ブログ

2013年10月31日木曜日

ボビーワゴンの保証期間が長くなります。 2013/10/31

うちも多いですよ、ネットで買う前にお店で実物確認&詳しく説明を受ける為に来店される人。
さんざん接客した後に「買うときはネットで買うけどね」って言われるともう店辞めちゃおうかなって気持ちになります。
 
辞めないですけどね。
 
 
さて、ボビーワゴンの保証期間が延長されます。
 
 

ブラックぼろぼろ
明日11月1日から保証期間が2年に延長されます。(以前は1年)
 
おいおい、この間買ったばかりだぜなんてこった、と嘆く方もいらっしゃるかもしれませんが、過去に遡って2年以内でしたら保証期間内としての対応となります。
2011年11月1日以降に購入した人含めてですね。
 
当然正規販売店で購入したボビーワゴンのみしか保証はつきませんのでご注意ください。
うちは正規品の販売を行っているので、もち保証期間が2年に延長されますよ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月30日水曜日

大阪出張の話 2013/10/30

ということで昨日は出張の為に大阪に行っていました。
大阪は久しぶりでした、2年以上ぶりですね。
 
新幹線だと近いもんです。名古屋からのぞみで50分。はやい。
 
今回の目的はHerman Millerのディーラー会議だったのですが、少し早めに大阪に乗り込んで昼食を食べることにしました。
 
 
ここです。
あとで書きますけどKさんに教えてもらいました。
 
このお店、写真を見る限り並んでいるじゃないですか。
営業時間が11:30からなので混雑するのを見越して11:25に来たんですよ。
そしたら既に店内は一席しか空いていない状態で営業していました。
まあ一人なんでサクッと座って食事をして、あ、すごく美味しかったです。
それで11:40には外に出たらこの行列になっていたんですよ。
いやほんと人気すぎて驚きました。なので、これ実は帰りの写真なんです。
そして料理の写真は撮っていないという・・・
 
 
それから某所に移動してHerman Millerのディーラー会議に参加したんですけど、基本的にここで書ける内容はありません。書いちゃダメでしょうし。
でも本当に早く話したい!あれとかこれとか、値段とか企画とか、とにかく興味深い内容の連続です。
 
とくに〇〇の価格は驚きました。
 
もったいぶってもどうせしばらくは公開できないんで、もうしばらく情報公開まで我慢してくださいね。
 
 
この会議が長くて終わる頃は既に夕方。
 
 
その後は大阪のKさんと合流しました。
以前大阪出張の事をブログで書いたら「連絡くださいよ」とコメントを頂いたので連絡しました。
 
大阪の食事を堪能するなら詳しい人に案内してもらいたいですしね。
 
それでここに連れて行ってもらいました。
 
 
新世界にある”てんぐ”です。
”ゆでたまご”さんの行きつけの店もあるそうで、店内にはキン肉マン的なサイン的なものもありました。
それにしても新世界は初めて訪れましたが・・・なんというかディープな環境ですね。
こう、普段の街中では見ないようなものがとか人とかがいたる所に。。。
独特の匂いもなぜか懐かしいものを感じます。
 
 
食べかけすんません
この”てんぐ”さんは人気店みたいですね。
平日のわりと早い時間でしたがそれでも混雑していました。
大阪独特の二度づけ禁止の串揚げ。どれもすごく美味しかったです。
とくに『どて串』は美味です。名古屋と全然味付け違うんですね。
 
 
 
おお、通天閣。
いつも道頓堀の辺りしか行かなかったのが勿体ないですね。こっち来ないと。
 
 
その後Kさんのご自宅に招待してもらいました。
せっかくなんでお言葉に甘えて。
 
 
あれ?ブログでさんざん見た覚えのあるお部屋が目の前に・・・?
いや本当に不思議なものです。
カメラのファインダーをのぞくとブログを見ているようで、でもその場所に実際いますからね。
 
 
相変わらず良いお部屋です。
チャイとチーズケーキをごちそうになりました。
ニットチェアに座って食事をするのは私自身初めてですよ。感動。
チーズケーキもチャイも美味しかったです。
 
 
あらびあ
新幹線の時間までゆっくりさせてもらいました。
いろいろ興味深い話も聞かせてもらいましたね。知らないことってたくさんありますね。
 
帰りにお土産まで頂いて恐縮です。
Kさんありがとうございます。
 
そんなこんなで新幹線で帰りました。
 
 
えーと、なにしに大阪いったんでしたっけかな。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月28日月曜日

10/29(火)は出張なのでお休みします。 2013/10/28

明日10/29(火)は出張の為お店をお休みします。
大阪に行きます。珍しく。

何しに行くかというとハーマンミラージャパン販売代理店会議に参加するからです。
そういうのって東京でやるんじゃないの?と思われるでしょうが、もちろん東京もやっています。しかも本日28日にです。

今日は月曜日ですしちょっと都合が合わなかったので29日の大阪会場に参加希望を出しました。

代理店会議ってなんなのか?って話ですが、要するに販売ディーラーを一堂に集めての説明会みたいなものです。
ただ、今回は特別なことがあるので必ず参加しようと決意しました。

なんと会議場に復刻するグラスファイバーシェルチェアを用意するそうなんです。
早く見たい!

ということでブログも明日はお休みします。
このブログは”ほぼ”毎日更新ですから。

夜は大阪堪能してきます。


大阪会場なんで西日本の販売ディーラーの人たちが集まるんでしょうね。(愛知も西日本ですけど)
どんな人たちが参加するんでしょうか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月27日日曜日

ブルーノチェア値下げ 2013/10/27

以前も書いた事なんですけど、値下げするんでもう一回書きますね。
 
 
ミースの代表作ブルーノチェア。
KNOLL社現行正規品です。もちろん。

SOLD OUT!
 
 
新品を4脚買うと¥1,344,000もしますので、それに比べるとものすごい安さです。
 
詳しいことは前回の更新を見直してください→ [ノール社製ブルーノチェアお値打ち品情報!]
 
 
良いモノなので早い者勝ちでしょうねって書いておきながらまだあったんですよ・・・
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月26日土曜日

シートパッドの話 2013/10/26

今日はシートパッドについて話したいと思います。
長文。
 
 
シェルチェアに置くシートパッド。もはや当たり前すぎて珍しくもなく、どこでも売っている物というイメージかもしれません。
シェルチェアを販売している会社は何処でも自前で製作して販売していますよね。
 
シェルチェア用のシートパッドって、どこが最初に販売したかご存知ですか?(商品として販売をスタートしたところです。)
 
じつは、case study shopなんです。
MODERNICA/Mid-Century MODERNとも言えます。
 
証拠があるのかと言えば無いです。
当時の証言のみです。
case study shopの生みの親であり、モダニカ東京ショールームや(当時)ミッドセンチュリーモダンを運営していたS社長の話です。
 
20年以上前に、とあるお客さんからシェルチェアに置くシートパッドを作ってくれないか?という依頼があったそうです。
そこから「シェルチェアの座面に敷くクッションを販売したら良いのでは?」と考えたそうです。
その時はシェルチェア用のシートパッドを販売しているメーカー、お店は無かったそうですよ。
 
そこから商品開発が始まりました。
 
ただ座布団をシェルチェアに置いても、本来の座り心地を損なってしまう。かといって薄いとクッションの意味がない。
形もただの円形だと座り心地が良いとは言えない。
などなど繰り返し、熟考を重ね出来上がったのが今のシートパッドです。
ウレタンの厚さ1cmというのはクッション性もあり、それでいてシェルチェアのフィット感も体感できるジャストな厚みなのです。形も楕円に近い形にしたことにより見た目も座り心地も向上。
生地もHerman Millerのホップサックに似た生地を探したそうです。
 
シートパッドひとつとってもこのように歴史と試行錯誤があるわけです。
 
その後は他のショップでも自前で製作して販売するようになり、現在に至ると言った感じです。
おかげでうちはあまり売れなくなったんですが、まあ流れなんでしょうがないですね。
シートパッドでパテントなんてとれないですし。
 
 
さて、どうでしょうか、こんな話。
もし不評じゃなかったら今後も商品の裏話は書いていきますね。
 
そして最後にお断り。
 
20年前は今のようにインターネットが発達した世の中じゃなかったので、もしかしたら既に販売していたショップがあるかもしれませんのであしからず。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月25日金曜日

ミラ2の発表会 2013/10/25


明日が10月最後の土日なんで、
特にシェルチェアはもう手に入らなくなってしまうので!
 
そして今日の話です。
 
この商品について発売のことは伏せておいてくださいって言われてたのですが、ハーマンミラーストアのブログにイベント情報が載っていたので、転載がてら少し雑談します。
 
 
Mirra2Chair新作発表会が行われます。
 
 
ミラチェアの改良版と言っていいでしょうね。
国内での初お披露目なので、丸の内行ける人はぜひ行ってみてください。
景品もあるそうです。
 
行った人、良かったら感想を教えてくださいね。
私は行けませんので。
 
このイベントなんですが、ハーマンミラーのディーラー会議の後に行われます。
私はこの日、都合が悪くて東京に行けないので会議にも参加しません。
 
でも今回のディーラー会議は大阪でも開催されるので、私はそっちに参加しようとしています。
大阪会場でもMirra2の発表会は行われるそうですが、こちらは招待者のみらしいので西日本の人は残念ですが関係者しか見れません。
 
・・・まあどちらにせよ私は大阪でもMirra2発表会には参加しないんですけどね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950



2013年10月24日木曜日

ハーマンミラートートバッグ 2013/10/24

HPにメニューを付けました。
すこーしづつ変えていっています。(ABOUTの写真は仮です。)
右側二つのメニューが空いていますけど、いずれ更新します。
 
 
話は変わって、この間までハーマンミラーのオリジナルトートバッグをプレゼントしていたんですけど、最初に用意する数量が多すぎて少し残っています。 (本当は期間終了後に足りない納品分を補充したらロットがあったというオチです。)
その時から「トートバッグだけ欲しい」というお話を何名かから頂いていたので、欲しい人には販売もしますね。
 
もともとハーマンミラーストアで販売しているバッグですし。
 
使いやすくて良い。
 
¥2,940。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月23日水曜日

How to build an Eames shell chair 2013/10/23



そういえばこの動画はカルフォルニアデザイン展でも上映されていました。
今度発売するグラスファイバーの復刻はどうやって製造するんでしょうね。
工場とか見に行けるなら行きたいですけど、まあ現状行けないので妄想だけしておきます。


ところでyoutubeで見つけた動画って勝手に共有しても著作権的に大丈夫なのでしょうか?
もうやっちゃいましたけど。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月22日火曜日

過去の投稿は消します。 2013/10/22

昔の写真。
 
ナディアパークの地下一階のウィンドウスペースを展示の為に使っていたんですね。
イームズラウンジチェア50周年ということは2006年頃ですか。
まだ私は居なかったですけど。
しかし、今思うと”あの場所”は魔のL字地帯だった思いますよ。(ご存知ない人にはなんのこっちゃかさっぱりでしょうが・・・)
何回店が変わるんだって話じゃないですか。
 
ところで、このブログはモダニカ名古屋ショールームの時から継続して使っていますが、そろそろその時代の更新は一部を除いて消そうと思っています。ナディア時代すべてですね。
 
理由は、その時の取り扱い商品の電話がたまに入るからです。電話してもらって申し訳ないです。
ややこしいですもんね。
 
名残惜しい人は今のうちに見ておいてください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月21日月曜日

”マルチ”レザーポケットティッシュケース 2013/10/21

grenさんのレザーポケットティッシュケースは相変わらずの人気商品です。
最近工房がお忙しいようですので仕入れが少なくなっていますが、本日レザーポケットティッシュケースを少し補充しました。
 
 
いつもの
それと同時に、以前からgrenさんにやってもらいたい仕様も製作してもらい本日入荷しました。
この仕様はgrenさん自身もやりたいと思っていたことだそうなので、楽しく製作してもらえたそうです。
 
それは、
 
 
レザーポケットティッシュケース”マルチ”仕様です!
イヤホンホルダーパスケースのカラーがランダムなので、ポケットティッシュもランダムカラーが欲しいと以前から常々思っていたのですが、なかなかgrenさんに依頼できずにいました。
 
端材使っているので、この方がさらにエコっぽくて良いですね。
配色はgrenさんチョイスで、センスの良い組み合わせがグッドです。
モノによっては二度とないカラーもあるはずです。
 
 

初回入荷はごく少数なので売り切れ御免です。
そしてお値段!なんと通常と同じ価格で販売します。(さしあたり・・・)
 
これは本当に素晴らしい商品だと思います。私は。
世界レベルでヒットを狙えると思っていますが、いかんせんうちでしか販売してません。現状はね。
 
今後も不定期入荷ですのでご理解くださいませ。
 
gren
Leather Pocket Tissue Case
¥1,500(税別)
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月20日日曜日

ニューオープンの切り抜き 2013/10/20

珍しいのをみつけました。
 
 
モダニカ名古屋ショールームがニューオープンするにあたって、新聞に掲載された広告です。木切り抜きが残っていました。
 
15年位前でしょうかね。正確には覚えていません。というか私は居なかったですし知りません。
新聞に広告。時代を感じます。
こんな時があったんですね。
 
この広告についてとくに書くことはないのですが、しいて何か書くのなら右下の電話番号について書きます。
名古屋の電話番号052-243-1950は今もここで使っておりますが、東京も末尾が1950ですね。
札幌は1960です。1950年、1960年、ミッドセンチュリーを意識した電話番号に統一している訳です。(福岡は3457年?)
 
 
この広告から15年も経てば状況はいろいろ変わりますよね。
 
札幌はメトロクスになっていますし、東京は移転(二軒隣にですけど)。福岡は閉店。名古屋はご存知の通り。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月19日土曜日

エボニーウッド 2013/10/19

今月はいいタイミングで台風やらなんやらでことごこく出張の機会を潰されます。
土日に天気が悪いことも多いし、なかなかうまくいかないもんですね。
しかも10月はお店ひまだし。あわわ。
 
 
そういえば先日ウッドシェルのサントスパリサンダーを入荷したときに、さらっとエボニーウッドベース仕様ですと書きましたが、そもそもエボニーのドーウェルベースを展示するのは初めてでしたね。
今Herman Miller現行品のシェルチェアウッドベースではメープル以外にウォールナットとエボニーとを選ぶことが出来ます。
 
 
エボニーはブラックに近い木かなと思いきや、まんまブラックです。この通り。
例えばブラックのシェルにエボニーウッドのベースをチョイスすればオールブラックになる訳です。
これはこれで格好良い。
 
 
メープル。やっぱり画像が荒くなる。
通常のメープルに比べてエボニー(ウォールナットも)は¥3,150高くなるのですが、それよりも受注生産品なので納期が11週間かかるという方が重要だと思います。
 
待てる人向けですね。
 
仕様とかよくわからんぜ!という人は相談してください。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月18日金曜日

ウッドシェルにカバーとか 2013/10/18

最近このBloggerに写真をアップロードすると画像が荒くなるという謎の現象が起きています。
原因を突き止めるまではごめんなさい。しばらくこのままです。(GIFみたいになるんですよね・・・?)
 
 
さて、ウッドシェルチェアが発売してから、ひとつ気になることがあったので試しました。
 
Cover-it-Allは装着できるのか?
 
です。
 
あ、その前に、Cover-it-Allはもうそろそろお話しできる事があると思うので、あとちょっとお待ちください。
放置している訳ではありません。鋭意進展中です。

 
それで本題に戻ります。

今回はウォールナット仕様のウッドシェルチェアに試します。
一番お安いので。


Cover-it-Allはこれです。
シェルチェアに装着するカバーなのですが、果たしてプライウッドにはいけるのか!?


結果は・・・




無理でした。

いや、”無理”って言い方は語弊がありましたね。
正確に表現をすると、”あと少し”でした。


ウッドシェルチェアの造形が素晴らしいという証明になったのですが、モールはピッタリなんですよ。
これはつまり、プライウッドでもプラのシェルチェアとほぼ同じ造形ということです。
すごい技術ですね。

だからモールはハマるんです。

でもプライウッドのシェルは分厚いんですよ。
だから最後まではめ込むことが出来ず、途中でこれ以上届かない!という事になってしまいます。


現状ウッドシェルチェアをお使いの方はシートパッドが良さそうですね。
ウッド柄の生地のカバーとか面白いと思ったんですけどね。別の型が必要です。

あと、何度も付けはずしをするとウッドの縁が潰れます。

もう潰しちまいましたけどね。(^_^;)


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月17日木曜日

お部屋紹介⑪のつづき。 2013/10/17

以前お部屋紹介⑪でご紹介した内容の続きです。
 
 
その時の本文に、「誤ってジンクフレームを納品してしまいました」と記載しておりますが、ブラックフレームに交換したので再度写真を頂きました。
 
 
CSU130のブラックフレームです!
渋くて素敵。
太陽の塔が増えてにぎやかになっています。
 
このCSU130の交換に異常に時間がかかっていますが怠けていたわけではありません。
もう一回誤ってジンクフレームをお送りするというとんでもないミスがあったので、正確には再再交換でございます。
(言い訳をすると発送側のミスです。そんなの関係ない、店のミスだ!というお話もわかります。)
 
 
ジンクフレームよりブラックの方がお部屋の雰囲気に合っていますよね。相変わらず格好良いお部屋ですね。
小物が増えて楽しげな感じになっています。
月日の経った分だけ本の量が増えている点も注目したいですね。
この本の積み方もレイアウトの一部といった感じがします。
 
 
さらに今回は別角度の写真も頂きました。
こちらはESU150が。手前にはコントラクトテーブル。そして角にはプライウッドフォールディングスクリーン。この年代のデザイン好きなのが伝わってきます。ほぼイームズですね。
 
スクリーンの前にさりげなくホットピンクのシェルがみえますよね。ホットピンクって結構レアなんですよ。
他にもヴィンテージのシェルがいくつかありますが、ご本人によるとコツコツとレインボーカラーぶんヴィンテージのシェルチェアを集めようと考えているそうです。
憧れですね。その光景を見るのが楽しみです。
 
今回はミスにミスが重なってMさんにはものすごくお手間をお掛けしたので、今後はこんなことは無いように善処します!
 
Mさんにはお詫び贈りました。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月16日水曜日

イームズシェルチェア5色廃盤はもうすぐです。 2013/10/16

まだまだ先の話ですけどね、ってその時書きましたが、もうあと半月のリミットです。
あの時は暑かったですね。もう今日は寒いぐらいです。
 
 
なんか画像粗い。。。
廃盤になるカラーはライトブルー、ライムグリーン、ジャバ、ウェハー、グレーストーンの5色です。
10/30(水)が最終受注日なのでそれまでにご注文くださいませ。
でも最終受注日間近に注文を頂きますと、通常より納期が長くなる可能性があるのでご注意くださいませ。
在庫があるカラーもありますので、その場合はすぐに納品も出来ます。
在庫はその都度おたずねくださいね。
 
 
真ん中のね。しろっぽいやつ。
それで、今回無くなるカラーの中で重要なのはウェハーです。
前の更新の時も書きましたがウェハーはかなり売れるカラーですし、単純に良いカラーなので人気があります。
無くなってほしくありませんが、まあしょうがないですね。
 
検討中の人が多いと思うので、もうすぐで受注終了ですよ!という催促も込めての更新でした。
欲しいと検討中の人は相談してもらいたいところです。良いお話が出来るかもしれませんからね。

それに、廃盤になるシェルチェアは展示品をお値打ち価格で売りますので、そっちが欲しい人も相談してください。
実際お渡しは10月31日以降ですけどね。
 
 
あと、前回の更新時にコメ欄に、「今度復刻するFRP製と色の兼ね合いをとる為の選定?」というコメントがありましたが、復刻するファイバーグラスシェルの写真を見る限り、かぶっている印象はありませんでした。
 
あ、いや、見方によっては・・・?


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月15日火曜日

サントスパリサンダー展示開始 2013/10/15

やっときましたサントスパリサンダー!
 
 
ウォールナット、ホワイトアッシュより製造が遅れていたので一ヶ月遅い展示開始です。
今回お店用の展示品(5月に注文していました。)より、9/14から注文を開始した客注品の方が納品が早いという謎の現象が起きたので、中にはすでにサントスの展示を開始しているお店があるらしいですね。
 
うちが注文をした仕様はウッドベースのエボニーです。
イームズウッドシェルチェアの中で一番高価な仕様になりまして、お値段¥140,700でございます。
せっかくのサントスパリサンダーなので、贅沢にいってこうと思いエボニーウッドにしました。
 
まあ正直ほとんどの方がエッフェルベースの注文をされるのですが、これはこれで格好良いので見るだけなら素敵だと思いますよ。
 
 
それでサントスパリサンダーの魅力はやはり木目ですね。
どうですか、このガッツリうねうね入った模様。迫力ありますよ。
サントスパリサンダーが極端に価格が高い理由は、単純に木の価格差ですね。
 
他と比べて高価ですが、その価値は充分ありますよ。
でも格好良すぎるという欠点(?)もあるので、お部屋に合わせてチョイスしてください。
 
 
これでサントスパリサンダー、ウォールナット、ホワイトアッシュの3種類全ての展示が完了しました。
ベースもちゃんと別々にしたんですよ。
 
3つ揃うと壮観ですね。
 
イームズウッドシェルチェアは人気すぎてまだまだ納期に時間がかかりますし、読めない部分があります。
しっかりちゃんと対応してもらえる店で買わないと不安がありますね。
 
Herman Miller社の製品を購入する時はちゃんと販売ディーラーに入っている正規販売店で買いましょう。
 
そう、うちってちゃんと販売ディーラーに名前入ってるんですよ。
case study shop nagoyaってね。
 
Herman Miller
Eames Molded Wood Chair
¥89,250~¥140,700
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月14日月曜日

またTizioのused入荷 2013/10/14

まだ言えないですけど、もう少しでお話しできる事が二つあります。
た、楽しみ・・・!
 
 
さて、けっこう頻繁に同じものを入荷していますが、アルテミデ社のTizio(used)を入荷しました。
リチャード・サッパーの名作照明ですね。
 
 
毎度おなじみブラックのデカい方のサイズです。
今回は今までに比べるとちょい状態がよくないので、価格もそれなりにしておきます。
 
現在新品で販売されている仕様には、ライト部分に取っ手がついていますが、これには付いていません。
80年代ぐらいまでのTizoには取っ手が付いていなかったので、ヴィンテージとはいかないまでも古いものではありますね。
 
 
使う分には大丈夫そうです。
全体的にキズがありますし、電源コードも変えられています。
なので価格は今までより安くしています。
 
Artemide
Tizio(used)
¥15,000 (参考定価¥48,300)
size Φ110 H1180mm(max)
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月13日日曜日

立体的に見えるぞう 2013/10/13

またタイトルで滑ってますが気にしないでください。
ところで、このブログのアクセス数を見る限り、日曜日の夜の更新は他の曜日より読む人が少ないです。
 
本腰入れて書いても勿体ないですね!
 
ということで今日はわりとどうでもいい内容を更新します。
以前やったネタなのですが、ちゃんと作ることが出来たのでお見せしますね。
なにかというとステレオグラムです。
 
 
説明読まずに出来る人はやってください。
 
ちゃんとイームズエレファントが立体的に見えるでしょ!?
カメラを替えたからキレイにみえますよね。
 
 
・・・何言ってるか意味がわからない・・・あなた大丈夫・・・?という人は下の説明を読んでください。
ステレオグラムは写真を立体的に見せることが出来る技法です。
 
 
この写真の見方を言葉で説明するのは難しいです。
うえのwikiにやり方が書いてあるのですが、出来ない人はひたすら練習ですね。
交差法の方が見やすいと思います。
 
一枚作るのが時間的に限界だったので、今度もっとたくさん作りますかね。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市ナカク栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月12日土曜日

ニーチェアのユーズド 2013/10/12

お店を始めた最初の頃はヴィンテージ品とかユーズド品が多かったのですが、今は新品商品がほとんどになりました。
そんな風にシフトしたのではなく、たまたま今はこんな感じというだけなので、また時間が経てばヴィンテージ品が多くなるかもしれません。
 
 
そんな今日はニーチェアXのユーズドを入荷しました。
 
 
新居 猛さんの名作ですね。
1970年にデザインされてからロングセラーな椅子です。
ニューヨーク近代美術館にて永久貯蔵品に選ばれているほどの安楽椅子でもあります。
デザインの経緯を書くと長くなるので各自調べてください。
コピーされまくりな商品でもありますが、この話もいつか書きますね。
日本の家具デザインに対する無知が現在の不幸を招いている残念な話があるんです。
 
 
この椅子の特徴は折りたためることです。
しかも座り心地はかなり良い。
 
簡素で完成されたデザインですね。
 
ファブリックに若干汚れがあるので安くしておきます。清掃しましたけどね。
オットマンはありません。
 
NY Chair(used)
¥SOLD OUT! (定価¥28,000)
size W620 H840 D770mm
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月11日金曜日

小さいぞう 2013/10/11

タイトルでものすごく滑った感がありますが久しぶりにミニチュアを新たに入荷しました。
 
もちろんVitraのミニチュアです。
Vitra Design Museumは3000を超えるコレクションを保有する世界でも類をみない建築・家具インテリアの美術館です。
そんなヴィトラから1/6サイズのミニチュアが販売されています。
美術館に保有されるオリジナル家具を基に細部まで再現するために、職人の手により一つ一つ丁寧に作られ、年間でも数十から数百ほどしか造られない程徹底したハンドメイドを誇っているそうです。
 
前置きが長くなりましたが、今回入荷はこれです。
 
 
イームズプライウッドエレファントのミニチュアです。
これはミニチュア向けの造形だと思いますよ。
椅子ですけど、実際椅子にみえないデザインですから、単純に象のオブジェとして見れますね。
 
 
ご存知かもしれませんが、イームズのこのエレファント。オリジナルはこの世に2体しか存在しません。
貴重すぎるにもほどがあるので、実物を手に入れることはほぼ不可能だと思います。
だからこそのミニチュアなわけです。
でも実際には数年前に復刻でプライウッドエレファントが数百体限定で販売したことがあります。
その時の価格は25万円ぐらいだったような・・・
 
 
もちろんそれも当時の限定なので今は手に入りません。
あと、いまはポリプロピレンの復刻品がありますが、あれとは素材が違いますからね。
 
いやーそれにしても、小さい割にはよくできています。
このサイズでプライウッドなのは面白いなと思いました。最初プラスチックかと思っていましたし。
それと、言わなくてもいいことなのですが、なんとなくアイスの棒を思い出します。
 
 
大きさは下のサイズを見てもらえば分かります。サイズ感はマグカップに比べるとこんな感じですね。
ちなみに、後ろの赤くちょいデカメなのは勝手に作ったレザーエレファントです。
 
実物はでかいしねぇ。という人にもオススメできますよ。
 
Vitra Design Museum
Eames Plywood Elephant
¥17,850
size W69 D13 H69mm
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月10日木曜日

シェルチェアに生地を張るのも。 2013/10/10

今日発売のcasa BRUTUS11月号を読んでいたらこんな内容を見つけました。
 
 
引用:casa BRUTUS11月号 P220
セブンチェアの布張りですね。
あ、こんなのやるようになったんだ。って思いました。(セブンの布張りはヴィンテージでもありますよ。)
下のマルニ木工のパッチワーク座面の椅子をみて、あ、こんなのやるようになったんだ。とも思いました。
 
もしかして世の中がそんな流れになってきた兆しなのかもしれません。
 
もう何年も前から今後の椅子の主流は”生地張り”になるとにらんでいます。
私が言っているみたいになりましたが、正確には目黒の社長がそう言っていて、私はそれに同調している訳ですが。
 
case study shopオリジナルとしてKnit Chairをリリースしたように、シェルチェアの張り替えをしているように、そしてCover-it-Allを製作しているように行動にも表れていますよね。
今後はシェルチェアに限らず、どんな椅子も生地で遊ぶようになるのではないかと。
 
そんな張替文化なんてものは以前からあるよ!っと指摘されそうですが、重要なのは「今現在、布張りが主流じゃない椅子が今後布張りが当たり前になる」ということです。
シェルチェアなんかはまさにそうでしょ?
 
シェルチェアに限らずそういった面白い生地を使った椅子をどんどんリリースしていこうと画策している訳です。
 
そうして世の中自体がそうなればいいなと思っている訳です。
真似するなとかそういうことではありません。
 
なんでこんなことを書いたかというと、予見通り、世の中そういう椅子が多くなったら、「あ、case study shopもブームに乗っかってシェルチェアの張り替えやってる!」って言われるかもしれないですからね。先にやってても。
 
だから今のうちに書いておこうと。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月9日水曜日

アーロンのポリッシュ 2013/10/9

私も自分自身の椅子をセイルチェアからアーロンチェアに変えようかなと検討中です。
 
 
ところで、アーロンチェアってよく見かける黒いボディのグラファイトカラーベースと、銀色ボディのポリッシュドアルミニウムベースがあるじゃないですか。
 
価格も定価だとグラファイトが¥161,700でポリッシュドアルミニウムが¥208,950と¥47,250も差があります。
 
これってなんでこんなに価格に違いがあるの?性能が違うの?とよく尋ねられますが、見た目以外の違いは全くありません。
たまに間違ったことを書いているところがあるのですが、素材はどちらも一緒ですから。
 
このポリッシュドアルミニウムは、アルミダイキャストをポリッシュしてある、つまり磨いてある訳です。
アルミバフ仕上げというやつですね。
これが手間のかかる工程なので、手間賃分の価格差ってところです。
それだけでこの価格差!?と思われるかもしれませんが、想像されているより面倒な仕上げなんですよ、これは。
あ、あとポリッシュはアームがレザーパッドになってます。
 
結構価格差がありますけど、その価格分のエレガントさはあるので高級感が欲しいんだよ!って人にはオススメできます。
 
まあ別に見た目は別にって人はグラファイトでも充分だと思いますよ。
 
割引後の価格だったら定価ほど差はないですけどね。
 
 
ちなみに、シェルチェアのエッフェルベースはトレバリンクロームメッキです。
ポリッシュドアルミニウムはやっぱり重厚感が違いますよ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950

2013年10月8日火曜日

お部屋紹介⑧の方にウッドシェルの写真をいただきました。 2013/10/8

イームズウッドシェルチェアを納品したお客さんから写真を頂きました!
紹介しますね!
 
 
 
すごい木目ですよね!
このたび納品をさせていただいた仕様はサントスパリサンダーです。
まだ国内でも展示しているところは・・・あるんですかね?
当店でも展示分が届くのが来週10/15なので、かなり早く納品ができました。
私も実物は見たことがないくらいです。
 
しかしこのインパクトはすごいですよね。クロームベースも上品でマッチしています。
となりにさりげなく限定のローズウッド仕様のLTRTが置いてありますね。
贅沢も贅沢な並びですよ。
 
 
ドラゴンボールが挟まってる・・? 隣もなんかよく分からないですけど挟まってますね。
ダイニングチェアとして使っているそうです。バラエティ豊かな椅子達です。ハラーテーブルもいいですね。
 
サントスパリサンダーは背面も木目が美しいですね。この木目の美しさは格好良いのですが、ウォールナットに比べると価格が1.37倍とちょっと高価になります。でもその価値はありますね。
 
ほとんどのウッドシェル注文者がブラックエッフェルベースを注文されるのですが、Aさんは他のシェルチェアがクロームベースだったので、それに合わせてクロームにされました。
それが功を奏しました。(後述)
 
ブログをリンクしておくので良かったら見に行ってください。
 
 
ああ、私も早く実物が見たい!
 
 
そして真面目な話。
 
ウッドシェルチェアは納期に大変時間がかかりますし、今現在も納品をお待ちいただいている方がほとんどです。沢山いらっしゃいます。
常連だから納期に差をつけたとかではなく、本当に抽選なので、この方に早期に納品できたのは偶然です。
それに、サントスパリサンダーのクロームベースは注文数が極端に少ないので、競争が少なかったとも言えます。
なので、お待ちいただいている皆様にはご理解をいただけますと助かります。
私はどなたも差別したり、手を抜いたりはしません。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月7日月曜日

イームズシェルチェアの試作品ですって。 2013/10/7

台風来るんですか?
被害がないと良いですけどねぇ。
 
さて、このブログもアクセスが増えてきたおかげで、あんまり適当な事書けないなと自戒しているところです。
 
と前置きしたところでかなり不確かな情報を今日はお伝えして終わります。
(写真転載のうえに裏がとれた話じゃないですから・・・)
 
たまに気分転換で海外のオークションサイトとか見たりします。
ebayじゃないですよ。やってないですし。
もっと格式の高いやつです。
 
 
eames関連で過去に遡ると、こんなのがありました。
1948年のpre-productionグラスファイバーチェアだそうです。
pre-productionはこの場合”量産試作”という意味が近いと思います。
実際この形で量産されてないですしね。
 
説明文にはイームズ指導による最古のグラスファイバーチェアと書いてありました。もちゼニス社製造。
シェルの形も洗練されていないですし、エッフェルベースの足先がボールグライズになっているなど現在の形とはだいぶ違いがあります。
 
今おなじみになったアームシェルチェアの形は1949年にゼニスプラスチック社によって製造が開始されたので、一年でかなり変化があったのですね。
 
こんなのもあるんだな~。というか本当に存在したのかな?とさらに説明文を読むと、当時のゼニスプラスチック社のチーフエンジニアや、チャールズイームズに近い者に認証されたものだそうなので間違いないのかな。と。
 
ちなみに、これ日本円で300万円以上で落札されていました。
うーん、一生縁がなさそうな品ですが、これこそコレクターズアイテムだなと思いましたね。
 
まあ、話のネタにどうぞ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950


2013年10月6日日曜日

パントップの種類 2013/10/6

10月ってもうちょっと肌寒かったような・・・
まだ半袖なんですけど、こんなもんでしたっけ?
 
 
ちなみに何故ブラックを仕入れたかというと、その時にこれしか国内在庫がなかったからです。
さて、昨日展示を始めたパントップ。
まあ単品で吊ってる写真を撮っても魅力が伝わらないかな~と思って、ヴァーナー・パントン系の昔の写真を探したのですが、パントップが飾ってある写真で見つからないですね。
 
 
引用:The collected works
これしかありませんでした。
エノキ祭り。
 
しかしこのパントップだけはデンマークのデザイナーらしさがありますよね。
ホワイトだと清潔感もあり北欧好きにもオススメできます。(媚び)
オパールグラス仕様のホワイトもありますよ。
 
 
クリックで拡大されます。
パントップはテーブルランプもフロアスタンドもあるので、上に価格表を載せておきます。
でもペンダントの23cmはもうすでに無いですし、グリーンとかイエローもありませんので、詳しいことは相談してください。
 
なかなか良い照明ってないですよねぇ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL 052-243-1950