ブログ

2012年10月31日水曜日

シェルチェアは巡り巡る。

ヴィンテージシェルチェアのベースが壊れたという事で、お客さんにシェルごとベース交換のためにお店に持ってきてもらいました。
 
 
座面のファブリックが凄い変色しています。
写真のアームシェルです。
もとはHベースだったのですが、はまるHベースが(何故か)無かったのでエッフェルベースにしました。
色ともマッチして格好良くなったと思います。
ところでこのシェルチェア、座面ファブリック、残りビニールレザーのグリーンとちょっと珍しいタイプです。(見えないですがシェル部分もグリーンです。)
 
 
・・・なんか見覚えがあったんですよ。このシェルチェア。
 
お客さんが帰った後に古い写真達をしらみつぶしで見ていたら発見しました。
これです。
 
 
スキャンしているのですが、実際の写真は上のシェルに色がもっと似ています。これだと座面が凄いグリーンに見えますがね。
2000年10月6日に青山のM店で撮影された写真ですが、分かりますよね?
座面の浮き具合もソックリ。多分同じだと思います。
 
それが巡り巡って今は愛知県の方が所有しています。 (このお客さんはこの写真のお店で購入していません。)
この方の手元にたどり着くまでに様々な場所に行ったのだと思います。
それが今でも現役で使えて、所有者にも満足してもらっている。
なんか感慨深い気持ちになりました。
 
家具は出会い。
 
私がよく言っている台詞です。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル
TEL 052-243-1950


2012年10月30日火曜日

椅子屋じゃないっすよ。

たまに椅子屋って言われます。

入店早々「ここ椅子屋?」とか、「椅子しか売ってないの?」とか。
いや~確かに写真の通り椅子が多く見えるのですが椅子屋って事はないでしょう。
まあ店のキャパが狭いので椅子が目立つのは分かるのですが。

うちの店が家具で一番数が売れるジャンルは椅子です。
なので必然的に椅子が多くなり、その中でもシェルチェア関連は色を揃えたりバリエーションを豊かにするのでこんな感じの店内になります。
狭いのでテーブルの上に椅子を置いたりしたり。
今なんてネルソンベンチの上にネルソンエンドテーブルを置いて、その上にさらに椅子を置いているぐらいですからね。

多分テーブルやシェルフが什器にみえるのでしょうが、お店に展示している物はすべてもれなく売り物です。

よーく店内を見回してくださいね。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2012年10月29日月曜日

クロコシートパッド

お店に一枚だけあるこのシートパッド。
むしろラスト一枚と言うべきちょっと特別なシートパッドなんですよ。
かなり以前に数量限定で作ったものです。
 
 
クロコ型押しのビニールレザーなのですが、このビニールレザーはイタリアの某ハイブランドと同じ工場で使われている高級なビニールレザーです。
以前何かの拍子でイタリアから輸入したものです。
そんなのを使っているので、他のシートパッドに比べてちょっと割高ですが格好良いです。
 
 
裏側は普通のビニールレザー。
滑り止めです。(あと価格を抑える為)
 
エレガントな見た目なので最後の一枚が欲しい人はどうぞ。
価格は¥8,190!
ですが、まあもうちょっと相談に乗ります。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月28日日曜日

この時期ラグが欲しくなってきますね。

うちのブログのアクセス数がインテリアショップとしては多い方なのか少ない方なのか知りたい今日この頃。
日曜日の夜皆様いかがお過ごしですか。
もしかしてサザエさん症候群ですか?
というかサザエさんって放映続いているんですか?(テレビ一切見ない)

 
結構懐かしいデータが出てきました。
5年ぐらい前に居た同僚がオーダーラグ(オーダーメイドラグ)の説明のために作ったPOPです。
今も継続してオーダーラグはやっているのですが、いかんせん店内にラグの実物がありません。。。(サンプルはあります)
理由は手配するのを忘れていたからです。(・・;)

でもこれ見てオーダーラグに興味が湧いたらご相談ください。

お客さんが書いてきた絵でもラグを作ることが出来ますよ。

例えばクマの絵を書いてきて、そのクマの形の3mのラグとかそんなのも作れます。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2012年10月27日土曜日

シェルの張り替えに使える生地

シェルチェアの張り替えに使える生地について。

張替の生地は持込みでもOKなので、張替以来と共に生地を持参される方も珍しくないです。
よく聞かれることは、どんな生地でも大丈夫なのか?ということと、必要なm数ですね。

まず生地の用尺はサイドシェル、アームシェル共に1mあれば十分です。(1.5m×1m)
サイドシェルはそれで生地が余るぐらいです。

そして張替に使用できる生地は”最低限イスに張り込める強度を持った生地”であれば大丈夫です。
引っ張りますので伸縮性が強い生地だと引っ張られちゃいますし、薄い生地ウレタンと接着する際の接着剤が染み出したりすることがあります。
椅子張りに使える!という名目で販売されている生地だったら大体大丈夫です。
不安な場合は私に聞いてください。



そうするとこのコラボニットチェアはニットなのにどうして?という話になりますよね。

確かにヴィンテージのニットを使用していますが、厚めの生地を裏打ちしています。
つまり、ニットという薄く強度の弱い生地と丈夫な生地を二枚張り合わせてあるという訳です。
そうすると裏打ちすればどんな生地でも出来るんじゃない?と言われればそうだと思います。
ただ、裏打ちは接着じゃなくて全体をミシンで縫うので、無地とかだとすごく目立つことになると思います。
このニットチェアもよーく表面を見ると全体的に縫ってあるんですよ。

裏打ちとかはやってませんので、そこらへんはご自身でやってきてくださいね。
相談はいつでもどうぞ!



case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2012年10月26日金曜日

古物商の話

中古やヴィンテージ品を買ったり売ったりするには何か許可が必要か?

ええ、いります。


中古品やヴィンテージ品を売買するには各都道府県の公安委員会による古物商許可が要ります。
私も当然写真の通り取得しています。

逆に言えば古物商許可さえ持っていれば誰でも中古品の売買が出来るという事です。
個人でオークションとかに売るのは許可がいるかというと、それには必要ありません。

当然ですが詳しくは警視庁のHPに書かれています。http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/kobutu.htm

細かく書いてあるのですが、こうやってお店を開いたり本業として中古売買をやらない限りは必要ないという認識で良いと思いますよ。
オークションで副業として買って売ってを繰り返している人は多分必要です。
そもそも給与以外で年間20万円以上の収入がある人は所得の申告義務があり、確定申告をしなければなりませんしね。
って、話が変わっちゃいました。

私は道具商で申請しましたが、名前だけで美術、書籍、時計など全ての取引は出来ます。
なので申請した〇〇商しか扱えないかというとそうではありませんのでこれから取得する人は悩まなくて良いですよ。
”美術商”とかの方が見た目的には格好良いかもしれませんけどね。名前の違いだけです。

でも海外からの輸入家具メインの場合は古物商が必要なかったりします。
税関を通っているからでしょうね。
なので行きつけのヴィンテージ、アンティークインテリアショップが古物商の掲示が無くても不思議ではありませんのでお間違え無く。


今回はこんな話でした。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEl 052-243-1950

2012年10月25日木曜日

MID-CENTURY MODERN FURNITURE OF THE 1950s BY CARA GREENBERG

「MID-CENTURY MODERN FURNITURE OF THE 1950s BY CARA GREENBERG」
この書籍はミッドセンチュリーアイテム好きなら持っている人も多いはず。
持っていない人は手に入れてください。(うちでは販売していません。)
かなり面白く参考に為になる本です。
260×260mmなので写真も大きく見やすいですよ。
内容ですが題名の通り1950年代のデザインの紹介ですが、チョイスが素晴らしいです。
 
 
脚が5本に分かれているコントラクトベーステーブルが掲載されていたり、
(貴重なコントラクトベーステーブルです)
 
 
当時のデザインがクリアな写真で紹介されています。
目の保養になります。
 
 
このラグのデザイン、どっかで見たことありますよね。
これが元ネタなんですよ。
 
 
お部屋の紹介もあるのですが、ため息が出る空間ばかりです。
写真の男性、ごめんなさい、思い出せないのですがどなたでしたっけ?日本のロックバンドの・・・
 
多分探すとまだ買えると思うので興味があれば買ってください。
これは買って損しないです!
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月24日水曜日

シェルチェアのガラス繊維量

ヴィンテージのシェルチェアはご存知の通りファイバーグラス(ガラス繊維)が入っていますね。
年代によって含有量が違うんですよ。
 
 
80年前半
60年前半
70~80年
簡単に言うと古ければ古いほどファイバーグラスの量が多くなっています。
それに加えてシェル自体の厚みも薄く作られています。
特にゼニス製造時代のシェルは最高に薄くて光を照らすと手がすけてみえるぐらい薄いです。(ここで載せれる写真が無いですけど。)
 
何故かというと、当時はプラスチックがまだ高価で、そのプラスチックの使用量を抑えるためにファイバーグラスを多く入れていました。
それが年数を重ねるごとにファイバーの量が減っていき、80年後半の最終モデルは「これグラスファイバー入ってる?」と思うぐらい少なくなっています。
 
あとは環境などによる配慮で製造終了、いまポリプロピレンって感じです。
 
グラスファイバーは好きな人には堪らない要素です。
私も好きです。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月23日火曜日

DKRのビキニパッドについて

イームズのDKR。(Herman Miller現行品)
 
特にこれからの時期はワイヤーチェアに直接座るのは冷たすぎるので、このようなビキニパッドがついているとグッドですね。
で、以前紹介の更新をした時にこのビキニパッドの値段について書きました。
 
 
高くね?みたいな書き方をしていますが、ちゃんと高価格な理由がありました。
 
 
この座面見てください。
若干盛り上がっていませんか?
実物を触らないと分かりませんが、すごく張りもあってしっかりしています。
この造形を作るのにすごく手間がかかるそうです。
ただウレタンを盛っているだけではないんですよ。
 
 
裏側をみるとワイヤー部分から浮いている事が分かります。
ちゃんとこの形に成形している訳ですね。
分かりづらいかもしれませんが、こういった細部までこだわっているのが正規品のクオリティですね。
 
製造工程で意外な部分でコストがかかるのは家具に限らずすべてのモノに言えると思います。
そう見ると納得の値段ですよね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月22日月曜日

ハングイットオールとボールクロック

豆知識。
 
 
HANG IT ALL!
BALL CLOCK!
50年代当時はハングイットオールとボールクロックのボール部分は共有されていました。
合理的ですごく面白いと思います。
今もそうなのかは分かりません、ハングイットボールはボールの部分が外れるのですが、ボールクロックの方はボール部分だけ外れないので試すことが出来ませんでした。
出来たら結構面白い配色が出来るんですけどね。
 
さらに余談。
ボールクロックはジョージ・ネルソン氏のデザインとして有名ですが、その本人はイサム・ノグチのデザインだとコメントしている事は知っている人は知っている有名な話ですね。(諸説あります)
どういう経緯でボールクロックが生まれたかを知りたい人は書くのが面倒なので私に直接聞いてください。(言い伝えみたいなもんですが。)
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月21日日曜日

Herman Miller布張りシェルチェアの生地見本

現在19時。
都会の喧騒もどこへやら、打って変わって静かな時間が流れていますね。
日曜日の夜特有のまったりとした空気が私の心を穏やかにさせてくれます。
ああ、温かいお茶が飲みたい。
 
 
Herman Miller正規品の布張りシェルチェア用の生地見本がやっと届きました。
いろいろあって遅くなりましたね。
商品の詳しいことは以前の更新を見てください→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2012/07/herman-miller.html
 
 
入荷時の更新でも書きましたが、この生地もVitra製です。
でもこの生地は"ホップサック"という名前です。
詳しい人なら聞き覚えのある名前ですね。
 
 
ヴィンテージの布張りシェルチェアです。
ホップサックという生地は、Herman Millerのヴィンテージ品に多く使われている生地で、実際当時の布張り用シェルチェアにホップサックは使われていました。
私はこの縫い目を見ると「ああ、ハーマンミラーだな~」って思ったりします。
 
実物を見たい方は店頭へどうぞ。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月20日土曜日

モダンペッツ中野シロウさん特注Dee Dee Diner Chair!

かなり珍しい椅子を入荷しました。
ヴィンテージ品の類ではありません。
 
 
以前case study shopがモダンペッツ(modern pets)の生みの親でもある”中野シロウ”さんからの依頼により特別に作り上げたシェルチェアです。
1~2年前ほど前に中野シロウさんがプロデュースをしたDee Dee Dinerというステーキハウスが作られました。
ですが、プレオープン後に諸事情で正式なオープンの前に終了してしまった、ある種伝説的なお店があります。
そこで展示をするために作られたイスです。
実際は納品されることはありませんでした。
 
 
シェル部分がグレーのモノもありますのでそちらも販売しています。
 
 
そしてこの生地はその為に作られた特注品です。
Dee DeeというこのキャラクターもDee Dee Dinerの為に中野シロウさんがデザインをされました。
真ん中の縫製部分もキャラクターがちゃんと繋がっている事にクオリティの高さがうかがえると思います。
 
 
この椅子はこの世に数脚しかありませんが、この度せっかくなのでと販売することになりました。
中野シロウファン、モダンペッツファン、単純にデザインが気に入ったなどの方はオススメしますので是非ご検討ください。台数が少ないのでお早めに!複数脚購入も歓迎しています!
(先ほども書きましたが、シェル部分はパープルとグレーの二色があります。)
 
ただし、若干ヨゴレやキズがあります。ご了承ください。
 
Dee Dee Diner Original Chair
¥SOLD OUT!
size H790 W480 D420mm
 
ちなみに↑この価格はすごく安いです。
元の価格を計算すると、シェルチェア+エッフェルベース¥40.950+張込みウレタン¥21,000+特注生地デザイン料¥pricelessですからね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月19日金曜日

セイコーのヴィンテージ時計

いきなり寒くなりましたね。
風邪を引いたら負けですよ。
 
さて、SEIKOSHAのヴィンテージクロックを入荷しました。
 
 
見た目格好良いですけど、ごめんなさい詳細不明です。
おそらく7~80年代の品ではないでしょうか?
いかんせん初めて見たデザインですし、何も資料がありませんでした。
 
 
ちゃんと稼働します。
電池式ではなくコンセントを差すことによって自動で動き出します。
状態は年数相応だと思ってください。
 
 
スペースエイジなデザインがなかなか素敵じゃないでしょうか。
この赤さもイタリアっぽくてグッドです。
あ、SEIKOSHAなので日本製ですよ。
 
 
時計部分がたまにぎこちない回転をすることもありますが、それはご了承ください。
あとムーブメント音がします。


 動画で動きと音を確認してください。


video


カメラが近づいたのは音を聞いてもらう為ですよ。

興味をそそられた人はぜひどうぞ。

SEIKOSHA
Vintage Desk Clock
¥現在再修理中。


ところでさっき詳細不明って書いてるのに、どうやって値段がつけられるの?てきとうなの?と思う人も居ると思います。
確かにこの品自体は詳細不明ですが、SEIKOのヴィンテージクロックの他の品の価格や相場から値付けしています。
そんな変な金額は付けることはないと思いますよ。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2012年10月18日木曜日

昨日の話。

恒例の昨日どこへ行っとか何食べたとかの話です。
しかし今回は写真をほとんど撮らなかったので文章メインです。
 
朝一で東京に到着した私はインテリアライフスタイル見本市に行きました。
 
inreriorlifestyle living 
 
 
さーっと全体を流して見ました。
コピー品が堂々と出展されていた事に驚きましたけどね。
 
そして次は青山に向かいました。
 
カルテルショップ青山にてKartell社の新作商品の内覧会が行われていたので見てきました。
残念ながらまだ紹介できませんが、結構良いモノ発売されますよ。
あと、〇〇の〇〇が限定で発売しますので、これは近いうちに告知します。うちでも販売する予定です。
 
そんで次は外苑前のhh.styleに行ってきました。
 
 
期間限定でプルーヴェの商品がたくさん展示してありました。
いやほんと良いですね。プルーヴェ。
 
 
なんかいつもここでくだらない話ばかりしていてスイマセン。
と思いつつ次の場所へ。
 
さて、代官山到着。
昼食は駅前にあるグリルバーガー SASAに行きました。
 
 
実はバーガー好きな私。(マックとかはあまり好きじゃありません。)
ここは雰囲気も良くてなかなか美味しかったですよ。
 
GRILL BURGER CLUB SASA
 
 
お腹がいっぱいになったところで代官山に来た理由のミッドセンチュリーモダンへ。
 
Mid-Century MODERN
 
 
以前もお伝えしましたが、青山から代官山へ移転しています。
やっと移転後のお店へ行けました。
相変わらずの商品量に羨ましい限りです。さすが老舗! (写真とっとけよ・・・)
昔話にも花が咲いていろいろ面白いお話が出来ました。
 
この辺で雨が降り始めたのでさっさと学芸大学駅に行きました。
最後はいつもの目黒通りへ。いつものS社長に会いに。
ここからの話は書けませんが、今後のcase study shopの展開に関わる話とだけお伝えしておきます。
最高にポジティブな話ですよ。驚くぐらい良い展開が生まれそうです。
 
夕食は朝日屋というお蕎麦屋さんへ連れて行ってもらいました。
ここ美味しかったので興味のある人は行ってみてください。
地元の人しか行かないお店って感じですが、それが穴場っぽくて好きです。
 
そんなこんなで最終の新幹線で帰りました。
 
良い刺激を受けましたね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月17日水曜日

アルギュの留め方。

日中だというのに店内はこの気温。
すっかり秋らしくなりましたね。お店の中も冷房を使わなくても良いので健康的です。
この時期は窓や入口のドアを開けっぱなしにしているので、お客さんとしては入店がしやすいと思います。別に扉が閉まってても気にせず入ってきてもらえばいいんですけどね。
 
そんな今日は自動更新なので本人は今頃目黒辺りにいるんじゃないでしょうかね。
あ、ちゃんと10/18は通常通りオープンしますよ。(いつも日帰り)
 
 
話は全然変わって、お店に飾ってあるAlgueですが、どうやって壁につけているのかをよく尋ねられます。
一見すると張り付いているように見えますが、
 
 
実はただ画鋲で差し止めているだけです。
ただし、この画鋲は針が2~3cmああります。
合計で三か所ぐらい止めていますが、このぐらいの重量ならこれで問題ないと思いますよ。
手軽さ重視です。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月16日火曜日

デイビー・クロケットのマグカップ

デイビー・クロケット(本名David crocket)のチャイルドマグ。
ファイヤーキングのマグカップにみえますが、これはヘーゼルアトラス社のマグカップです。
ファイヤーキングでもこれと全く同じ柄があるので紛らわしいですね。 (ただ紛らわしいというだけで悪い意味はこめていないですよ。)
 
 
違いですがまず、ハンドル(取っ手)の形が違います。
そして写真の通りよくあるファイヤーキングのマグカップより一回り大きいです。
それからそこにこれは刻印がありません。刻印がないことも特徴の一つです。
 
ヘーゼルアトラスを集めてみるのも面白いかもしれませんよ。
このマグの正確な年代は不明ですが、70年代以降製造はされていません。
 
Hazel Atlas
Child Mug
¥3,150 
 
 
そして昨日お伝えした通り明日10/17は出張の為お店をお休みします。
まあ一人でやっているので”出張”という言い方は正しくないかもしれませんが、他に言い方が思いつかないので。



case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2012年10月15日月曜日

セイルチェア限定仕様第1弾の販売開始

この情報ものすごく今更なのですが、お伝えしてなかったので遅いと知りつつ更新します!(忘れてました)
 
セイルチェアの限定仕様が発売します!というかすでに発売して2週間ぐらい経っています。。。
ちょっと上下の余白がおかしいのは諸事情によるものです。
限定仕様のセイルチェアの第1弾は、テキスタイルメーカー、ウォーヴンイメージ社(Woven Image)とのコラボレーションで、オーストラリアのアボリジニアーティスト、ミニー・プーラ(Minnie Pwerle)の作品を柄にしたテキスタイル「リチュアル(Ritual)」を使用したセイルチェアです。
 
通常仕様に比べるとそこまで価格も変わらないのでオススメです。
詳しくはお尋ねくださいね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


10/17(水)は休業します。

表題の通り10/17(水)は東京出張の為お店を休業します。
ご迷惑をお掛けするかもしれませんがよろしくお願い致します。

さて、目黒の目的地以外は何処を巡ろうか考えますか。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2012年10月14日日曜日

ブラジリアンローズウッドの話。

写真は"過去"のHerman Miller社の木材サンプル(印刷)の一部です。
ウォールナットとかオークは現在も選択できますが、右から二番目のローズウッドは選択できません。
一番右のチークはネルソンミニチュアチェストなどで現行品でも使われています。
ミニチュアチェストってローズウッドじゃなかったっけ?と思われるかもしれませんが、現行はチークにローズステインを施してあるのです。
 
Herman Miller社に限りませんが、なぜローズウッドは現在の製品であまり見ることが無くなったのでしょうか。
 
 
このローズウッド。
ローズウッドと言っていますが、正確にはブラジリアンローズウッドの事です。 (南アメリカからの輸入じゃないですよね?)
同じローズウッドでも木目が似ているだけの木材もあるのでご注意を。
 
ブラジリアンローズウッドは丈夫で木目が美しく最高級の木材です。
が、現在は伐採の制限がされ輸入にもワシントン条約の書類が必要な貴重な木材です。
なので現在のラインナップにはありません。でもたまーに限定品として発売したりはしますけどね。
 
なのでヴィンテージでローズウッドが使われている製品は人気があり、価格も高くなりがちです。
家具に限りませんね。
 
 
ブラジリアンローズウッドの製品例。格好良い・・・!
イームズのラウンジチェアのローズウッドなんかはすごく人気が高いので良い値段で取引されます。
 
家具業界では当たり前の話なので、「今更こんな話書くなよ」、とか一部では思われていると思いますけど、このブログはいろんな人に向けて発信しているので一人でも「へ~」と思ってもらえたらそれで良いんです。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月13日土曜日

最近の状況とボビーワゴン用ツールボックスの続き。

最近仕入れが少ないみたいだけど大丈夫?と思われているかもしれませんが、別に大丈夫ですよ。
ただ、少ないのは事実です。
”あるもの・あること”の準備のため、そっちに力を注いでいる為です。
モノが1つ、コトが2つありますが、多分来月ぐらいから公表して行けると思います。
まあそのうちの1つは内部的な事なので公表は出来ないんですけどね。
楽しみにしていてください。
 
 
さて、昨日のボビーワゴン用ツールボックスキャンペーンですが、メーカーより写真が配られましたので紹介しますね。
 
 
2トレイの場合重ねられます。トレイが深いので。
こんな感じで使えるのであれば便利です。
これ単体では販売はしておりません。
せっかくなのでこのキャンペーンを利用してやってください。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2012年10月12日金曜日

ボビーワゴン用ツールボックスプレゼントキャンペーン

そんな訳で今日はお店をお休みにしております。
遊んでいる訳ではありませんのでご了承くださいませ。

そんな今日からボビーワゴンのツールボックスのプレゼントキャンペーンが始まります。
今日からですけど今日はお店休んでいるんですけどね。


ボビーワゴンのトレイ用「ツールボックス」プレゼントキャンペーン
10/12~11/30

期間中にボビーワゴン(全仕様対象)をご注文いただいた方全員に、写真のトレイ用ツールボックスを1台につき2個プレゼントします!

ただでさえ素晴らしい収納力がさらにグッドになります。
詳しくはお尋ねください。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950