ブログ

2013年2月28日木曜日

38年前の話。

たまに10年以上前の本や雑誌をひっぱり出してきて、以前はこうだったんですね~みたいな話を書いていますが、じゃあもっと以前の本にはどんな内容が書いてあったのか。
ちょっと面白いモノが見つかったので書きますね。
 
 
今回はこの本です。
懐かしい感じ。
図書館とかでありそう。
 
 
第1版が昭和50年。という事は1975年。今から38年前の書籍です。(この本自体は1976年ですね。)
ふるい!ちなみに1975年の出来事はこちら→1975年wiki
 
本の内容は特筆すべきところがないので省きますが、ところどころに家具の紹介ページがある中に、見覚えのある椅子がありました。
 
 
これです。
 
『成型プラスチックとステンレスを組み合わせた西独製休息いす。近代的なデザインと軽いのが特徴』 (スチールじゃなかったっけ?)
『西独製休息いす』と身も蓋もない紹介分が書かれていますが、我らがイームズのシェルチェアです。社名ぐらい書いたらいいのに。
この年代では、イームズなんて名前は誰も知らないものなんだったんだなと実感します。
 
実際、私が以前勤めていた会社の社長(ミッドセンチュリーの重鎮)に話を聞くと、ミッドセンチュリーブームが来る前にイベントをやっていた時は、だーれもイームズなんて知らなかった。なんて話を聞いたことがあります。
 
いまでこそ『イームズ』がブランド名の如く扱われていますが、この名前が周知されたのはまだまだ最近なのですね。 (イームズブランドってなんなんでしょうかね。)
 
ところで米国製じゃなくて西独製となっているのは、Vitra社製だからだと思います。
シェルチェアってHerman Millerが作っている物じゃないの?って思いますよね?
そうなんですけど、Vitra社も50年代の後半からシェルチェアを作っていました。
 
この辺の話はまた今度書きますね。
 


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月27日水曜日

カバー・イット・オールはウレタン入っています。

そろそろお店のPCをデスクトップにしたいなと思いました。
ノートPCは首が痛い。
 
あ、ボビーワゴンを購入した人に専用アクリルホルダーをプレゼントするキャンペーンは明日2/28までなんで、あ、欲しかった!という人はそれまでに注文してくださいね。
 
 
表から見るとファブリックを張ったシェルチェア。
さて、とりあえずファブリックだけ完成したCover it Allですが、実物を見ていない方には”ただのカバー”に見えている事を知りました。布だけのカバー。
これちゃんとウレタンが入ってるんですよ。
 
ウレタンが入っているので、座り心地が最高に良くなります。
元々のシェルチェアもプラスチックのイスの中では、かなり良い方だと思いますが、その座り心地はそのままに、単純にクッション性を増した感じになっています。
 
なんというか、フィット感が違いますよ。
 
 
裏から見ると現行品のアクアスカイと分かります。おもろい配色。
こればっかりは見て触って座ってみないと分からないので、興味のある人はお店で「座らしてくれ」と言ってください。
かなーり座り心地は違いますよ。
 
予定としては、3月中にはビニールレザーVer.が完成する予定です。
また続報があったら更新しますね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年2月26日火曜日

フローリーシェルフって合体できるかも。

2月の最初に入荷したフローリーシェルフですけど、以前から試そうと思っていたことがあったので、実際にやってみました。
 
 
うちの店以外で好評なこのシェルフなんですけど、フローリングの端材を使っているだけあって、写真の通りサイドがはめ込み出来るようになっているんですよ。※このブログで紹介だけしているようなもんですよ・・・
 
これはつまり、もう一つあればドッキングできるじゃない?と当初から思っていました。
 
さあ、どっちだと思いますか?
 
はまる?
 
はまらない?
 
ちょっと考えてみましょう。 あれ?これこの間のデジャブ?
 
正解は...
 
 
 
 
はまります!
 
そりゃはまりますよね。
ということで合体。広くなりましたね。
なお、脚を互い違いになるようにしないと、お互いが干渉し合うので、中心を合わせて設置することはできません。
 
 
こんな使い方もありにはありなんじゃありませんかね。
もっともっとたくさん繋げると巨大なディスプレイ台になりそうです。
ショーウィンドウ内とかで使えそうです。
もしくはこんなコーヒーテーブルとして使うとか。
 
 
あと説明書に説明書に「やっちゃダメ」って書かれている二段重ね。
うん、こっちの方がシェルフっぽいですね。
自己責任でこんな使い方もどうぞ。
 
最後に、座れるか試しましたが・・・やめたほうがよさそうですね。
私は68kgぐらいですが、座ったらちょっとミシッって音がしました。
そもそも座るもんじゃないですし。
 
earthliving
Floory shelf
¥7,875
size W900 D330 H260mm
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月25日月曜日

革の話

先日とある革メーカーの人が自社の革(牛)の説明のために来店されました。
どこのメーカーかは当人に掲載許可をとっていないので書きませんが、非常に革についてこだわっている会社でしたね。
 
多分多くの人が”本革”と聞くと、「革なんだ~」ってそこで理解が終わると思います。革だから高くて、革だから丈夫でしょ?って。
でも実際には革にも『質』がある訳です。
そのメーカーさんはその質を知ってもらいたい為に営業をされていました。
 
サンプルを貰いましたの紹介しますね。
この革の質については私も皆さんに知ってもらいたいので。
 
 
これが革の一部です。
まあこれだけでは何が言いたいのか分からないと思いますが、いわゆる”銀面”が残っている最高級の革です。
して銀面とは何かというと。
 
 
拡大
よーく見てください。
細かくポツポツと穴が開いていませんか?
これ毛穴です。これを銀面と呼びます。
革なんで当然そんなのが残っている訳です。
この革は”なめした”あとに染色のみで仕上げた最高級の革です。
なので、毛穴が残っていますし、生きているうちについたキズとかスレとかいろいろあります。
でも、これこそが本物の革なのです。しっとりとした肌触りで柔らかく、耐久性も高く色褪せもおきづらい上にキズもつきづらいと良い事づくめです。
アリニンと呼びます。
 
でもその当然な毛穴が無い革があります。
それがピグメント。
見本の写真が無いですが、ピグメントはよーく見ても表面に毛穴がありません。
これは表面を削り、すべてを塗膜などでコーティングする加工をしている革です。
そうすると元々のキズなどを隠して均一な表面を作り上げることが出来ます。
しかし、この革は革本来の良さはありません。
ビニールレザーとほぼ変わらないのではないか?と言われる場合もあるそうです。
 
だからと言って、別にピグメントレザーは粗悪だから買っちゃダメとか、そういう事ではないんですよ。
これは選択じゃないですか。予算とか好みに合わせて好きなのを買えばいいと思いますし。
 
問題は、最高級とか謳っておいてアリニン革を使っていない商品があるということです。
これは販売側も理解していない場合があるので、悪気なく高価格を付けている事もあるそうです。
 
別に消費者側は理解する必要はないと思うんですよ。
でも販売側は理解してちゃんと説明できなきゃダメですよね。
 
 
grenさんのレザーポケットティッシュケース。
よく見ると毛穴がありますね。
 
 
銀面があると輝きが違う。
 
革なんだからなんでも一緒でしょ?
と思う人も居るかもしれませんが、自分自身が関わっている仕事で考えてみましょう。
 
例えば私の場合、ご存知の通り家具インテリアを販売しています。
しかもミッドセンチュリーを専門としたショップです。
イームズのシェルチェアって販売しているんだから、どこのやつでも一緒でしょ?って言われたら、いやいやいや(笑) みたいなことを言うと思います。
 
どんな業界にもこれと似たような話はあるんでしょうね。
 
 
あと中には、革と肉の間の部分(名称不明)に樹脂とか混ぜて使った革とかもあるらしいですよ。
もはやそれは革でもなんでもないモノなのですが、それをレザーソファとか売ってるみたいですから。
さすがにそれは値段相応だと思いますけどね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月24日日曜日

ワイヤーチェアにカバー・イット・オールは装着できるのか?

さてさて、昨日入荷したCover-it-Allですが、以前からこれには装着できるのかという問い合わせがちょくちょくありました。
 
 
1年前の店内です。
これです。
イームズワイヤーチェア!通称DKRです。
これ、冬は異常に冷たいですし、座ると固くて痛いじゃないですか。
だからカバー・イット・オールを装着出来たら座り心地が格段にアップするし最高じゃない?ということで早速可能か試しました。
ただ、今うちのお店にはワイヤーチェアが一個も無いので、目黒のお店に試してもらった結果を教えてもらいました。
 
さあ、どっちだと思いますか?
 
はまる?
 
はまらない?
 
ちょっと考えてみましょう。
 
正解は...
 
 
 
 
 
 
無理でした(/_;)
 
 
簡単に装着できそうなのですが、上写真のようにサイドはワイヤー二枚重ねになっています。
おかげで通常のシェルチェアより厚みがあり、縁のモール(プラスチックエッジ)が、どうやってもはまり込まないとの事でした。
 
ありゃー。。。
 
今のところこのワイヤーチェア用のカバーを作る予定はないので、このワイヤーチェアに装着しようと思っていた人に残念のお知らせです。
 
 
もしくはビキニパッドですね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月23日土曜日

Cover-it-Allの定番ファブリックが完成しました。

やっとやっとやっと。
Cover-it-Allの定番カラーの完成品を入荷しました!
まずはファブリックのみですので、ビニールレザータイプはもう少しお待ちください。
 
 
先に書きますが、今回の入荷は完成品のお披露目みたいなものなので、在庫を持って販売するのはまだ先です。
この現物をご覧いただいたうえで受注を承っております。
 
 
ばーん。
左奥からレッド、ブラック、インディゴ、シーフォームグリーン、チャツネです。
結構良い色のチョイスしてませんか?
本来はこれにホワイトが加わった全6色が定番ファブリックとして販売します。
 
 
それで各色モール(サイドのエッジ)のカラーをアイボリーとブラックの2色用意しました。
本来のヴィンテージイームズシェルチェアもこの2色が存在します。
アイボリーじゃなくてもホワイトって言ってもいいです。
 
 
同じ色でもモールの色が違うと、また違った感じに見えますよね。
定番カラー6色にモール2色で実際には12色の展開です。
 


それから、裏のシリコンスターも以前のサンプルより、よりはっきりした星具合になっています。
摩擦力アップ!


そしてそして、このカバー・イット・オールは生地から何もかもすべて国内で作っていますので、安心のMADE IN JAPANです。

イームズのシェルチェアだったら現行品、ビンテージと個体差はありますがどれでも装着することが可能です。
座面がボロボロになったシェルチェアに被せれば新品同様になったりと、いろんな使い方で出来るはずです。
実物を見たい人はお店へどうぞ。


Cover-it-All
Fabric Ver
¥17,850

http://www.cover-it-all.com/

case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月22日金曜日

イームズワイヤーベーステーブルの話。

イームズのLTRTについてちゃんと話したことがなかったですね。しつこいですがHerman Miller現行正規品です。
 
 
このテーブルの発表は結構古くて1950年だそうです。
当時ワイヤーロッドを同時に溶接する技術を開発した背景があり、ワイヤーチェアなど多数のデザイン生まれました。
その時にエリプティカルテーブル(サーフボードみたいなやつ)が誕生し、そのテーブルを製造するために切り出したプライウッドから生まれたのがこのLTRTとされています。
LTRTは品番で、イームズワイヤーベーステーブルと言った方が分かりやすいですね。
 
 
サイズ的に単体でサイドテーブルとして使うと、ちょっと高さが足りない感じなので重ねたりすると良いです。
コーヒーテーブル的な使い方をするときは、複数を並べると使いやすいですよ。
 
このLTRTには逸話があって・・・まあ有名な話なんで知ってるよと言わず聞いてください。ご存知ない方もいらっしゃいますから。
えー、イームズ夫妻はイサム・ノグチ氏を自宅に招いた際にこのLTRTを使用してスキヤキを振る舞ったそうです。その際は座布団を敷いてジャパンスタイルだったそうです。
その光景を見てみたいもんですよ。
 
 
単体で使う場合はこうやってお部屋のサイドとかに飾り棚として使ったりするといいですよ。
なんか座れそうに見えますけど、座るのは推奨してないので自己責任で。
足乗せ用のオットマンとして利用する人は珍しくないです。上にクッションカバーとか付けて。
 
 
カラー展開は天板がホワイト、ブラック、ホワイトアッシュと選べます。
アッシュは上写真の通りですね。(これ写真です。)
ベースカラーもホワイト、ブラック、トリバレントクロームの3色から選べます。
トリバレントクロームはただのクロームと思ってください。一番上の写真のようなワイヤーです。
 
じゃあいろいろ選べるんだ~。と思いきや、価格と納期にけっこう違いがあります。
 
Herman Miller
Eames Wire-Base Table (LTRT)
天板:ホワイト/ブラック ¥28,350 (ベースがクロームの場合¥29,400)
天板:ホワイトアッシュ ¥44,100 (ベースがクロームの場合¥45,150)
 
size W394 H254 D337mm
 
まず、価格についてですが、ベースがホワイト&ブラックの場合は天板の価格通りですが、クロームを選択するとそれぞれ¥1,050アップします。
そして納期。
天板がホワイト&ブラックでベースがクロームの場合は一週間以内。(在庫があれば)
それ以外の仕様は納期が11週間かかります。
例えばホワイト天板にホワイトベースで納期11週間です。
 
現在販売中の限定LTRTは限定だから高価なのではなく、ホワイトアッシュと同じ価格なんですよ。
そう考えるとお得でしょ。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月21日木曜日

Kartellのウェストバスケット

お店の入り口前にある傘立てにしている物ですけど、あれ本当は傘立てじゃないんですよ。
実はれっきとした商品です。
 
 
これのことです。
これはKartell社の「Waste basket」です。
あまりにも捻りの無い名前ですが、この商品は現行定番品の中では唯一デザイナーがデザインしたものではありません。(国内現行定番品の中では)
その為、デザイナーの部分には「kartell Techinical Office」と表記されています。自社内でデザインしたって事ですね。
でもよく売れるロングセラーなんですよ。
ウェストバスケットという名前の通り、紙屑とか入れる用ですね。
さっとデスクの下なんかに置いておくといいかもしれません。
 
 
ちょっと見づらいかもしれませんが、カラーは上の画像をご覧ください。
明るいカラーなんかはお部屋を華やかにしてくれると思いますよ。
送料無料です。
 
Kartell
Waste basket
¥5,500
size Φ250 H380mm
 
 
お店をオープンした時に、あ、傘立てがない!えーい、これでいいや!という事情で使っていましたが早一年半。そろそろちゃんとした傘立て用意しないと。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年2月20日水曜日

シェルチェアのほかはマスターズだけですね。

※ダイニングチェアタイプに限った話です。
 
椅子が多いと言われる当店ですが、今一度店内を見渡してみるとほとんどがイームズのシェルチェアでした。
シェルチェア以外に展示している新品椅子はこの一種類だけです。
 
 
黒い物は相変わらずうまく撮影できないですね。
このKartell社のMASTERSだけです。
これはコンスタントに売れるんですよ。
シェルチェアと同じポリプロピレンを使用し、一体成型で製造されています。
なので、多少水にぬれたところで大丈夫という利点があります。
あと、このデザインは本当に場所を選びません。
 
ということで今回はこのマスターズのある風景をお送りします。
 
 
レッド
(手前から)ホワイト、セージグリーン、マスタード
ブラック
おそらく全部一画面でおさまっていないと思います。
プラスチックのイスですけど、プラプラしいスペースエイジ的な空間より、木製のテーブルやナチュラルな環境に置いてこそこの有機的な”映える”感じですよね。
ブラックが一番人気で、ついでホワイトですね。セージグリーンなんかはスタルクのW.W.Stoolを思いこさせるので個人的に好きなカラーです。
 
ちなみにこれらの写真は、Kartell社からショップ向けに提供されているフォトカタログをカメラで撮影したものを掲載しています。
一見するとそうは見えないでしょ?
 
Kartell
Masters
¥22,365
size W570 D470 H840 SH460mm
 
シートハイの高さがちょっとネックかもしれませんね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月19日火曜日

case study shopという名前の由来

店名の由来について話したことが無かった気がします。・・・無かったですよね?
ちょくちょく店頭で直接尋ねられることがあるので、気になっている人も多いのかもしれません。
ちょっと今日はその話をしますね。
 
 
店名の「case study shop」はそのまま”ケース・スタディ・ショップ”と読みます。
この名前は店名ですが、ブランド名でもあります。
"shop"ってついているのにブランド名という部分が凄くややこしいんだと思います。
新商品のリリース情報の時に、「case study shopから~」という書かれていたりするのですが、これは「case study shop(というブランド)から~」という事なんですよ。
 
さて、その名前の由来です。
 
case study shopとは1945年にロサンジェルスの「Arts & Architecture」詩により提案された見本住宅プログラム「The Case Study House Program」によって建築された「CASE STUDY HOUSE」を見本とし、そこで使用された家具・インテリアを取り扱い、新たにマッチするプロダクトを生み出すことで名付けられた名称です。
 
新たにマッチというのは、そのCASE STUDY HOUSEにcase study shopで開発したプロダクトを置いても遜色ないどころか、むしろ素敵度がアップするという事です。
Deserticさんとのコラボニットチェアなんかはまさにそうじゃないですか?case study houseに展示されていたら最高に格好良いと思います。
 
 
詳しくは本とか読んでください。
そんなcase study shopという名前は十数年以上前から続いているブランドです。
最初は青山にあったんですよね。お店が。行ったことある人も多いと思います。
その後に新丸ビルの中にも出来たりしましたが、今はそのどちらにもありません。
 
今は目黒とここ名古屋がcase study shopという名前で営業しています。
目黒はモダニカ東京ショールーム兼case study shopなので、表向きは分かりづらいと思いますが。
 
名古屋は私がお店を始めるときに、使用許可を得てcase study shopという名前を使っていますし、目黒とは密に連絡を取り連携を図っています。
 
今後もいろんな商品をリリースしていく予定なので、注目してくださいね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月18日月曜日

当店はイームズシェルチェアに詳しいです。

当店はHerman Miller製品の正規販売店です。
現行正規品のイームズシェルチェアをお求めのお客様には必ず納得した一台を購入してもらえるはずです。
常時豊富な種類やサンプルカラーを展示し、お店には常にミッドセンチュリーインテリア専門の非常に知識豊富なスタッフがおりますので、分からないことや気になる事にはなんでもお答えしますし相談にのります。
実際ネットショップじゃなくて、詳しい説明を受けてから買いたいという人にはピッタリです。
 
さらに店内にはヴィンテージのシェルチェアやオリジナルの生地を張りこんだシェルチェアを展示し、張替の受付やシェルチェア用のカバーも販売しております。
イームズのシェルチェアに関してご提案できる内容には県内でもトップレベルの自信があります
 
 
現行正規品のイームズシェルチェアもシェルのカラーの選択だけでなく、ベースのカラーも選択できるようになっております。
実際のカラーをご覧になりたい方、本当に詳しい人に話を聞きたい方はぜひご来店くださいませ。
 
ちゃんと全てを納得して購入したい方はぜひ。
 
お店では、まずお気軽にスタッフに声をかけてくださいね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950




2013年2月17日日曜日

アーロンチェア オーバーホールサービスプログラム

アーロンチェア オーバーホールプログラムというのがあります。
 
アーロンチェアは保証期間が12年なので、ながーく使えるのですが、その12年以上使用している人も多くいます。
19年前にアーロンチェアが登場してから、なんといってもアーロンチェアは世界で300万人以上が愛用しているそうですから。
12年間の保証が切れてしまった方や、友人から譲り受けた方の為に、オーバーホールをハーマンミラー社が行うプログラムです。 (日本国内で行います。)
※ガス圧昇降シリンダーは2年間です。
 
【オーバーホールの内容】
・全体点検
・可動部各種グリスアップ
・スクリュー類トルク点検
・座面先端クッション交換
・クリーニング
 
以上を行います。
詳しくは上のスキャンした画像をクリックして拡大してください。
 
ただ、あくまで”修理”とは違いますので、不良個所を交換や修復などはしてもらえません。
そのオーバーホール中に修理が必要な個所があれば、別途修理代金がかかります。
座面先端裏についているクッションは交換してくれますが。
 
 
金額は上の画像をクリックして見てくださいね。
オーバーホール代+お住いの地域の送料を足してください。
 
これをやれば保証が切れた後も安心して使えるはずです。
 
詳しいことは尋ねてくださいね。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月16日土曜日

アガベ吉祥冠錦を入荷しました。

久々の観葉植物入荷です。
 
 
今回も世話が簡単で見た目ステキーな植物を用意しました。
名前は「アガベ 吉祥冠錦」と言います。
アガベと言うと有名どころなんでご存知の方も多いと思いますが、吉祥・・・なに?という方も多いと思います。
 
 
このアガベは通常の吉祥冠と違い、斑が入った珍しいVerです。
”きちじょうかんむり”じゃなくて”きっしょうかん”と読みます。吉祥寺とは関係ありませんよ。
多肉植物なので育てやすく、水もほとんどあげなくて良いので初心者にもオススメです。
暗い場所に置くのだけはNGです。
 
 
この本を知らないと比較にならないよね。
育てると結構大きくなるみたいですが、今回入荷分は鉢を入れて測っても12~3cm程のミニマムなサイズなので飾りやすいです。
大きくしたかったら根気よく育てて鉢を大きなのに変えていけば育つと思います。
 
 
アガベはリチャード・ノイトラのケーススタディハウスに必ず登場するミッドセンチュリーテイストには欠かせない植物です。
さりげなくお部屋や玄関に置いておくとセンスアップです。
 
アガベ吉祥冠錦
¥1,260 (針入り価格)
size H120~130 Φ90~100mm
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月15日金曜日

アーロンチェア ライトのこと。

しばらく声を出していないと、いざ来店があった時に呂律(ロレツ)がまわらなくなりますよね。

さて、この間久しぶりに”ライト”を販売をしたので、そういえばこれの事を書いていなかったことを思い出しました。だから書きますね。

照明じゃありません。
この”ライト”です。

画像クリックで拡大されるはず!
アーロンチェア”ライト”のことです。リーフレットをそのままスキャンしたものですが、「期間限定4月10日~10月31日」と書いてある通り、これは2010年に先述の期間限定で販売された仕様です。
だから既に販売は終了していると思っている人が多数いるんじゃないかと思います。

が、実はまだあります。

なので、実際は受注を受けることが出来ます
ただし、この”ライト”には【前掲チルト】が無い上に、【固定アーム】です。
この二つは結構重要な機能なので、値段で選ばず利便性を考えたほうが後で後悔しないと思います。
【前掲チルト】は長時間PC作業や書き物をする人にはマストですし、【固定アーム】は高さ調整も出来ないので、テーブルの高さによっては引っかかる場合もあります。

その辺よくわからないっすという人はお店で相談してください。

アームレス(アームなし)のタイプだと、ギターを持ったりする人にはピッタリだと思いますよ。肘掛が邪魔にならないので。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月14日木曜日

日本製のシェルチェアとは。

携帯でこのブログを閲覧すると重い上にデザインが崩れるので、携帯(スマホ)でこのブログを見る人にはシンプル画面が表示されるように設定しました。
複雑な操作は出来ませんが、これで気軽に見ることは出来るようになりました。
 
さて、先日こんな質問がありました。
 
「シェルチェアの裏にModern Furniture Salesって書かれているのがあるんだけど、これってなに? 」 と。
 
”モダンファニチャーセールス”ですか、それは日本製のイームズシェルチェアですよ。
 
え!日本でシェルチェア作ってたの!?と驚いてくれる素晴らしい人の為に説明しますね。
 
モダンファニチャーセールスは、ハーマンミラージャパンの前身になる会社名です。 (日本語むずい)
詳しいハーマンミラー社の歴史は『ハーマンミラー物語』とか読めば書いてあるので、ここでは書きませんし、ハーマンミラージャパンのfacebookページでも沿革が載っていると思うので、それを見てください。
日本では【日本ハーマンミラー家具販売株式会社】→(改称)【モダンファニチャーセールス】→【米国ハーマンミラー社がハーマンミラージャパン株式会社を設立】→(モダンファニチャーセールスを吸収合併)→(現在の)【ハーマンミラージャパン株式会社】とこんな感じで変わっています。


自宅にちょうどモダンファニチャーセールス製のシェルチェアがあるので写真を撮ってきました。
その”モダンファニチャーセールス”の時代に日本での販売を目的としてたくさんのシェルチェアが作られていました。多くは生地張りのシェルチェアですね。
上写真のように、明らかに米国で生産されたシェルチェアと違いがありますよね。
 
 
読めますか?
裏のエンボス部分を見ると一目瞭然。
文字列の下の部分に”Modern Furniture Sales Co,Ltd”の表記がありますね。
数字は読んで字の如く52年4月15.16.20日製造という事です。(どれ?)
当時はコントラクトでの販売が多かったので、今でも会社や行政機関でよく見かけると思います。
特に珍しい訳ではないので高値って事もないです。どっちかというと米国のシェルチェアより(かなり)安く取引されます。
 
余談ですが、日本製のエッフェルベースやキャッツクレイドルなどもあり、米国で製造されたベースとは脚の長さが違います。エッフェルベースは脚が短いので、日本人の体形に合わせたデザインなのでしょうね。こちらはあまり見かけることはありません。
 
なにかの参考にしてください。
 


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月13日水曜日

レザーポケットティッシュケース大量入荷。

ブログのテンプレートを変更してからPV数がすごく増えました。
多分過去の更新が見やすく、検索しやすくなったので、見てくれる人が増えたからだと思います。
まあPV数なんて何の目安にもならないかもしれないですけどね。


さて、先週入荷したレザーポケットティッシュケースが予想通り好評で数が残りが僅かになりました。
なので、grenさんにお願いして今回は大量に作っていただきました!
固い革に柔らかい革、脂肪が多い革につるっつるの革といろいろあって面白いですね。
いまなら色とりどりを選び放題。

gren
Leather Pocket Tissue Case
¥1,500(税別)
size W130 D82 H14mmぐらい

ところで世の中のレザーポケットティッシュケースの価格帯を見て驚きました。
知りませんでしたが高いんですね!2~3千円がざらに出てきました。
それに比べるとgrenさんは超優秀だと思った今日この頃。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月12日火曜日

オーダーシートパッド。シェルチェア用の。

 
イームズシェルチェア用のオリジナルシートパッドです。
今や全く珍しくもなんともないで商品ですが、case study shopとしてはかなり以前から販売している定番商品です。
このシートパッドを何処が最初に販売し始めたのかは分かりませんが、case study shopブランドとしては10年以上前から販売していたはずです。
周りを見れば薄利多売な感じのシートパッドが多いので、差別化の為にうちはたくさん在庫をストックしてガンガン売るやり方から変更しました。
 
 
どら焼きみたい。
どうしているかというと、オーダーシートパッドという手法にしています。
豊富な生地見本から好きな色を選んでオーダーが出来るのがアドバンテージです。
ただそれだけでなく、写真のようにリバーシブル!なんてことも出来ます。
これだと表と裏と縁で生地を3枚選んでもらっています。

手間はかかるのですが、その分気に入ったのが手に入ると思いますよ。
もちろんウレタンも椅子用のやつを使っていますし、生地もヴィンテージのHerman Millerっぽい上質な生地を選択していますのでクオリティは高いです。
こだわりの人向けって事ですね。

価格は一枚¥6,090~で製作には数週間かかります。

お、別色で二枚買わなくても一枚で済むな!って思った人にもオススメです。


case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年2月11日月曜日

ブログを大幅リニューアル。

このブログをご覧いただいているって事は気づいているに決まっているのですが、見ての通りレイアウトを替えました。
ここまで大幅に変えるのは今までで初めてです。
 
理由はこっちの方が閲覧者が使いやすいからです。
あと、コメント欄を活用しようと思ったからです。(後述)
 
操作がかなり変わったので、せっかくなので説明しますね。
 
 
記事の見方は大丈夫ですね。
今迄みたいにスクロールをしまくらなくても昨日や一週間前の生地がクリック一つで閲覧できます。
赤い矢印の部分はこのブログのテンプレート自体の変更が可能ですので、今までの方が良かったな~と言う人はここで変えてください。
でも多分これが一番見やすいテンプレートです。
 
 
右側のメニューはマウスをドラッグしないと表示がされません。
今まで右側にあったメニューがここに集約されているので、”過去一覧”や”人気の投稿”はここから見てください。
 
 
そして記事の一番下にtwittetボタン、facebookボタンを分かりやすく設置し、コメントをすぐに書けるようになりました。
このコメントですが、実は今までもコメントが書けるようになっていました。
 
私自身もどこにあるのか気づかなかったのですが、今までもごくたまにコメントが入っていたので不思議に思ってたところ、どうやら記事のタイトルをクリックして閲覧をするとコメントが書き込めるようになっていたようです。
そんなの気づくわけがないじゃないか!ということで、分かりやすく表示がされるこのレイアウトにしました。
ブログらしくコメント欄でやり取りが出来たら良いな~と思っています。
だから誰か書き込んでください!でも荒らさないで!私が打たれ弱いので。
 
 
そして、今回一番の便利機能が右上の”検索”ボックスです。
ここにキーワードを入れれば、過去の記事の中から言葉がマッチする記事をすぐに表示してくれます。
画像は「イームズ」で検索していますが、見ての通りすごーく見やすいです。
これで興味のあるキーワードだけを閲覧できます。
 
こんな感じでやっていくので慣れてくださいね。
見づらい点や不具合があったら教えてください。
 
 
case study shop
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950