ブログ

2015年4月30日木曜日

DANESEのAMELANDを入荷しました 2015/4/30

いつも振込はネットバンキングを利用するんですけど、今日いつも通りログインをしたら不正送金用の画面に飛ばされました。
引っかからなかったですけど精巧にできているものですね。皆さんも気を付けましょう。
 
 
さてとて、今日もDANESE商品の入荷情報を更新します。
 
 
DANESEのAMELAND(アメランド?アーメラント?)を入荷しました。
 
DANESE
AMELAND
¥5,000(税別)
size W215 D20mm
 
昨日と同じくEnzo Mari(エンツォ・マーリ)によるデザインで、1962年のデザインです。
スマトラもそうですけど、この年代とは思えないほど洗練されたプロダクトですよ。すごい。
 
 
照明の加減でゴールドに見えるだけです。実際はステンレス色。
AMELANDはペーパーナイフです。
主にあれですね、封筒とか開封するのに使いますよね。
 
ステンレスを捻ったデザインでして、絶妙なカーブが彫刻的な存在感を放っています。
美しささえ感じられます。
 
 
この捻りが持ちやすく開封するのにストレスがかからないようにデザインされているそうです。
 
けど持ちやすいかな?私はよくわからなかったですけど。
 
 
デスクの上に一個あると非常に重宝します。
オブジェ的な意味でもあると素敵です。
昨日と繰り返しになりますけど、DANESEのプロダクトを持っているってのはステータスを感じます。
 
サイズも値段もちょうど良いので、贈り物として人気があるそうですよ。
 
ペーパーナイフって自分で買わないですけど貰ったら嬉しいですからね。
 
 
あとAMELANDの読み方ですが、どこもアメランドって表示しているんです。
でもマーリさんのプロダクトは地名が多いので、その場合アーメラントって読むんじゃないかなって思います。
発音を聞くとアーメランドって言っているようなアーメラントって言っているような?
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月29日水曜日

ダネーゼのスマトラ入荷 2015/4/29

うまく撮影が出来ませんよ。原色系のプラスチック製品は難しいですよね、ちゃんとしたスタジオや環境が無いと綺麗に写せません。色合いがおかしいです。
この環境とカメラならしょうがないですか。
 
あ、今日、紹介する商品のことです。いきなりボヤキから入りましたけど。
 
 
それでこんなの入荷しました。
 
 
DANESEのSUMATRA(スマトラ)を入荷しましたよ。
 
DANESE
SUMATRA
1ヶ ¥5,000(税別)
size W280 D330 H65mm
 
Enzo Mari(エンツォ・マーリ)が1976年にデザインしたSUMATRAは、デスクの書類整理には欠かせないトレーです。
 
最初の写真は積み重ねした状態なんで、価格はこの一個の値段ですぜ。
この洗練されたデザインはさすがEnzo Mariさんですよ。76年のデザインとはとてもとても思えません。
 
 
横から見るとなお格好良い。
コンパスを思わせるこの感じがイタリアらしいと勝手に思っています。私は。
 
 
それでこの積み重ねできるってのが、スマトラ最大の良さです。
何段でも重ねられますよ。必要な分だけ設置してください。
ペーパートレー系って、最初にそのサイズで買っても後からスペースが足りなくなったりすることがあるじゃないですか。
スマトラなら足りなかったら後で買って積むってことが出来ますよ。
 
しかも積んだ状態が素敵。
 
 
ホワイトも良いですよ。
清潔感があります。
 
 
色を混ぜてみたり。
派手派手しいですね、好きな人はやってください。
 
 
それでこの積み重ねはですね、
 
この写真わかりますかね・・・
互い違いに設置できます。
これならたとえばですよ、テーブルやデスクを向かい合わせで共有している二人で使用することが出来ます。
見た目だけじゃなくて利便性も高い。
これが出来るトレーはなかなか無いでしょうね。
 
 
別に一個だけでも小物入れとかで使えます。
あれば便利。
 
 
デスクにDANESEの製品があって、なおかつそれがエンツォ・マーリのデザインだったらすごいセンス良い人ですよね!って褒められますよ!褒められないかな。
それ以前にDANESEの知名度があれか、あれですね。あれ。
 
まあでもこれは単純に使いやすいってのが売りでもありますから。

埃がつきやすくて目立つってのは忘れてください。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月28日火曜日

ネルソンベンチはそのままが良いのかな? 2015/4/28

たまにそれが夢なのか現実なのかよくわからなくなることってありますよね。
「あれの注文を貰ったから今日はそれを梱包して出荷しなきゃな~」って考えているときに目が覚める。
ベッドの上でしばし今のが夢だったのか実際にやるべきことなのか混乱したり。


さて、わりとどうでもいい話かもしれないんですけど、↓


ECHOES volume.8
ネルソンのプラットフォームベンチ(以下PHB)はガラスを置かないほうが好きです。私は。
いやですね、ガラスを置いている人を否定しているわけじゃなくて、それはそれで良いんですよ。
私は、ってだけの話です。誤解しないでください。

昔の雑誌を読んでいて、このページを見た時にまたそう思いました。このPHBはサイズ1525か1830でしょうね。雑誌を撮影したものなので画質が粗いですけど。

そもそもHerman Miller社ではPHB用のガラスとか販売しているわけじゃありません。
その辺の話は以前書きました→「ネルソンベンチの上に置くガラスの話

確かにですね、ガラスが置いてあるほうが隙間が埋まりますし、PHB自体にキズがつかなくなるので便利だと思います。

しかしですね、PHBままのほうがなんとなく都会的なモダンさを感じます。なんとなく。

あと、私は物がキズついたり劣化することがあまり気にならない性格ですから。

お店に展示しているものは大切にしますけどね。


以上、なんの実りのない話でした。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月27日月曜日

インテリアライフスタイルの話 2015/4/27

G.Wだからと言ってもうちはいつも通りですよ。
それが良さかなって思っています。
 
 
さて、先日interiorlifestyleの招待状が届きました。
これは行く予定です。毎年行っているかな。
 
ちょっと今日はこれについて詳しく話したいと思います。
もし開業したいとかそんな人が何かの参考になればうれしいですね。
 
 
 6月に催されるinterialifestyleは、国内最大規模のインテリア家具の国際見本市じゃないですかね。
家具インテリア関係のショップの人はまず行くと思います。
 
相当な出店数なので一日で回るのが大変なぐらいです。
この見本市、目的は商談ですので、一般客向けの販売とかじゃありません。取引相手を探す場所です。
ショップをやっていたら自分とこで販売する商品を探しに行くとか、家具を作っていたら良い生地を探しに行くとか、用途は様々。
 
家具・インテリア関係は何でもですので、フレグランスや家電、キッチングッズからグラスなどなど豊富です。
 
 
この見本市のもう一つの目的は、あれですよ、顔合わせですよ。メーカーの代表、営業、デザイナーや、それぞれのショップの人たちとか。一ヶ所に集まるので便利。
「ども、久しぶりです」って感じの会話が各地で繰り広げられます。そんななか新規の人が行くのはちょっと疎外感を感じるでしょうけどね。常連だらけのお店に行くような感じ。
私はいつも一人でフラフラしているので孤独な感じです。
 
 
例えば自分でお店を開業したいなって考えていても、仕入先がわからないよって人なんかは行ってみると発見があるかもしれません。 (仕入先も分からないけど開業したいって人がいるかどうかですが)
そうでなくても勉強のためにと行って見るのもお勧めします。まだ先の開業を想定していても6月は行ったほうが良いですよ。見るだけでも。
 
そう言いながら私はこのお店を開業するまで見本市って行ったことなかったです。
まず開業しちゃいました。
 
この見本市で全てのメーカーが集結するわけじゃありませんし。
 
うちで取扱いしているメーカー、ブランドでいうと、Herman Miller、Vitra、Kartell、Knollとか、あとなんだろう、すぐに思いついたのはこれらなんですけど、そこらへんのメーカーは出展しないので、そこと取引したいな、お店で販売したいなって場合は別の手段を取ります。 
 
それに職人、工芸、工房、工場は自力で探します。
ヴィンテージ品やユーズド品も当然自力のルートです。見本市とかありませんし。競売はありますけどね。それは古物商を取得したら参加できるところがあります。
 
お店をやるために見本市へ行く必要はありませんが、見聞を広めるためにも行ったほうが良いかもって話でした。
ただ、ここで良いと思った商品は他のお店でも取り扱いが当然あるのでバッティングしまくりです。どこでも売っているって状況になっちゃいますから、そこんところちゃんと考えたほうが無難です。
 
 
それと、この見本市をやる時期は各々のメーカーが自前でイベントをやっていたりするので、ついでにいろいろ巡ってみるのも良いですよ
 
 
まだこの業界が浅い私が書くのもあれなのですが、へーっと思ってくれる人が一人でもいたら。
この業界は8年ぐらいかな。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月26日日曜日

お部屋紹介(44)の続き 2015/4/26

もうG.Wに入っている人もいらっしゃるんでしょうか。
連休ってのはお店も暇になりますからね。来店も少なくなるし、取引先の休みも多い。
観光地じゃないですし、お土産も売ってないのでしょうがないですけど。
 
 
今日はですね、お写真頂いたので更新しますね。
お部屋(自宅)紹介です。
 
以前紹介した「お部屋紹介(44) 2015/4/26」の栃木県のIさんより、あれからお写真を少しづつ送ってもらっていまして、それを今回まとめて更新します。
 
日付順ではありませんし順序関係なく載せていきます。
 
 
これはおそらく玄関・・・いや、勝手口部分ですかね。どっちでしょうか。
でもとにかくハイセンスな外観ですよ。この扉にこの壁色はすごいです。見習いたいですね。
ベルトイアのサイドチェアとDSSが佇みますね。どちらもヴィンテージ。
 
 
ヴィンテージのイームズワイヤーチェアによって出来た影が美しい。
イサムノグチのサイドテーブルも格好良いですね。ワイヤー繋がり。
エレファントスツールはFRP製っぽく見えますのでハビタ社かコトブキ社製でしょうね。
 
 
このシェルチェアは張替えをされたものですね。
ヤコブセンの生地を使っており、なかなか素敵な組み合わせになっております。
テーブルはさっきと同じくノグチのサイドテーブル。たぶん別カラーだと思います。
ハングイットオールにかかった帽子もインテリアの一部。
 
ここは玄関内でしょうね。
 
 
三度目のノグチサイドテーブル。
え、三台お持ちなんですか。全部違うやつに見えますよ。
 
このコーナーは成型合板でまとめらてていますね。
イームズウッドシェルのホワイトアッシュ。
奥のイームズフォールディングスクリーンは・・・えーっと・・・ウォールナット??いやしかしウォールナットならかなり珍しいですよね。特注しかなかった仕様だった気がします。
そしてテーブルはメープルでしょうか。床材は謎。ナラかな。
 
全部木の色が違う。
 
 
ネコですよね?
かわいいネコのぬいぐるみが鎮座しているのもヴィンテージのイームズシェルチェア。生地張りがお好きなんですかね。つやつやで状態が良さそうです。
後のポスターはさりげなくハーマンミラーピクニックのものですね。1997ver.ですよ。
さらにさりげなくネコが被っている帽子はイームズドットですね。
 
 
そういえばALESSIとUNIQLOがコラボしたTシャツを買われたそうですよ。
ご丁寧にALESSI製品とともに写真を送ってもらえました。ハエ叩きもALESSIなんですよ。こんなのあるんです。
奥にあるカドミウムグリーンのサイドシェルも気になりますけど、このテーブルノグチのサイクロンテーブルじゃないですか。
 
良いものいっぱいお持ちですね。
好きな物を集める面白さが伝わってくる空間ですよ。
コンクリート打ちっぱなしの壁もシックでいい。
 
Iさんありがとうございます!
 
 
これからもこれからも写真は募集中でございます。
 

case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月25日土曜日

ウッドシェルチェアの色変化 2015/4/25

頑張ってたまった雑誌を読んでいます。去年の9月から未読でした。
いろんな情報があるものですね。ふむふむです。
すこし流れが変わってきた感じがしますね。あくまで雑誌が取り上げるコンテンツに限った話ですけど。


そういえばふと思ったんです。
イームズウッドシェルチェアの色変化ってもうしているのかなって。ほら、木ですし。

毎日見ているので変化に気づきづらいんですよね。

ということで納品時の写真と比べてみました。


これが納品時の写真ですね。

「イームズウッドシェルチェア展示しました! 2013/9/11」

左がホワイトアッシュで右がウォールナット。サントスパリサンダーは後日納品だったのでこの時はまだありません。


ウォールナットはあえて背面です。こっちの方が日光に当たっていたので変化がわかりやすい。
で、いま。

え、もうかなり経年変化がありますよ。


もちろん写真の写り方や色味が違うってのもあるのですが、実際現物見ても違いを感じます。

そうそう、ウォールナットという木は色が抜けてくるんですよね。そしてホワイトアッシュは黄色くなっていく。

ただしこの椅子たちは日光に当たっています。
今は窓から日光が入る時間にちゃんとブラインドを下げて遮光しているんですけど、この時はまだそれをしてなかったので毎日ガンガン照らされていた時期がありました。
一年半でも日光が当たるとこれほど変化するものです。


私は変化した木のほうが味わいがあって好きです。


使っていけば変化がある、味が出る。これこそが木製品の醍醐味です。
FRP製のシェルチェアと同じで、自分で使って格好良くしていくってのが素敵ですよね。
キズがついても良いじゃないですか。生活の証ですよ。


日光に当てなくても照明でも変化があるので、何年も、可能なら何十年もかけて変化を楽しんでください。

何十年もは使えたらの話ですけどね。
そこまでもつものかはわかりませんし。ポテンシャルはあると思うんですよ。40年代のプライウッド製品が現存していることを考えると。

修理しながらならいけるでしょうね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月24日金曜日

Tic&Tac廃盤のお知らせ 2015/4/24

たまにはお店でウトウトっと眠くなることもあります。不本意ながら。
しかしお客さんが入店した瞬間に覚醒します。音がしなくても何かを察してです。
たぶん超能力ですね。これ。
 
 
さて、今日はKartell社の廃盤商品をお伝えします。
タイトルで書いているんですけども。
 
 
TiC&Tacが全色廃盤となります。
なりますというか、なりました。
 
(国内輸入代理店から)連絡が届くのが遅いんですけど、もう国内にほとんど在庫が無いですし。
展示しているこのシルバーもすでに在庫なし。取り寄せ不可。ですからね。
 
 
資料のスキャンなんで粗いです。画像が。
かろうじて残っている在庫は、
 
・ダークゴールド
・ミントグリーン
・オレンジ
・ブルー
・ピンク
・バイオレット
 
が各、少しずつあるだけです。
あれですよ、全部メタリック仕上げのやつです。
 
一応メタリック仕上げの価格は一個¥16,600(税別)です。
 
展示品のシルバーは在庫もないので展示品が欲しい人には売ります。
※追記:展示のシルバーは売れました。
 
興味あった人は今のうちにどうぞ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月23日木曜日

シェルチェア背もたれのカーブ 2015/4/23

すいません、T-710なんですけど、もうちょっと待ってもらえますか。
完成が遅れていまして・・・遅くともG.W前には来ないとまずいので急いでもらっています。

さて、すっかり暖かくなった今日は雑談です。


この動画の最初の方をみるとわかりやすいのですが、シェルチェアってちゃんと人体の構造にフィットするように作られているんです。
背骨の自然な逆S字、もしくはダブルS字って呼んだりするんですけど、それに沿うように背もたれ部分が曲線を描いています。

シェルチェアを浅く座る人が多いみたいですけど、深く座ったほうが身体に良いんですよ。
この辺はワークチェアの座り方と同じですね。


生地張りに意味はありません
見た目だけじゃなくて、ちゃんと人体にことも考えられています。その辺はさすがですね。

浅く猫背気味に座っている人は、これを読んだのを機に深く座るようにしてみてください。
腰や背骨の負担が軽減されると思いますよ。

まあそんなに長時間腰掛けないならそこまで気にしなくて良いかもしれませんけど。

こうですね、骨盤を奥に入れ込むようにです。

うん、伝わらないですね。


口頭なら分かりやすく説明できるんですけどねぇ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月22日水曜日

MCLレザーのサンプル来ました 2015/4/22

G.W中はブログネタに困りそうなので、今のうちに何か探しておきます。仕入ですね。
何にしようかなー。
 
 
先月末にお伝えしたことなんですけど、Herman Miller社のレザーにMCLレザーっていう新しいオプションを選択できるってことを書いたじゃないですか。
 
幸いにもレザーサンプルを手に入れました。これも実績のおかげ。
レザー系は実物を見ないと何とも言えないですからね。
 
 
しかも全色。
触ってみるとわかるのですが、けっこう柔らかいです。
以前の国産ラウンジチェアに使っていた革に近い柔らかさです。
 
しかしまあ、革なんて使い込めば柔らかくなりますからね。
こっちの方が通常のレザーより高価ですけど、好みで選べば良いと思いますよ。
 
 
既存のレザーは下側のラウンジチェアので、上側がMCLレザーです。
MCLのほうがシボが目立つ感じがします。なんとなく。たぶん。
 
写真ではいまいち伝わらないと思うので、Herman Miller社のレザー製品が欲しい人は店頭で相談してください。
 
サンプルは一枚しかないので送ったりできませんぜ。
 
 
以上、昨日、一昨日に比べると非常に地味な更新でした。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950



2015年4月21日火曜日

お部屋紹介⑧ ゴールドコンポニビリ編 2015/4/21

郵便を出して住所に宛先が無い場合、「あて所に尋ねあたりません」って返ってくるじゃないですか。
なんか面白い日本語だなっていつも思います。簡潔かつ的確。


さて、今日もお写真頂いたんで紹介しますね!
お部屋紹介というより、納品写真の紹介です。

今回はたびたび登場している静岡県のAさんより頂きました!

前回のAさんお部屋紹介→ 「お部屋紹介⑧ エンドテーブル編 2015/2/5」


日本に到着したばかりのプレシャスコンポニビリ3のゴールドを購入していただきました!
面白い存在感!
あえてシルバー色のDKRに並べているところが粋ですね。実物、ポスター、ミニチュアとDKR三連星。

デッドスペースの収納として単純に使いやすいので重宝もしますし、それでいてこのカラーは目を惹きます。
しかしゴールドは素敵すぎます。このセンスを見習いたいものですね。

ところで上になにか乗っているような・・・


 え、これは。


百式だ。 百式wiki

さあ果たして何人がこのモビルスーツのことをご存じかわかりませんが、名作デザインですよ。これは。
私は再放送でZガンダムを観た世代です。

Aさんはですね、このゴールドコンポニビリのためにわざわざこのプラモデルを購入したそうです。
やる気ありますね!というか思いついても普通やらないと思います。 ※褒め言葉。

この写真、イタリアで受けそうです。いや、なんとなく。
ゴールドの反射が美しい。

たまには趣向を変えたインテリアも良いものですね。
Aさんありがとうございます!


いつものAさんのブログ→ http://blogs.yahoo.co.jp/doyou0325

あと、インスタグラムもはじめたそうです→ https://instagram.com/un_doyou_ji/


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月20日月曜日

お部屋紹介(46) 2015/4/20

今日は早速ですがお写真頂いたのでお部屋紹介します!
今回は福岡県のHさんより送っていただきました。
 
以前ですね、「猫と家具 2015/2/24」で少しだけ紹介した方なんです。
正式にお部屋紹介として更新しますね。
 
 
じゃあお部屋(ご自宅)を覗いちゃいましょう。
 
 
じー。
 
 
リビング。
洗練されてますね!
まずこのテレビ台としているCSU130をご購入いただいたのがきっかけで写真をいただけたんです。
いろいろ問題があって納品に一年はかかりました・・・ご迷惑をおかけしました・・・
なので、最近の話じゃないんです、販売させていただいたのは。 いまはモダニカやれないです。前は良かったんです。
 
ESU100だとテレビに対して横幅が物足りないので、3列は使い勝手も見栄えも良いです。
ノグチコーヒーテールも相性がグッドですね。見た感じVitra製かな。
 
さらに暖炉ですよ。おうちの憧れアイテムです。
これで冬場はぬくぬくほっこり空間の出来上がりです。素敵!
 
 
さらに上からの写真も。
インダストリアルな時計もいいです。
 
壁が一部煉瓦になっているのもこだわりを感じます。
ストレージユニットの配色がばっちり。
床材も面白いですね。
 
コンポニビリは隙間を埋める用に置けるので万能君です。赤いのは万年カレンダーですね。
 
 
テーブルに合わせているソファはモダニカ製のクラウドソファです。
最近張替えされたそうです。色センスに感心。
かなり前にですね、モダニカ福岡店がありまして、Hさんはよくそこに行かれていたそうです。なので見覚えのあるアイテム多数です。
 
クラウドソファはイサム・ノグチさんのデザインを参考にしていますので、そりゃテーブルとマッチしますよ。
カーブ具合がパズルのようです。
 
ガラスのテーブルなので、猫を下から見たくなりますね。
 
 
休憩。
 
 
アンジェロ・マンジャロッティのJUNIOR3段も気に入っていただけています。
建築的かつシンプルなデザインは、たくさん物を置いてもそれが様になりますね。
サイドのスペースが便利なんです。
ロケット型の照明はラバライトですね。久しぶりに見ました。
マルチプラー、サイトーウッドのトレー、そしてアビィロード。腕時計、手袋が整然と並べられています。
 
あ、水槽もありますね。
 
 
 こんな風に置かれています。
キッチンダイニングとリビングを繫ぐ懸け橋となっているそうです。並び的にCSU→JUNIOR。
 
料理する人ならだれでも欲しいアイランド型キッチンですね。ダイニングテーブルとつながっているのは使いやすそうです。
ダイニングチェアはウェグナーのYチェアですね。ちょうどJUNIORと色が統一されています。床の色もですね!
 
照明はライトイヤーズのカラヴァジオですか。配色はこれがいいですよね、私も好きです。
 
 
休憩。
 
 
場所わかりません。
Uten Silo1ですね、でかいほうです。
大量に入っていますね、この家具は物を入れれば入れるほど格好良くなります。
そして右側にはB&Oのオーディオですよ。品番は忘れましたけど、このデザインはいつ見ても最高です。
15年使い続けていまなお現役だそうです。目立ちますねー、うらやまですねー。
 
さりげなく猫のモビールが。
 
 
読書スペース。
2階でしょうね。
 
手前はバルコチェアで、奥のシェルチェアっぽいのの詳細は不明ですが、雰囲気があり可愛いです。
奥のポスターはVitraのポスターで以前うちで販売していました。名作椅子がずらりのデザインなんです。これがぎっしりの本と繋がりがあるようで良い場所に設置されています。強いアピール。
 
お部屋系の写真は以上です!
 
 
如何でしたか、良いデザインはいつまでも良い!と言える空間ですね。あ、新築です。
こういった家具は昔買っても今買っても、おそらくこれから先未来も、格好良い、素敵、だと言える物です。気に居たものを使い続けて大切にすることが肝心ですね。
長年の蓄積が素晴らしい環境を生むわけです。
 
Hさんありがとうございます!
 
 
あとオマケ写真です。
 
 
 モフモフしたい病にかかります。不治の病。
 
 
自らここに納まりこのポーズだそうです
しかしこの写真は最高ですね(笑)

ホットキャット。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年4月19日日曜日

コンポニビリに脚ってこんな感じ 2015/4/19

二時間ぐらい誰の来店もなかったのに、一人来店があると二人目の来店が続きます。
不思議だ。
 
 
記事に追記をしたんですが、3段も底に穴が開いていました。
 
そもそも脚を取り付けるってどういうことかというと、こんなアイデアです。
 
 
こんなん。
検索したらこれで販売しているショップもあったんですけど、別にそこのアイデアをパクったわけじゃありません。
昔からあります。このアイデアは。
Knoll社サーリネンのスツールのベースだけ取り外して、上にコンポニビリを乗せてあるだけです。
押したら落ちます。
 
一応書きますけど、この組み合わせで販売しているわけじゃありませんよ。
 
 
サイドテーブルにしてみたり。
 
こんな写真を載せるとこれが欲しいって要望がありまそうです。
 
Knollは無理ですけど、ただこんな感じの国産のベースを用意することは幾らでもできます。
しかし、接合は物理的に穴を空けるしかないので現実的ではありません。
乗っけるだけでいいんならどうぞ。すぐ落ちますけど。
 
キラキラコンポニビリに元から空いている三か所の穴に対応するベースがあれば別ですけど、そんなの見たことありませんし。
 
一番良いのはKartellがコンポニビリ用のベースを作ってくれることですね。
穴を空けなくても底のφにバチッとはまるパーツを用意すれば完璧です。
 
木だったら私でも作れますけど、ABSだとちょっと型代のコストがネックですね。
 
参考にどうぞ。
なるかな?
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950