ブログ

2015年6月30日火曜日

ファイバーグラスシェルチェアのパーチメントとイエローの製造一時停止 2015/6/30

なんだか涼しい6月ですね。快適と言えば快適。冷夏ってやつですか。
そしてそんな6月も終わり。今月もありがとうございます。
7月はいろいろ出していきますよ!
 
そんな6月最後はグッドニュース!
 
・・・じゃないです!全然グッドでなし。あと、ちょっとこの更新が正式に通告があってから間が空きました。
 
 
イームズファイバーグラスシェルチェアのパーチメントとイエローが、急きょ製造一時停止となりました・・・

 
しかもサイドシェルもアームシェルも。
そうなると必然的にイエロー、パーチメントの生地張りVerもです。

製造一時停止シェルカラーと対象製品

シェルカラー:   パーチメント、レモンイエロー

対象製品:     イームズグラスファイバーシェルチェア
            サイドチェア
            サイドチェア アプホルスター(生地張り)
            アームチェア
            アームチェア アプホルスター(生地張り)

これはかなり困りました。
困るのはこれを欲しいと思っているお客さんの方ですね。それはそうですよね。
一時停止ですんで、いつかは再開しますけども。

特にサイドシェルに関しては以前からウルトラマリンブルーとネイビーブルーは相変わらず製造停止中ですから、販売できるカラーが少なすぎます。

ファイバーグラスシェルチェアが欲しい人は一体どうすればいいんでしょうか。

そこらへんの提案はいろいろしますよ。私は何でもできる限りはネタを用意します。


それにですね、パーチメントとか、エッフェル仕様でしたらまだ用意できる気がします。昨日までは在庫がありましたし。国内倉庫に。
でも今回の正式発表でそれももう無くなるかもしれませんね。少なくとも今日中には欲しい人は判断したほうが無難です。


まあそれも今回の件で、どっかのショップが国内在庫を全部確保しなければですね。

私はそういうことはしません。必要な人にちゃんといきわたるようにすべきだと思います。
だから無用に在庫をとったりはしていません。ちゃんと客注があった人が注文をするのが良いですね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月29日月曜日

ヴィンテージサイドシェルのホワイトとイエローが欲しい人いますか 2015/6/29

あんなに良いラジオ局だったのにな・・・

さて、気を取り直しまして。


今年の初めに入手したHerman Miller社製ヴィンテージサイドシェルのホワイトとキャナリーイエローですが、また用意できることが出来るようになりました。以前入荷したものとほぼ同じものの予定です。


入荷してからお知らせしたいところなんですが、私に任せるとそんなに枚数を用意しません。
もしかしたら何枚もまとめて欲しい人がいらっしゃるかもしれないので、そんな人は今のうちに欲しいであろう枚数を教えておいてください。言われない限りはそこまで用意しませんし。

今週中には希望数をまとめて先方にオーダーしちゃいます。

※追記 すいません、イエローは二枚しか用意できませんでした・・・

アメリカからの輸入ですのでしばらくはかかりますよ。

特にホワイトは貴重なのでこの機会にぜひぜひぜひ。

あ、値段は一枚6~7万円ぐらいの予定です。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月28日日曜日

謎のF031デスク 2015/6/28

昔の写真を眺めていたら見つけたんですけど、なんですかね、これ。
ピエール・ポランのF031デスクのようですが、天板も突板ですよ。
いま販売している普通のF031デスクの天板はメラニン化粧板ですし、オリジナルもそうなのですが、これはなんでしょう、特注したんでしょうかね?

過去にこんなの作ったんですね。
今はこんな別注はやってくれないでしょうけど。

しかしこれを見て思うんですけど、F031デスクはやっぱり天板と引き出しの色が違う方が格好良いですね。

そんなことを思いました。

もちろん趣味趣向は様々なので、これはこれで。
なんとなくネルソンのデスクを思い起こします。この見た目だと。


・・・とここまで書いてメトロクスさんの商品紹介ページを見たんですが、メトロポリタンギャラリーさんがこのF031デスクを復刻したのは2003年って書いてありました。
でもこの写真、99年の写真たちの中にあったんです。この写真自体に年号は記載されていませんけど。

え、これもしかして試作品?もしくはヴィンテージでこんなのがあったとか?

謎です。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月27日土曜日

スタッキングベースの大きさに違い? 2015/6/27

何もやっていないように見えてやっています。
7月ネタは二つぐらい用意しました。
あともう二つぐらいなにか欲しいところなので、ぎりぎりまで探します。
 
 
さて、いまなぜかスタッキングベースをいくつか持っています。
 
 
ハーマンミラー米国社製のヴィンテージの奴です。

しかもナローマウント用なので、エッフェルベースとかウッドベースとかが付けられるシェルチェアに装着が出来る優れものタイプです。

売っていますが値段は書きません。ぶっちゃけ高いです。

高いんですけど、別にぼっているわけでも不当に利益を載せているわけでもないです。
新規にアメリカから入れたものですが、実際に今はこのぐらいするんです。価格が。

ですが以前の相場から考えるとすごく高いです。だから書きません。誤解されそうなので。
一昔前は有り余っているベースだったんですけどね、もう貴重品ですよ・・・


でもですね、このスタッキングベースを仕入れたとか価格のことは今回の本題じゃないんです。


スタック(重ねていて)していて気づいたことがあるんですよ。


それは、スタッキングベースは大きさの違う場合があるってことです。
積み重ね方によってはうまく重ねられないことがあったのでよくベースを見てみました。


スタッキングベースの裏ですけど、まあ見てもらった通り気になるところはないじゃないですか。
正真正銘最初からナローマウント用なので後で溶接したとかじゃありません。

でもこっち見てください。


赤い印の中です。Herman Millerのロゴマークがありませんか?

このロゴがある無しでスタッキングベースの大きさが違うんです。
ロゴが無いほうが全体的に広いです。

一枚目の写真は専用の台車に載せているんですけど、ロゴが付いたほうしかグライズが合わないかったんです。
ロゴ無しは台車からはみ出しそうでした。

しかし、もともと以前から持っていたスタッキングベースはロゴが無かったんですけど、ロゴありと同じ大きさでした。
意味が分かりません。

日本製とかそういうことかなと思ったのですが、全部米国製とのことでした。ディーラー曰く。
私も見る限り全部米国製ですし・・・

一番簡単な理由は作製年の違い。個体差ってところでしょうか。
ある時期だけ他の年代と互換性が無いとか。


答えはありません。私も分かりません。
誰か教えて欲しいぐらいです。


そんなわけで何が言いたいかというと、スタッキングベースをたくさん重ねたいという野望をお持ちの人は、ちゃんと自分が持っているスタッキングベースと重ねられるかを確認したほうが良いですよ。ってことです。


THE. 曖昧


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月26日金曜日

イームズファイバーグラスシェルチェアの連絡 2015/6/26

左がブラック、右がパーチメント。
イームズファイバーグラスシェルチェアのブラック&パーチメントのDFSR、つまりサイドシェルにエッフェルベースVerが欲しいと考えている人はいらっしゃるはず。

早めにお店に来てください。もしくは私に相談してください。
真面目に欲しいとか買おうと思っている人は特にです。


なんかよくわからない更新ですが、今日はこれで終わりです!

7/3追記 すいません、ブラックの方は勘違いでした!ごめんなさい!


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950



2015年6月25日木曜日

正しいワーキングチェア、意味のある座り方の話 2015/6/25

 
ハーマンミラー社のワークチェアと言えば有名なのはアーロンチェアでしょう。他にもミラ2チェア、エンボディチェア、セイルチェア、セラチェア、セトゥーチェアなどいくつもあります。

これらのワークチェアにたいして、ただ漠然と「良いワークチェアを買えば自分の身体の不調が改善されるんだ!」というのは間違いです。
 
ワークチェアは、正しい座り方をしないとあまり意味がありません。説明書を読んでもそれはわかりません。ネットの情報をいくら読んでも伝わりません。

説明を受けず、座ることもせずワークチェアを買うのは勿体ないです。
ネットショップのレビューとか見ると、見当違いの悪いレビューをしているものがほとんどです。それらは最初にちゃんと説明を受ければ解決することばかりです。


相当身体や骨格や姿勢に精通していないと、自分に合うワークチェアは判断できないです。


ハーマンミラージャパンはエルゴノミックアドバイザーという制度を設けました。

エルゴノミックアドバイザーについてはこのURLを見てください。
http://ww2.hermanmiller.co.jp/ergonomic_advisor/

読みましたか?

要約すると、

エルゴノミックアドバイザーは、

  • 肩こりや腰痛などを軽減する身体に負担をかけない姿勢や環境づくりをアドバイスします。
  • お客様お一人おひとりの体型・体格に合った最適な一脚を見つけるお手伝いをする、チェアのパーソナルフィッティングサービスをご提供します。
  • 現状のお仕事内容や作業環境をお伺いして、モニターの位置やデスクの高さなど、総合的に最適な環境をご提案します。
  • チェアやデスク、モニターアームなど人間工学に基づいた製品について最新の知識を持ってご説明します。
  • 製品を長く安心してお使いいただけるよう、製品保証の対応、修理やメンテナンスなどアフターサービスをご提供します。

ということなんです。
 

もっと簡単に言うと、その人に合ったワークチェアを選定し、正しい座り方を教えることが出来る人ってことです。


この制度によって以前より各地の販売代理店によりレベルの高い接客が広まったわけです。


これは私の。
 私もこのエルゴノミックアドバイザーです。

 
じゃあど、こエルゴノミックアドバイザーから買っても同じかというとそんなことはありません。


当店のエルゴノミックアドバイザーはここが違うってことを自分で書きます。


・実際に自分でいろんなワークチェアを使っている。
アーロンチェア、エンボディチェア、セイルチェア、ミラ2チェアは特にです。ここら辺は何年も使っているので長年使っていて気づくことや注意したほうが良いこと、良い使い方などがわかっています。
ただすこし座ったとか、お店に展示してあるのを座ってみたとか、そんなんじゃ使用感なんてわかりません。
正直な座り心地の感想が伝えれれます。

そもそも自分が使っているとか、自分が良いと思わないものを販売はしません。


・以前から現在進行形でHerman Millerの製品ばかり販売しています。
ワークチェアに関してはHerman miIlerばかりですね。
そうすると、今までにいろんな事例を見ています。他の人が知らない情報をいっぱい知っています。
特にメンテナンスや保証のことはイレギュラーが起こりやすいので今までに経験しているに越したことはありません。


・商品の良くない部分も話します。
販売側って良いことしか言わないですよね。でも気をつけなくちゃいけない部分もあるんです。
保証だって万能じゃありません。
そこらへんの本当に知りたいことはせっかく買ってもらうわけですから事前に話します。
最初に知っておけば後悔はしません。


・お店が営業していればいつでもエルゴノミックアドバイザーが居る。
私一人で経営しているお店ですからね。そりゃそうだってことですけど。
接客からその後の対応まで全て一人です。
責任感が段違いです。なにせ自分ですべてやっていることですから。

その代り、来客が被ったりするとうまくできませんので、そこは時間がある人向けです。


そんなわけで納得して購入してもらえる自信があります。何処よりも間違いなく。


売れればそれでなんでもいいという考えはありません。
先述のとおり、自分ですべてを対応していますので、すべて自分の責任です。だからかなり真剣になります。


あと、保証12年は購入店で対応になります。必ずハーマンミラージャパンを通した正規のお店のみしか保証が付きません。店の対応次第ですので、いい加減に買うと保証で後で困ります。


後日、体の不調を改善したい人向けに書きました→「ワークチェアと自己鍛錬の話


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月24日水曜日

生地張りシェルチェアのすぐ用意できるもの。Herman MIller復刻のやつでね 2015/6/24

case study shopとしてのインスタグラム、連日更新されています。https://instagram.com/case_study_shop/

ちょっと誤解があるんですが私がやっているわけではありません。目黒のS社長さんがやっています。 その人との関係は以前書いた通りです。 参照:http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/06/case-study-shopinstagram-2015620.html

目黒のS社長はすごい経験をたくさんされているんです。話を聞くといつも驚くことばかりなんですよ。ここで勝手に書けないのが残念なぐらいです。さすがに30年近く前からミッドセンチュリー期の名作家具をここ日本で伝えてきただけはあります。でも本人の最初の店舗はアールデコ期の作品を販売するお店でした。アールデコモダンという、希少家具ばかりのお店。
ここまでのことを経験している人は日本の家具業界では少ないんじゃないかなって思います。

そんな片鱗がこのインスタグラムに表れているわけですね。

プレイボーイの写真を載せているのも、実際にこの1961年のプレイボーイを所持しているんです。
その次のプレイボーイ掲載時の写真とは違ったVerの写真ですが、これなんとジェンス・リゾムさんから直接もらった写真だそうです。裏にリゾムさんのサインも入っています。貴重すぎます。
その説明をインスタ内でも書かないといけないと思うんですけどね。そう伝えておきました。

これからちょくちょくこんな貴重な写真がアップされていくと思いますよ。だからどんどんフォローしてあげてください。

ちなみに、英語主体ですが日本語でコメントしてもらってもOKです。S社長は日本人ですから。


はい、ものすごく前置きが長くなったのですが、今日書こうと思ったことはここからです。

最近イームズシェルチェアの納期が、いやずっと前からですね、在庫があったりなかったり、納期がいつもよりかかったりとか、わりと混乱しています。

そんな中でも実は在庫の用意をしているものがあるんです。
しかも生地張りシェルチェアで。

生地張りのシェルチェアは全て受注生産ということだったのですが、この3種類は日本で在庫を持つみたいなので、すぐに欲しい人にはご用意できますよ。
それか今だけ用意があるのかもしれません。今後次第ですね。


ハーマンミラーストアの画像を拝借
DFSR.U 47 111 ZF 14A22 E8 ¥77,000(税別)ファイバーグラスシェルチェアのパーチメントに生地を張った仕様です。
ファブリックはローアンバーです。

これはお店で展示していますね。参考→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/01/herman-miller-2015115.html


 DFSR.U 47 111 ZF 14A26 E8 ¥77,000(税別)
ファイバーグラスシェルチェアのパーチメントに生地を張った仕様です。
ファブリックはグレーブルーダークです。



DFSR.U 47 111 ZF 14A46 E8 ¥77,000(税別)
ファイバーグラスシェルチェアのパーチメントに生地を張った仕様です。
ファブリックはピンクダークダークです。

ピンクダーク「ダーク」ってなんですかね?


 とりあえずこれらは複数脚でも用意できますので、ダイニングとかで生地張りシェルチェア欲しかったっていう人はご相談ください。


うちが独自にやっているシェルチェアの張替えは時間がかかるんですぜ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月23日火曜日

子供用のバルセロナチェア 2015/6/23

自分が好きな曲紹介とかしたいです。


あ、バルセロナチェアって好きですか? (全然話は変わります。)


Knoll Storae青山店内の写真 ※許可もらってます
バルセロナチェア。格好良いですね。

憧れますよね、素敵ですよね。
ミースの代表作、そしてKnollを象徴するプロダクトでもあります。

ところで、Knollは"Knoll Kids Collection"ってシリーズがあるのご存知ですか?
Knollの名作を子供用に、つまり、サイズ縮小して子供に座りやすくしたラインなんです。そんなのがあるんですよ。


このキッズコレクションをお店に展示することはまずないのでここで紹介だけしちゃいます。


バルセロナチェアも子供サイズあるんですよ。
チャイルドバルセロナチェアって名前で。なんか可愛い感じそうじゃないですか?うちの子供に・・・とか考えちゃう人もいるんじゃないかなと。


これがですね、金額がですね、


これなんですよ。

¥810,000(税別)


右のVはさらに高価な革なので気にしないでください
そうです、81万円。

ん?81万円!?

はちじゅういちまん!!?

驚きの価格。


なぜこんなに驚いているかというと、通常サイズのバルセロナチェアが¥760,000(税別)なんです。
つまり小さいのに大人サイズより高価!


まあ冷静に考えると特注価格ってことなんでしょうけど、それだったら通常サイズのバルセロナのほうが・・・

とか私が思っているだけで、世の中には自分の子供ためにこういった家具を与える親がいるってことでしょう。
大人サイズ、子供サイズと並べたら素敵でしょうし。


もしくはコントラクト向けかも。ディスプレイとか。


子供が大きくなる間しか楽しめませんが、それでも欲しいという人はいつでも歓迎しますよ!


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月22日月曜日

映画で使われている椅子 2015/6/22

今日はこんな話題です。


2009年のcasa BRUTUS特別編 超・椅子大全!って号の直撮りです。

”映画だって椅子のキャラで決まる(はずです)”って見出しが書いてある通り、いろんな映画に登場する椅子たちを紹介するページですね。

この、「映画に登場する椅子(家具)ネタ」は定番ですが面白いです。
見ている映画に自分の好きな家具が登場するとニンマリするものでしょう。
映画じゃなくてもCMとか漫画とかでもいろんなコンテンツがあるでしょうね。
ほかにもミュージックPVとか、ポスターとか、いろいろ。


メン・イン・ブラックだと最初の試験の時にボールチェアに座っているシーンもあった気がします。

それでこれあれですね、映画の年代と椅子の年代で考えると、メン・イン・ブラックは映画のイメージ合わせて椅子をチョイスしたんでしょう。でも、ラ・ミゼラブルは当時の最新の椅子ってことになりますよね。
現代からしてみると過去の名作ですが、映画公開当時は最新の椅子。

古い映画とかだと当たり前のように名作家具が出てくるのはこだわっているというより、当時、普通に流通している最新の家具だからってこともあるかもしれませんね。


バルセロナチェアなんかはいろんな場所で使われているでしょう。

ここで紹介されているよりもっとずっといっぱいあると思うので映画などを見るときは家具も見てみてください。
素敵な発見があるかもしれませんよ。


私の映画知識は2006年ぐらいで止まっているので最近のことはわかりません。
テレビも10年ぐらい見ていないのでCMとかドラマとかも分かりません。

なので「こんなので使われているんですよ!」って紹介できません、すいません。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月21日日曜日

通称リキトレイ 2015/6/21

昨日インスタグラムの話題が出たので、相当ぶりに私個人のインスタグラムを起動してみたんですけど、よくシステムがわかりませんでした。システムというか見かたがわからないというか。
うーん、ちょっと勉強します。


さて、雑談ですが、お店で使っているレジでお金を乗せるのに使っているトレイの話です。


これを使っています。
渡辺 力 さんのUni Trayです。ユニトレイ。

これを見て何の変哲もないトレイに見えるかもしれませんね。
でもよーく見てください。ユニトレイはこの何とも言えない絶妙なカーブが格好良いです。
ステンレスを使用しており、高級感もあります。シンプルなトレイなのに力さんの力を感じますよね。

お金の受け皿としてはど定番ですが、ご存じない人はこんなプロダクトもありますよって参考にしてください。

すごく手に馴染み使いやすく、重ねて仕様もできる便利なトレイですよ。


まあ今お店で展示して販売してないんですけどね。
デザインセンタービルの地下のお店に居た時はよく売れていました。


久々にやってみましょうか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月20日土曜日

case study shopのinstagramが始まりました 2015/6/20

 
instagramでcase study shopとcover it Allのアカウント作ったらどうですか?って提案したら早速つくられていました。
 
case study shopのほう https://instagram.com/case_study_shop/
cover it Allのほう     https://instagram.com/cover_it_all/
 
やっているのは目黒の社長さんです。
やり始めですのでフォロワーもさっぱりですが、これから増えていって公式として情報公開していくと思います。
 
instagramの活用は海外への情報発信に良いんじゃないかと思ってです。
幸い目黒の社長さんはアメリカ暮らしをしていたことがあるので英語ペラペラです。英語での文章が中心になるでしょう。
 
それとCover-it-AllのHPは完成ではありません。内容は仮だと思ってください。
説明文も何もかも変更予定なのでご注意ください。気になる部分があります。
 
そんなわけで興味あったらフォローしてみてください。
 
 
こっからは最近ここ名古屋のうちのお店を知った人のために説明。
 
 
うちはcase study shopって店名ですが、この名前、私は借りているだけです。
この名古屋のお店は私自身が開業したお店ですし、営業も何もかも私一人でやっているのです。何の指示も干渉も属するものもありません。
お店を開業するにあたって、まーいろいろ訳があって名前だけは以前に勤めていたインテリアショップを経営する㈱マシン・エイジの社長から借りました。既存の名前を使ったら楽だからとかそんな理由じゃありません。もっと深ーい事情があるんです。
㈱マシン・エイジの社長というのはさっきから出ている目黒店にいる人です。つまり、その人は私の元社長ということになります。
今は私も個人事業主なので、目黒の社長とは、そうですね、仕事仲間ってニュアンスが近いですね。
 
それでここはcase study shop NAGOYAって名前なんです。
だから目黒店に行っても、うちとまったく取り扱いが違うんです。だって別物ですもの。
 
しかし、このcaseの名前を使って好き勝手するのはおかしいです。
case study shopの商標は目黒の社長さんが持っていますし。それにブランドのイメージを下げるようなことをするのもダメです。caseの名前でまがい物を販売したり、安価なおもちゃみたいなものを販売したりとか。
だから、今回のinstagramも「case study shop」”自体”の、ってアカウントを作る場合は目黒の社長になります。そこは私もわきまえています。だから提案だけ。
 
もし私がinstagramをやるならcase study shop NAGOYAのアカウントを作るってことになります。
いまのところそこまでやれないので予定はありません。
 
なんか後半どうでもいいかもしれませんが、また明日。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月19日金曜日

レムノス製品の一部価格改定 2015/6/19

ちょっとこの情報は告知が遅いんですけど、価格改定の情報です。


Lemnos(タカタレムノス)製品が一部値上げされます!7月10日から新価格となりますのでご注意ください!


ってことなんですけど、これ他の代理店からの案内で私も知りました。

これでも私はタカタレムノスと直接取引しているんですよ。でも案内来てないんですよね。そういえば以前から新カタログの送付もされていませんし、そもそもなにもお知らせがうちに入らない気がします。
・・・まあいいか、情報はHPで見ればいいし。特に困りません。


何が値上がりするかは公式のこのページを見てもらえば一覧になっています。
http://www.lemnos.jp/documents/wp-content/uploads/2015/lemnos_pricelist_20150609.pdf

そしてうちとしては重要なのが渡辺 力 さんの商品です。
価格改定されてしまうものがあります。


まず「銅の時計」です。商品の説明→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2013/09/2013922.html

価格は¥15,000(税別)→¥18,000(税別)になります。


そして日比谷の時計のアルミニウムのほうです。商品の説明→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/05/2015530.html

アルミニウムの方は写真↑の大きいほうですけど、そっちだけ¥10,000(税別)→¥12,000(税別)になります。小さいほうのスチールは据え置きですぜ。

渡辺力さん関係だとあと、

RIKIアラームクロック      ¥5,800(税別) → ¥6,800(税別)
八角の時計                     ¥12,000(税別) → ¥15,000(税別)
小さな時計(銅Verのみ) ¥12,000(税別) → ¥15,000(税別)

てな感じです。

それ以外のリキクロックはお値段据え置きです。


欲しかったね。って人は7/10までにどうぞどうぞ。


最初に情報が来ないとかちょっと不安なこと書きましたけど、ちゃんと私はタカタレムノスに発注して物を用意できますので大丈夫ですよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月18日木曜日

モンドリアンラグの元ネタ 2015/6/18

書籍 MID-CENTURY MODERN FURNITUR OF THE 1950s BY CARA GREENBERG 直撮り
かつてからcase study shopオリジナルラグと売っているモンドリアンラグの元ネタですね。
当時のことは知りませんが、このラグを参考にして作ったんじゃないでしょうか。予想です。

キャプションには「the geometric rug is French」って書いてあります。
ヴィンテージでこんなラグがあったっていうことでしょうね。良い柄です。


余談ですが、この写真に写っているハリー・ベルトイアの家具、ラージダイヤモンドチェアとバードハイバックチェア、それとオットマンは現行新品でも購入ができます。
一時日本では販売されていませんでしたね、バードの方は。ラージはちょっと覚えていません。
ある時までは日本でKnoll製品は日本は日本で製造されたので、現在と状況が違います。

パッと見ただけでこのダイヤモンドがどうしてラージか、つまり大きいほうのダイヤモンドと判断できるかですが、簡単です。脚と座面の接合部に黒いマウントが付いているからですよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月17日水曜日

生まれ年のシェルチェア 2015/6/17

 
そういえばこの間、自分が生まれた年だから!ということでヴィンテージのシェルチェアを購入していただきました。
そういうの良いですよね。好きなカラーで探すのも良いですけど、生まれ年ってのも愛着が湧きそうです。
 
しかし、ヴィンテージのシェルチェアは大抵製造年月日は裏に書いてありませんので細かく判別が不可能です。
ある場合は↑写真のようにスタンプが押してあったりします。
 
さすがに月日まで自分の誕生日までそろえるのは至難でしょうが、年ぐらいなら見つかるかもしれません。
 
そんな風にヴィンテージのシェルチェアを探してみるのはいかがでしょうか。
 
 
ちなみに上の写真、スタンプが 50 5 26 となっています。これ、昭和50年5月26日です。
日本製のシェルチェアは西暦じゃなくて和暦で書いてあったりします。
日本製でも西暦の場合があるので一概には言えませんよ。
 
もしかしてこのブログを見ている人の中で昭和50年5月26日生まれの人がいるかもしれませんね。
 
そういう出会いが大切ですよ。ヴィンテージ品は。
 
 
家具は出会いってよく言いますし。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月16日火曜日

72サイドチェア黒塗装 2015/6/16

イームズ"サイドシェル"のヴィンテージ品を買おうと思っている人、ちょっと待ってください。
7月に「これは!」っていうのを販売する予定なので、せめてそれ見てから判断してほしいです。
うまくいけばすごいものをお見せできそうです。
店頭では別にその情報を隠していないので何を用意するかお話できますよ。

あ、別に安いとかセール価格とかそんな類じゃありません。価格の価値はある!ってものです。


さて、ふと思い立って外で家具の写真撮影をしました。
ほら、うちって狭い乱雑な店内でいつも無理くり写真撮影しているじゃないですか。
せっかく良い家具なのにあんまり良いものに見えない。照明の関係で暗いし青っぽく映るし。


手で持てるサイズならってことでこれにしてみました。
72サイドチェアのハリス・ツイードVer.。これ→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/05/201555.html


脚の裏に保護シール貼ってますよ
なんかファッション雑誌のスナップみたい。
けっこう気に入ったのでこれからも外で撮影していこうと思いますね。
天然の照明は生地本来の色味がよくわかります。

本当は道路の真ん中に置いて撮りたいところなんですけど、たぶんダメですよね。それやると。
というかこの路上もダメなんでしょうか。本格的な撮影じゃなければあまり細かいことは言われないと思いますけども。


それでこの特注72サイドチェアですが、おかげさまで71アームチェア含めてぽつぽつ注文を貰えます。ありがたいかぎりです。
受注生産にしているので、オーダーを貰ったらその都度に作っています。


お店に置いてあるのはクロームベースのままなんですけど、受注の多くはブラックベースが欲しいって要望なんです。


そんなわけでフレームを黒塗装もできます。
いつも作って客先直送にしているので撮影するタイミングがありません。なので、この写真、目黒から写真を貰いました。客注分。

焼付塗装ですので、72オリジナルと同じ感じになります。


もちろん黒塗装は別途追加料金を頂きます。今のところは+¥6,000(税別)でやりますね。いつでも価格は変わる可能性があります。

注意点は、脚の先のグライズは塗装されません。
このパーツは外すことが出来ないので、その部分だけマスキングして塗装します。
このグライズは可動式なので、その可動部分を綺麗に塗装しづらいのと、プラスチックのパーツ部分を塗装できないという二つの問題があるのです。

イームズのメタルグライズのエッフェルベースも黒塗装でもグライズはジンクじゃないですか。そんなイメージです。

椅子を探している人が参考にしてください。
座り心地もすごく良いですし、なによりこのデザインは格好良い!


難点は椅子が重いってことでしょうか。

それだけしっかりしているってことです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月15日月曜日

カバーは予価も予価です。 2015/6/15

この間の更新とかぶるんですけど、今月のCASA BRUTUS No.184にCover-it-All Ⅱが載っています。やっと読めました。
 
こっちの方が詳細に載せていますし、何よりCASAですからね、家具インテリア好きは読む雑誌でしょう。
アームシェル用のカバーの価格も予価で¥48,000(税別)となっています。
もうこれは予価も予価。予価中の予価です。実際には全くどうなるのか私も分かりません。
 
そもそも当たり前のように”Ⅱ”っていう情報が載っていて、今まで散々出してきたウレタンが入ったカバーはどうなったのかって話ですよね。
あっちはですね、今現在も量産できる代物じゃありません。難しすぎる。
今後、実際に販売していくのはこのウェットスーツ素材を使った"Ⅱ"の方にするそうなんです。
 
けど、私はウレタンが入ったカバーをすごく良いと思っているので、諦めていません。
 
これだけ情報を載せていますが、もちろん!まだ販売はしていません。うちのお店にはアームシェル用カバーのサンプルすらありません。
用意できません。情報だけです。
欲しい人はいまのところ相談とか、予約とか。予約って言っても販売できるようになったら連絡するぐらいです。
 
 
もうとにかく待っていてください。
いつか発売すると思います。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2015年6月14日日曜日

格好良いなって思った壁面 2015/6/14

これ、Knollショールームの壁面です。
青山のショールームによく行く人は見たことがあるかもしれませんね。
 
これですね、写真ではよくわからないと思うのですが、Knoll Textileを使用しているんです。
ブロックで分けたパーツに生地を張って縁を埋め込んでアトランダムなデザインにしています。
壁面がこれだったら格好良いですね。生地なので上品にも見えますし、遮音性もあります。
 
ただ布地を使うわけじゃなくて、それがKnollの生地ってのがよりポイント高いです。
実際こうしたいって思ったら、Knollは施工してくれます。依頼してみてください。
金額はまあお察しです。安い訳がない。
コントラクトが多いそうですよ、この施工。
 
興味出たらやってみてください。
 
 
あ、そうそう、”コントラクト”って言葉なんですけど、馴染みのない人のためにちゃんと説明します。
 
コントラクトっていうと、法人相手の販売って意味とかなんかそんなような意味合いで使っています。コントラクト販売とかコントラクト対応とか。ただコントラクトって言ったり。
 
でも実際のコントラクトの意味は”契約”ですので、少し違ったニュアンスですね。
 
私もよく「コントラクトで~」とか使います。
コントラクトでって聞いたら、ああ、会社とか事務所とかの設備や備品として販売するのかぐらいに思ってもらえれば良いと思いますよ。

こんな使い方するのはこの業界だけなんでしょうか。他のことは知りません。
全てじゃないと思うのでふーん程度に思ってください。

case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950