ブログ

2016年1月31日日曜日

Knollの価格とか仕様とか 2016/1/31

一月も終わりですね。
無事に月末を迎えられてよかったです。ありがとうございます。
出足は好調でした。これで一年頑張れます。


いきなりですけどKnoll良いですよね、Knoll。
いまはカタカナ表記では「ノル」って呼んでます。ちょっと前までは「ノール」って言ってましたけど。

以前よりそのKnollに関する話を貰うようになりました。
うちでやってますってことが少しづつ定着しつつあるんでしょうか。
それに伴って今年はより多くの売り上げがあると嬉しいです。


そのKnollに関しては、ラインナップとか値段とかわからないけどどこで確認するの?って質問が多いです。

どこを見ればいいかと言うと、日本のKnollのHPにカタログが掲載されています。

ここからダウンロードしてください→ http://team-net.co.jp/price-list/

Knoll以外にもFK colletionやZoom by Mobimexなどありますが、別メーカーです。

カタログ見てもらえばわかると思うのですが、Knollは本当に名作揃いです。
名作しかないぐらい名作ばかり。

ミースやサーリネンやノグチがとくに有名で好まれると思うのですが、私はフローレンス・ノルのデザインが大好きなんですよ。
彼女の家具はKnollを体現したまさにモダン家具といった印象を受けます。


Team netのHPから拝借しました
セッティはデザイン的に優れていますし。

Knoll米国のHPから勝手に拝借しました
クレデンザはとにかく最高です。
洗練された高級家具とはこれらのことを指すといっても過言じゃないと思います。
いつかこういった家具を集めた上質な空間を作りたいものです。
そんな仕事が来るように頑張ります。やり続けていればそのうち・・・!


Knoll製品が欲しいなって思っている人はカタログとか見て考えてみてください。
詳しい話とかはもちろん私に聞いてくださいね。


そんな話で日曜日は終わりです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月30日土曜日

イームズソフトパッドグループ エグゼクティブチェアも良いです 2016/1/30

電話なんですけど、もっと長くコールしてもらって良いですか?
電話が鳴った時に離れた場所にいると、結局間に合わないってことがたまにあります。
せっかく電話してもらったのに申し訳ないですからね。

そんな今日は紹介だけ。


イームズのソフトパッドグループですが、エグゼクティブチェアという、ご覧の通りのハイバックタイプがあります。

通常の背もたれの高さのマネージメントチェアについてはこちら→  http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/01/2016118.html

マネージメントチェアに比べてお高くなってこうなります。

Herman MillerEames Soft Pad Group Chair
Executive Chair ¥355,000(税別~) ※革だと+¥69,000(税別)~、ファブリックだと+¥8,000(税別)~
size H965~1040 W585 D615 SH460~535mm

¥58,000ぐらい背もたれが高くなったので代ですね。

それ以外の部分にマネージメントと違いはありません。


なんでしょうか、名前の通りエグゼクティブな感じを出したい場合はこちらの方が良いと思います。
たくさん並べるのはマネージメントチェアで、代表者の椅子はこれにするとか。そしたら贅沢感が出ます。

背もたれがあれば首や腰が楽になるかと言うと、そういった類のためではありません。私が思うに。
背もたれがあると気分が良いって感じです。

そうはいっても背もたれのモコモコッってした部分がフカフカッってして、なんとなく背中周りが心地よいです。

このエグゼクティブチェアに関しては、キャスターなしのラウンジチェアタイプがものすごく格好良いですよ。
オットマンもありますし。


イームズのソフトパッドでエグゼクティブな体験をしたいんだって人はどうですか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月29日金曜日

全国インテリアショップガイド 2016-2017 2016/1/29

またこの時期がやってきました。
全国インテリアショップガイド2016-2017が発売します。
明日1/30より。¥1,435(税別)。
 
 
早いものですね。
 
読んでみましたが名古屋市はあんまり変わってないですね。
逆に郊外にはショップが増えているみたいです。
 
街に特色のあるショップやこだわった空間や場が少ないのはなんだか寂しいものです。
 
私一人の力なんぞ些細なものでしょうが、いまよりもっと魅力のある街になるよう頑張っていきます。そこからもっと広がっていけたら。
 
 
そして私の目標は今のこのお店を作ったことで終わりじゃないんです。まだ始まり。
もっともっと先のことを達成できるように拙いながらも日々やっています。
 
いつか皆さんに喜んでもらえたら。
 
そのために自分の人生をかけてやっていますのでこれからもよろしくお願いしますね。
 
 
あ、この本、うちでも少ないですが置いておきますので、欲しい人は買えます。
まあ全国の書店で買えますんで、普通はそっちでみなさん買うと思いますけどね。
 
別に気にせず好きなところで買ってください。
 
 

case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月28日木曜日

ティモールの入荷遅れます 2016/1/28

そろそろ確定申告に向けて動かないといけませんね。まだなにもやっていないです。
でも私は日々の記帳は毎日やっていますので、貯まった領収書でてんやわんやってことにはなりません。
 
 
さて、昨年の10月末にお知らせしたティモールのグリーンとブラウンが限定で復刻販売されるって件ですが、
 
 
 
ですが、入荷が遅れておりまして、3月になりそうってことらしいです。
 
ありがたいことにグリーンは予約者が何名もいらっしゃるのですが、その人たちはこのブログをおそらくご覧いただいているだろう!ってことで、把握お願いしますね。
 
 
それと、こうやって更新したのは、この情報を知らない人たちのためです。
まだグリーンは確保したものに空きがあるので、これから欲しい人もウェルカムです。
 
 
それと、せっかく以前から早めに予約してくれるわけですから、購入希望予約者には、入荷して販売時に何かしらサービスしますね。早め特典です。
入荷してからお店に展示販売を始めてからは特にサービスはありません。
 
 
それにしても、私の予想よりグリーンのティモールを欲しい人がいらっしゃいました。
やっぱりグリーンってのは希少で人気のあるカラーってことでしょう。
 
今回の再販分ですが、そんなに数はないです。
だいたい50個ぐらいらしいです。予定。
多いととらえるか少ないととらえるか人それぞれなのかもしれませんが、考えてみてください。
50個ってことは、大体1都道府県に1個って計算です。日本は47都道府県ですから。
そりゃ1都道府県に1人位は欲しい人がいるでしょうから、そう考えると少ないと思います。
 
 
私も自分用にとか考えてたり考えなかったり。
 
そうやっていつも全部売り切っちゃうんでしょうけど。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2016年1月27日水曜日

ハングイットオールのウォールナット再入荷しました 2016/1/27

さりげなくHPを小さくリニューアル予定です。いま裏では作業中です。
そのリニューアルする一つの理由に、うちが何を扱って何を販売して何を出来るのかがわかりづらい。ということがあります。
相当うちのブログを読んでもらっている人はご存知かもしれませんが、新規の人には得体のしれないお店ですもんね。わかりやすくします。
 
 
さて、しばらく欠品中だったウォールナットのHang-it-Allを再入荷しました。
 
 
昨年11月の新発売からかなりの売れっぷりでジャパンの国内在庫も無くなってうちも展示品まで全部売り切っていたのですが、やっとの再入荷です。
 
やっぱり良いですね、ウォールナット。
値段は通常の¥25,000(税別)に比べて¥38,000(税別)とお高くなるのですが、その価値はありますよ。
 
大げさに言うと、今までこんなにハングイットオールを販売することはないってぐらい売れてくれたんですが、オーナメントが手に入ったから売れてた可能性があるといえばあるというか、あるといえばあるといえばなのですが、これからはこのウォールナット単体の魅力で買ってもらえると良いですね。
 
本来家具はそのモノ自体の魅力で手に入れるものですから。
 
 
とりあえずオーナメントがあった記憶は消してください。



ちなみにハングイットオールは価格改定しませんので、1/30以降も同じ価格です。


と、今日も価格改定のお知らせをさらっと絡めました。
これ http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/01/2016-2016115.html


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月26日火曜日

ESUとかもいまのうちでしょうか 2016/1/26

今日は少し久しぶりにエンベロップデスクの説明をしに行っていました。
ちょっと時間が空いただけで、「あれ?これってどうだっけ?」ってなってしまったので、やっぱり日々なんでも目を通して復習しておかないとだめですね。
 
 
その時についでにこの光景を見て、やっぱりこの組み合わせは格好良いなって思いました。
 
 
一度はこうしたいですよね。
 
イームズデスクユニットに合わせて(見づらいですけど)ソフトパッドグループチェアにストレージユニットの4段。
クラシックで最高です。まさにアメリカンミッドセンチュリーと言えましょう。
 
 
価格改定で値上りが気になるものはイームズのストレージユニットもですね。
 
 
とくにイームズデスクユニット(EDU20)やイームズストレージユニット4段2列(ESU420)なんかは、もともとの価格が価格なので、消費税後も考えると値上がり後と今とでは数万円の差になったりする場合があります。 ※デスクはユーズド品があります。
 
写真の組み合わせにしませんか?
ご自分の部屋や事務所など。
満足度が半端ないですよ。
 
 
と、価格改定の情報の話題に絡めました。
 
現行価格でオーダーできるのは今日を除けばあと二日なので、悩んでいる人は相談だけでもしてみてください。
 
私にですよ。
 
 
case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2016年1月24日日曜日

ブラック&ホワイトキャンペーン特別賞の写真 2016/1/24

ハーマンミラージャパンで、ブラック&ホワイトキャンペーンって企画があったの覚えていますか?
というか知っていますか?

これです。http://ww2.hermanmiller.co.jp/bw/

もうとっくに終了っているのですが、どんな内容だったかはURLを見てください。

実はこの企画、うちのって言うのもおこがましい気がするんですが、とにかくうちのお客さんが特別賞を貰っているんです。

それが先日も紹介した静岡県のAさんです。
その先日の更新で、http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/01/blog-post.html ←これ、ブラックのハングイットオールについてストーリーがあるって書きましたよね。

このハングイットオールのブラックこそ、特別賞を貰ったことによりハーマンミラージャパンから贈呈されたものです。

そもそも”特別賞”って概念は企画にはないのですが、写真がUSのハーマンミラーのインスタグラムで紹介されたり、あっちで人気があったから特別にってことで受賞されました。


インスタグラムをやっていない人にとってはまったく見る機会がない写真なので、せっかくなのでここで紹介しますね。許可貰いましたし。


それがこの写真です。


良い写真ですよね。


穏やかな気持ちになったところで今週も頑張りましょうね。
では。

case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月23日土曜日

消費税を考えると 2016/1/23

昨日消費税が10%になったら、って書いたので、いま消費税ってどうなっているんだろう?と思いネットでニュースを調べてみたら、タイムリーにも、今日、来年10%にするのは確実。って発表がありました。

へー、そうなんですか。

ハーマンミラーに限らず、値上げする製品に関してはここら辺も考えたほうが良さそうですね。


例えばイームズラウンジチェア&オットマンの場合。


特別セットのブラックレザーにウォールナットだとラウンジチェア&オットマンで¥¥582,000(税別)です。今は。

ハーマンミラー価格改定表を見ると、新価格は¥592,000(税別)です。

差額は¥10,000。

値上がりっていっても、そこまで深刻な感じじゃない気がします。

でも消費税が10%になると、現在の8%より2%上がりますので、¥592,000×0.02=¥11,840の違いがあります。消費税が10%になっているということは新価格になっているわけでですから。

足すと、¥10,000+¥11,840=¥21,840です。

いまより¥21,840髙くなります。

ちょっと気になる価格差じゃないでしょうか?
つまり、消費税の増税を考えると、これだけ現在と違いがある訳です。

ESUも値上がりするので、消費税を考えると数万円の違いになります。
数十万円する家具で値上りするものは全部この考えですね。

まとめて家具を買う人なんかも当てはまるので、ある程度予算のある買い物をしようとしている人はここまで考えてみると良いのかもしれません。

でも人によっては別に大した違いないしって思うかもしれませんね。


しかし可能性として、

・来年初めにハーマンミラー製品が値下げする
・消費税が10%にならなかった

ってことが無い訳ではないので、仮にそうならなくても勘弁してください。


可能性というと、来年のこの時期にまたハーマンミラーが値上げすることもあるかもしれませんね。
そしたらもっと価格の開きがあります。

あるのかないのかはその時の状況次第。


あんまりこういった消費税の話とか、買わないといけない的な話は苦手なのですが、気づいていない人のために書きました。


一人でも「教えてくれてありがとう」って思ってくれたらそれで良いです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月22日金曜日

ネルソンのベンチが値上りする前にメタルベースの話 2016/1/22

うちで「ハーマンミラー製品の値上げ前に前々から欲しかったあれを買っておかないと!」需要で一番あるのがネルソンのプラットフォームベンチです。今のところ。

なにせ2万円のアップですからね。
欲しいな、いつ買おうかな。って考えていた人にはまさになタイミングでしょう。
来年消費税が増税されたとするとさらに2%も違いますからね。増税されるのかされないのか知りませんけど。


だいたいこのブラックのウッドベースが定番ですし、むしろこの存在しか知らない人もわりといらっしゃるんじゃないかと思われます。

余談ですが、このブラックベースをエボニーってハーマンミラーは書いていますが、エボニー”カラー”なのでメープルにブラックの着色です。
黒のスチールとかじゃないです。だから”ウッドベース”なんですよ。


それでこのウッドベース以外に、2010年からメタルレッグという仕様が選択できるようになっています。

そういえばメタルベースのことをブログでちゃんと書いていないことに気づきました。
ブログの過去を検索しても出てこなかったです。
それに、展示したこともなかったので。
だから今日書きます。この機会に。

Herman Miller JapanのHPから拝借しています
メタルベースはこんな仕様で、ご覧のとおりベースのウッド部分が金属になっています。
折り畳み式ではなく、ネジ止めして固定します。
でもネジを外したら折りたためます。

最初、納品されたときはベースがたたまれているんですよ。


このメタルなベースは、過去にごく短期間だけ製造販売された珍しい仕様なんです。
だから、ヴィンテージだと、かなりーのレアっぷりを発揮する仕様です。
ほぼ見ない。


それからそれから、メタルベースはウッドベースよりお高くなります。

Herman Miller
Nelson Platform Bench
※ウッドレッグの場合
size W1220mm H356 D470mm ¥129,000(税別)
        W1525mm H356 D470mm ¥142,000(税別)
        W1830mm H356 D470mm ¥156,000(税別) 
 
※メタルレッグの場合
size W1220mm H356 D470mm ¥143,000(税別)
        W1525mm H356 D470mm ¥155,000(税別)
        W1830mm H356 D470mm ¥168,000(税別) 

けっこう違いますよね。
メタルレッグは全て受注生産です。ウッドレッグは1525mm以上は受注生産です。


これが1/29以降はこうなります。

Herman Miller
Nelson Platform Bench
※ウッドレッグの場合
size W1220mm H356 D470mm ¥129,000(税別) → ¥149,000(税別)
        W1525mm H356 D470mm ¥142,000(税別) → ¥165,000(税別)
        W1830mm H356 D470mm ¥156,000(税別)  →   ¥183,000(税別)
 
※メタルレッグの場合
size W1220mm H356 D470mm ¥143,000(税別) → ¥163,000(税別)
        W1525mm H356 D470mm ¥155,000(税別) → ¥178,000(税別)
        W1830mm H356 D470mm ¥168,000(税別)   → ¥195,000(税別)

なんてこったい。
そしてわかりやすい。


だからメタルベースは玄人向け?でしょうか。

しかし好みでベースを選ぶのが良いので、別にメタルベースを手に入れたからといっても格上とかそんな概念はありませんよ。

結局は選択肢の一つにすぎません。


ベンチ欲しいな、どうしようかな、と悩んでいる人は私に相談してみてください。
よし!買おう!って人も、とりあえず私に相談してみてください。
面倒だと思いますけど、ちゃんといろんな提案しますので。


ちなみに、
もちろんHerman Miller JapanのHPから拝借しています
これもHerman Miller JapanのHPから拝借しています
ここらへんのネルソンベーシックキャビネットシリーズの価格は変わらないそうです。

良かったですね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

2016年1月21日木曜日

ハーマンミラー製品価格改定の補足 2016/1/21

ハーマンミラーの価格改定まであと1週間ぐらいですね。
早いもんですよ。
 
 
その価格改定にハーマンミラージャパンから補足の連絡があったのでお伝えします。
 
というのも、私自身もその部分をよく見れていなかったので、ブログをご覧のみなさんも多分よく見ていないんじゃないかと、それと、見ていてもそれがなにを示すのかわからないこともあるかなと思いまして・・・
 
 
それがこの部分です。
 
メールに添付されていた画像をまま利用しています。
黄色になっている部分なんですけど、これはシェル部分のカラーを指しています。
 
111はパーチメント
114はレッドオレンジ
115はレモンイエロー
 
今までに無いことですが、つまりこの3色を選択すると、追加料金が発生するということです。
価格改定後は。
 
例えば、DFSRはサイドシェルのエッフェルベースをを示す品番でして、価格は”変更なし”なので値上りしないんだってなるじゃないですか、でもシェルの色をレッドオレンジにしたら、¥58,000+¥6,000=¥64,000(税別)になる訳です。値上りだ。
 
DFSWのベースがウッドベースになるものはさらにですよ、通常で¥6,000の値上がりなので、パーチメントを選択すると合計で¥12,000のアップです。これは違いがありますね。
 
この3色以外は追加料金は発生しません。
 
 
それで、ファイバーグラスシェルチェアのパーチメントは現在注文できるようになっています!
 
現行価格の今のうちに注文をしてもらえれば値上げ前なので、納品は後日になりますが価格は据え置きです。
 
しかしイエローは諦めてください。相変わらず停止中です。
 
 
改定前に欲しいなって人はどうぞ。
 
そしたら嬉しいです。
 

case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月20日水曜日

お部屋紹介⑧の納品紹介 2016/1/20


電力自由化とか始まったんですね。電気料金の明細と一緒に通知が入っていて知りました。
世の中変わっていくものですね。
 
 
はい、今日は納品の紹介です。
お部屋紹介⑧のAさんより購入していただいたものの写真を頂きました!
 
 
 
こちらです。
というかどれでしょう!
 
 
正解はこちらです↓
 
 
点灯。
 
この照明です!
 
ESUの上のある緑のランプですよ、わかりますよね。
 
それにしてもプルーヴェのアントニーは良い椅子です。
手に入れておけば良かったと後悔しきりです。 ※すでに廃盤です。
 
 
それでこのランプはアントニーと同じくジャン・プルーヴェが1930年にデザインした照明です。
それの正規復刻品ですね。
VitraとG-Star-RAWのコラボレーション第2弾の一つです。
 
 

Aさんはインダストリアルグリーンをチョイスされていまして、これがかなりのプルーヴェっぽさを表していますよね。
デザインともども味わい深くて素敵です。
ESUの上はなかなかに良い組み合わせですよね。


左隅に贅沢な使い方をしているブラックのハングイットオールがありますが、もちろんHerman Miller製です。
このブラックにはストーリーがあるのですが、それについてはまた後日書きますね。


保存用にこちらで撮影もしておきました。
Vitra製品は検品必須ですから。

スチールを曲げた作りになっていまして、それがまたプルーヴェ!って感じで格好良いんですよ。
隠れた名品です。

プルーヴェの照明を選択するこだわりが目覚ましいですね。
Aさんありがとうございます!

Aさんのインスタグラム→ https://instagram.com/un_doyou_ji/


ちなみに、G-Star-RAWはオランダのファッションブランドです。
マーク・ニューソンのデザインした服がラインナップにあるのが珍しいですよ。

私の何本かデニムを持っていたりします。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950


2016年1月19日火曜日

ジラードのコーヒーテーブル 2016/1/19

今日このKnoll製品についてのブログを書いていたら日本のKnollの人がお店にみえてひそかに驚きました。なんたる偶然。


さて、アレキサンダー・ジラードが何かとちょっと前から話題になっています。よね。
ジラードっていうとハーマンミラーとか、マハラムってイメージが強いと思います。
それはそうですよね。

でもでも実は、そのジラードさんの家具を現行製造販売しているメーカーが他にもあるんです。
これ知らない人は多いんじゃないかと思います。

そのメーカーはKnollです。ノル。



Knoll Store青山店内の写真 自分で撮ったやつ
このコーヒーテーブルは1948年にジラードによってデザインされました。これが現在も新品で購入できます。


Knoll
Girard Coffee Table
¥239,000(税別) ~ ¥284,000(税別) ※木によって価格が変わります。
size W1499 D660 H406mm


ジラード抜きにしてもこのデザインはなかなかに格好良いですよね。
これはコーヒーテーブルを探している人には良い情報でしょう。

それに、言い方はなんですが、Knollにしてはかなりお値打ちな価格設定です。
このぐらいの価格でしたら、数ある有名どころのコーヒーテーブルと並んで考えることが出来ますよね。

ジラードの家具を好んでレイアウトするってのはセンスあるので、これぞ!ってコーヒーテーブルを探している人はこれどうですか。


実物見て買いたい人は青山に行ってください。


実物見なくても買いたい!って人は歓迎です。
写真はいろんな角度から持ってますし、私がテーブルのいろんな話をしますんで。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月18日月曜日

ソフトパッドグループチェアは良い椅子です 2016/1/18

ソフトパッドグループチェアもありますよ。
うちにじゃないですけど。


アルミナムチェアと双璧をなすワークチェアといえばこのソフトパッドグループチェアですよね。
写真の仕様はマネージメントチェアです。

どうして双璧という表現を使ったかですが、クッション部分以外はアルミナムチェアと同じものを使っています。
デザインストーリーからいっても兄弟みたいなもんですしね。


Herman Miller
Eames Soft Pad Group Chair
Management Chair ¥297,000(税別~) ※革だと+¥65,000(税別)~
size H790~865 W585 D560 SH460~535mm


ただソフトパッドのほうが10万円以上お高いです。
工場に行って初めてわかったのですが、アルミナムより何倍も制作時間がかかるからですね。
クッション代が10万円なわけではないです。


ハイバックタイプ、キャスターなしタイプの4本脚、ラウンジチェアなど形も様々です。
オットマンもあります。

現行品のキャスターはご覧のとおり5本に分かれるタイプのみです。
4本に分かれているのは古い仕様ですね。


50年代当時からの作りをそのまま再現しているので、昇降は手動ですし、チルトの調整もアナログです。
その代り丈夫ですね。長く使えるのは違いないです。
あとリクライニングすると座面ごと持ちあがるので、その辺は最近のワークチェアに慣れると違和感を感じると思います。

でもそういうもんです。クラシックな製品ですから。


フッカフカなので、座り心地はかなりの良さです。
背骨の当たりも良いですね。

自分自身のデスクのために使うのも良いのですが、ミーティングルームとかにズラッと並べたら最高ですよ。

実際そんな風にしている所あるかって話ですが、あるんです。


あれはですね、2年以上前の話ですけど、とある有名企業の人がお店に見えて、自分の会社の会議室の椅子を買い換えようとしているけど、その際に、今の椅子って引き取ってもらえる?って相談があったことから始まったんです。

その後、その会社に直接お邪魔して会議室に案内されてびっくりです。6mはあろうかという巨大な特注のコントラクトテーブルの周りに革張りのソフトパッドが20脚以上並べられていたんです。壮観でした。
それにロビーから部署内からなにから全部が有名メーカーで、こんなに家具インテリアにお金をかける企業はあるんだなぁと感心したものです。

あ、おかげさまでこの話は全部うまくいきました。

そのソフトパッドがあの時のあれになっているのですが、覚えている人は覚えているでしょうね。
当時購入された人もブログをご覧でしょうから。
あれ、本当は私も一台残しておきたかったんですよ!


なんか全然話がそれたのですが、ソフトパッドグループチェア欲しい人はどうぞ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年1月17日日曜日

アーロンチェアをたくさん並べて 2016/1/17

今日は日曜日なんで雑談更新です。


サイズの違うアーロンチェアが並んでいるので、遠近法で大きさが違って見えるわけではありませんよ
働く場所がこんな風だと良いですよね。
従業員みんなアーロンチェア。みたいな。

この写真だとデスクがかなり事務事務してますけど、これが木製天板のテーブルとかだとかなりのモダンっぷりでおすすめです。

長時間座ると身体に負担がかかるので、それを軽減するためにも、働く人のために道具にお金をかけることはこれからはスタンダードになるかもしれません。

良い仕事をするためには良いパソコンが必要なように、椅子や机なども良い仕事をするために必要って考えです。

せっかく頑張って働く人が、長年の座り作業によって腰を壊したりして健康的な人生がおくれなくなったら悲しいですからね。

自分のためにも、そして働いてくれる人たちのためにも、良い環境は必要です。


と思うだけなので、押し付けはしませんよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950