い状況だったんです。


そこに来て、とうとううちも来たんですよ、送料の値上がり。佐川さんから。


想像を絶する値上がりでした。笑えるほど。

これにより、無理をしていた張替が完全に無理になってしまったわけです。



どうしても張り替えてほしいという場合、別途送料を請求させてください。


しかし、これが本来のことだと思います。送料はかかるものです。偉そうなつもりはないです、そう聞こえたらすいません。


あまりにもECサイトの送料無料が一般的になりすぎて、ここにきて”ひずみ”が出ましたね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2017年6月21日水曜日

製品1つ1つ手間がかかるものです。作るのに。 2017/6/21


ハーマンミラーではこんな感じで作っていますよって動画ですね。
主にクラシックラインですね。古くからある製品のことです。
※この動画って前このブログで載せたかもどうかも覚えていません。たまたま見つけたHerman Miller公式の映像です。すでにここで紹介していたらなんかすいません。

製品1つ1つ手間がかかるものです。


製品の価格は、工程数や作業時間で価格が大きく変わってきます。

一見似た製品でも、ずいぶんと価格が違う場合はそういうことでしょう。ちょっとの違いに見えても、実際には相当時間がかかったりしますから。人件費は安くないですよ。

わかりやすいのがイームズアルミナムチェアとイームズソフトパッドグループチェアでしょう。
同じフレームで、ソフトパッドの方がモコモコしているぐらいなのに、素材代を考えても値段が変わりすぎじゃない?って思った人が多数でしょうね。実際作業時間が半端なく違うんですよ。工場の人がそう言っていました。


卵の値段だって、卵のまま3個買うのと、目玉焼き3つ買うのと、厚焼き玉子1つ買うのとでは値段は全然違いますものね。そりゃ手のかかりようや光熱費が違いますから。

・・・変な例えなのは、最近わたしが”だし巻き玉子”をいかにキレイにおいしく作るかに凝っているからです。
でもわかりやすいですよね?


もし製品の価格が気になったら、どうやって作られているかを想像してみてください。
それだけの価値があるものになっているはずですよ。

もしくは私に聞けば良いです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950