ブログ

2016年6月30日木曜日

パワーズオブテンの話 2016/6/30

マハラムで張り替えたシェルチェアを作りたい。いっそのことマハラム生地でマルチ柄やハーレクインのシェルチェアを作ってみたい。
なんことを考えながら6月が終わります。今月もありがとうございました。


話全然かわるんですけど、チャールズ・イームズさんといえばデザイナーであり建築家であり映像作家として知られていますよね。
その映像作家の部分について。



イームズさんの一番有名な映像作品といったらこれですよね。
「POWERS OF TEN」 (パワーズオブテン)
1977年の作品です。
eames oficceの公式で公開されているものなので貼りました。公式のなら良いのでは?


Powers of tenは”10のべき乗”という意味です。
宇宙の果てからミクロまで。が映像とされています。

この年代に超画期的な作品です。CGもないですしね。

このアイデア自体はCosmic View(コズミック・ヴュー)という本をヒントにしているそうですよ。こちらは1957年に発行されました。
その本を見たらわかるのですが、ヒントというか、その本そのままです。それを映像化している感じです。そこにPwores of Tenというアイデアが斬新です。

音楽はいつものエルマー・バーンスタインさんですよ。

1968年に白黒のパイロット版も存在します。


 こういった活動をしていることも彼の魅力ですね。


ところで、


名古屋市科学館にはそのパワーズオブテンを題材にした展示があるそうです。
http://www.ncsm.city.nagoya.jp/cgi-bin/visit/exhibition_guide/exhibit.cgi?id=A516

行ったこと無いのでどんなのかわかりません。すいませんなんか。

興味があれば行ってみるといいんじゃないでしょうか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月29日水曜日

Knollのビジュアルブックの話 2016/6/29

Knollのビジュアルブックを貰ったんでした。
しかも先々月ですし。



以下写真全て本の直撮り
格好良いんですよ。素敵なんですよ。
ちょっといくつか紹介します。






やっぱりKnollのプロダクトは良い。という感想です。
スタイリングの参考になりますよ。


・・・スタイリングの参考になるといっても、それを活かす仕事は今のところ別にないんですけどね。
あるといいな。


なんというか、こういうのを見て、「良い」と思えるかが大切だと思います。

みなさんがこういった空間を見るだけでも、上質なものがなんとなくでも伝わる気がしますので、それが家具インテリアに対する情熱に向かうんじゃないかと。

良い物を見ておけば、それが判断基準にもなりますよね。


だから、なるべく良い物を見ることをお勧めします。


何が良いか悪いか、そこは伝える側の仕事です。
良い良いって言ったって、なにがどう良いのか説明できないといけませんよね。


伝わりますか・・・?


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月28日火曜日

ハンフリーの話 2016/6/28

今日は涼しいですね。クーラー使いませんでした。


そんな今日はハンフリーについて書きます。
このあいだ展示を始めたコートハンガー(スタンド)のことです。

これについて他のバリエーションについて聞かれたりするのでまとめます。
あと少しだけストーリーも。


まずこれは2001年新生DANESEの時のカタログです。なぜか持ってます。


ここにハンフリーが載っています。
新生DANESE最初のプロダクトの一つなんですよ。
さっそくパオロ・リッツァートさんの本領発揮です。

でも脚元が先日お店に入荷したものと違いますよね。
三本脚になっています。

このハンフリーが最初のものなんですよ。
これが基本。



クワノトレーディングHPから拝借
いまも現行品が新品であります。
でも色と素材は変わっていますよ。

DANESE
HUMPHREY
クローム     ¥73,000(税別)
ホワイト/レッド ¥63,000(税別)
size φ550  H1760 mm


それで、これを元にして2003年に発売されたのがハンフリーベーシックです。


クワノトレーディングHPから拝借2
このあいだ展示を始めたこれですね
脚元が四角い台座になってます。
これによって価格がお値打ちになり、すっきりスマートなデザインになりました。
それでベーシック。

これが今となっては一番のスタンダードでです。
値段が良いのと、脚元がすっきりで並べやすく人の足をひっかけない。


それから2005年にですね、

クワノトレーディングHPから拝借3

ハンフリー・ベーシック・ポルタオンブレッリが発売となりました。
これはもう見てもらった通り、傘立てが付いています。
玄関用ですね。

DANESE
HUMPHREY BASIC PORTAMBRELLI
¥75,000(税別)
ライトグレー/ミディアムグレー/ブラック 
size W300 D300  H1760 mm


 と、ハンフリーで3バリエーションあります。

私はこのデザイン格好良いと思ってますよ。


なんか、参考になると良いですね。

興味があれば。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月27日月曜日

お部屋紹介(56) 2016/6/27

今日はお部屋紹介ですよ。


今回は、どちらか在住のAさんより頂きました。ありがとうございます!
完成品を持ち帰っていただいたので地域はわかりません。
配送するって伝えたんですけど、持って帰ることにバリューを感じるとのことでした。
なんかわかります。その気持ち。


それで頂いた写真がこちらです。
このラグをオーダーで作成して販売させていただきました。そのきっかけで写真を貰えましたよ。

お部屋の雰囲気にバッチリですよね。
最初は楕円のラグで柄物を考えていらっしゃたのですが、いろいろ相談をさせていただくうちに家具や部屋の感じを聞いていくうちに、差し出がましくも丸の方が良いかもしれませんね?柄物よりもグレー系の単色も良いかもしれませんね?なんて提案をしました。
後日それが気に入ってこの写真のラグになりました。

正解でしたね、すごく周りの家具と調和もとれて、互いの魅力がアップしました。


オーダーラグと言ってもなにも柄物だけじゃなく、単色も良いんですよ。糸自体はオリジナルの糸なのでただのグレーに見えて同じものは他ではありませんし、何よりグレー具合が絶妙です。

ところで気になるこのアルファベットのチェストですが、ノットアンティークスさんのABCチェストというものです。インパクトがすごいですし格好良いです。
トランクテーブルはティモシー・オルトロン・バイ・ハローさんのだと思います。
そこに籐のスツールが来ることにより、ブリティッシュともアジアンともつかない、Aさん独自の空間が出来上がっています。
不思議と一つ一つを気にいって買ったんだろうな。ということが伝わってきます。

もともとの家具のチョイスも良い中で、ラグがマッチしないと全体的にうまくいかないと思います。

ラグはお部屋の中で随分広い面積を占めますからね。
気が抜けないです。

Aさんありがとうございます!


写真はこれからもいつまでも歓迎ですよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月26日日曜日

ハーマンミラーの新作がでましたよ 2016/6/26

5時間喋りっぱなしでした。
楽しい。


さて、ハーマンミラーから新作の情報がありますよ。



Bevel Sofa
Designed by BassamFellows

 
 
 Bolster Sofa
Designed by BassamFellows
 
 
 
Crosshatch Chair
Designed by EOOS
 
 
 
Distil Desk
Designed by Todd Bracher
 
 
Domino Storage
Designed by Isay Weinfeld
 
 
Everywhere Table
Designed by Dan Grabowski
 
 
Polygon Wire Table
Designed by Studio 7.5
 
 
Tuxedo Component Table
Designed by BassamFellows



画像も文章も全てハーマンミラージャパンのブログから勝手に引っ張ってきました。
ので、そこ見たら全部書いてあるので詳しくはそっちを見ると良いですよ。
http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/archives/18353

もうオンラインストアにも載っていますし。


現代のハーマンミラーの新作ですね。復刻とかではなく完全な新作です。

私は全部実物を見ているのですが、特にデスティル デスクの見た目は好きですね。
今までにないデザインで格好良いです。値段も格好良いですけど。
ソファはすごく良い座り心地ですし工夫も効いています。ハーマンミラーにしてはなんだかお値打ち価格設定な感じです。

ボーダレスに使える家具だと思うので、いろんな場所で見そうです。


興味あるのありますか?


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月25日土曜日

アニヴァーサリーテーブルって名前でした 2016/6/25

本当に伝えたいことや情報ほどこのブログで書けないというのがなんだかなって思います。
あくまでライトな情報発信の場ということですね、ここは。


じゃ、昨日の更新繋がりで。


イームズハウスの民芸品のこと書いたんですけど、赤丸にしてあるテーブルについて書きます。

このテーブルは製品として当時から流通していたものではなく、ここに置いてあるテーブルです。
イームズハウス内は製品化されていない家具がチラホラありますので、その一つです。
発想はもうご覧の通り、ダウェルベースに天板付けたらどうでしょう。という感じでしょうか。憶測。

イームズさんのプロダクト的に珍しいのが、天板を金色に塗装していることです。
ちょっと記憶が曖昧なのですが、目の前で見た限り、木天板に金色の塗装か、金属天板に真鍮塗装か、どっちかだと思います。その時の印象をメモしておけば良かったです。手ぶらで見学してましたし。


このテーブルなんですけど、一度製品化されているんですよ。


雑誌名書いてありますね。直撮り
ほら。
どこかで見かけるかもしれませんね。
2001年ぐらいの話なので、結構レアです。

このブログを見ている人の中には持っている人がいるかもしれません。


ええ、それだけの更新なんですけどね。

別に私が持っているわけでも販売しているわけでもないですし、ただ話をしただけです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月24日金曜日

イームズと民芸品 2016/6/24

梅雨ですね。


書籍 THE WORKS OF CHARLES AND RAY eames 直撮り
ご存じイームズハウスの内部です。私が撮影したものじゃないですよ。本です。本。
私が撮影した写真だったらえらいことです。問題になっちゃいます。  (”えらい”は、大変とかそういう意味です。愛知だと”えらい”は疲れるとかそんな意味があるんですけど、そっちじゃないです。)

アップの写真なので、あ、これでブログでもなんとなく書こうかなって思いました。写真を載せてから思いついた文章を書いています。そうやって毎日更新していますよ。


最近現代はわりとシンプルでミニマルなような空間が好まれるような気がしないでもないですが、たくさんの色とオブジェで雑多な空間です。

私は好きですよ。これがいい。

どれも民芸品ですね。
イームズ夫妻は世界中を旅して民芸品やオブジェ的なものを持ち帰ってハウスに飾っていたのですが、その一部がこれらです。
我々的に言えば旅先で買ってきたお土産品を部屋に飾っている感じでしょうか。
いや違いますね。

このいろんな意味で真似できない空間が彼らの感性として魅力的に写ります。


このハウス内にあるものは一つ一つの物にストーリーがあると思います。これは何処何処でとか、あれは何々でとか。もしイームズ夫妻が生きていたら話してくれるでしょう。

私たちも自分が所有するものには全てストーリーがあると素敵ですよね。
モノを買うのにもっとエクスペリエンスが必要だと思います。そのほうが豊かな気がします。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月23日木曜日

マハラムの話 2016/6/23

ちょっと今日はマハラムについて話します。
やっぱりマハラムってなに?という話になるので、その辺しっかり書いて覚えてもらいましょう。

私はずっと良い生地だと思っているのですが、それが伝わらないとしょうがないですものね。


Maharam(マハラム)は1902年に米国ニューヨークで始まった老舗のテキスタイルブランドです。
当初は舞台装飾から始まりましたが、現在ではファッション、インテリア、家具、内装、グラフィックと様々な活動をしています。
洗練された妥協のないセンスや経営方法は、相当に格式の高いブランドを保っていますよ。

マハラムの生地はMOMAやシカゴ美術館に永久貯蔵されたり、クーパー・ヒューイット・デザイン・ミュージアムからも賞を受賞するなど、各方面から高い評価を得ています。
さらにニューヨークのマンハッタンにあるデザインスタジオは美術館と呼んでも差し支えないほど家具やアートが配置されています。実際自分が訪れて感心しました。


梱包方法から倉庫の収納方法に至る細部まで徹底的にこだわりることで、デザイナーたちの完成に響くわけです。


常に革新的であり続ける、それがマハラムです。
 


それでうちのお客さんとってもっとも興味があるのがチャールズ&レイ・イームズ、アレキサンダー・ジラード、ジョージ・ネルソンといった人々の生地を正式に復刻して販売していることでしょうね。
こられでシェルチェアの張替えをたまにやっています。

当然当然ほかにも良い生地があるので、この名作デザインだけが魅力じゃないですよ。

コラボレーションも多く、ヘラ・ヨンゲリウス、ショルテン・バーイングス、マイラ・カルマンなど、多彩な人たちとテキスタイルを制作してきました。
先日お伝えしたのポールスミスともコラボしてますし。

家具メーカーとのコラボもいくつもあります。


現代の柄も素晴らしいファブリックばかりです。
 

私がマハラムのすごさを理解できたのが、やっぱりNYのオフィスに行ったときですね。
あれはすごすぎるので、あれを体験したら、「よし、ちゃんと上質に伝えていこう」という気持ちによりなります。


マハラムは上質な人が販売する上質なブランドとして私は認識しています。
これはもう私の感じ方だとしか表現できません。

そのモノだけでなく、バックグラウンドも含めて作品の一つでしょうか。

そういったことを理解して空間に取り入れれば、自分の暮らしも豊かになるでしょう。
それを伝えるのは販売する人の役目ですよね。


そんなわけでマハラムを使ってお持ちの椅子やソファを張り替えると最高です。
だいたいなんでも良いんですよ、張り替えれるなら。


張替えだけでなく、いろいろ思いつけば何でも。

カーテンも良さそうですし、服に使っても良いでしょうし、ファブリックパネルにしても良いでしょうし、うまく取り入れるように考えたいですね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月22日水曜日

お部屋紹介(55) 2016/6/22

今日はお部屋の紹介です。
すごい久々ですね。あんまり紹介していないと、このお店って売り上げないのかな?って思われそうです。


今回は愛知県あま市のMさんより頂きました。


写真を貰ったきっかけは手前のライトグリーンのアームシェルです。
ヴィンテージのアームシェルを持ち込んでもらって、こちらから提案したビニールレザーに張り替えたものです。

色自体はMさんのチョイスなのですが、結構派手なカラーを好む人だなって思いました。正直。

それで貰った写真を見て納得です。
確かにこのカラーが良いです。全体の調和込みで良い色選択でした。

アメリカンな感じとスカンジナビアンな感じが融合しているような雰囲気を目指しているそうですよ。

リビングだそうです。全体的に色合いが良いですよね。
部屋自体やテーブルなどは濃い目のトーンに、そこにペールカラーの家具が並べられると派手すぎず落ち着きすぎずポップすぎず良いバランスです。

カラーの参考になる空間でしたね。

Mさん写真ありがとうございます!


写真はいつまでも募集中です。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月21日火曜日

アルタテンションの話 2016/6/21

この間のハンフリーベーシックといえば、うちには以前からこのコートハンガーがあったんですよ。
かなりの影の薄さっぷりでした。
ちょっと紹介します。


ということでコートハンガーは室内で撮っても微妙なので外で撮ってみました。
わりといい。
でも外で撮影してるの恥ずかしいです。


Kartell
Alta Tensione
¥45,800(税別)
size φ400 H1700 mm (重さ8.1kg)
color  ice / cobalt / citron yellow / orange


エンツォ・マーリさんのデザインです。1996年作。最近。
マーリさんというとダネーゼのイメージが強い系ですけど、当然ダネーゼ以外からもプロダクトがリリースされていまして、同じイタリアのカルテルからはこれが今も買えます。


日常生活が楽しくなるデザイナーズアイテムです。
ってカタログに書いてあります。

ただこのライトグリーンは廃盤色なので、この色気にいったし欲しいし。という人は現品を買ってもらうしかありません。


あ、このデザインの方が好みだなって人はどうでしょうか。
あとエンツォ・マーリさんファン向け。


コートハンガーはサイズ的にもいろんな意味で販売が難しい家具ですよね。
ちょっと販売する側の目線で。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月20日月曜日

インドアでもアウトドアでもアルミナム 2016/6/20

私がもう一人いたら解決。
いないかな。


これアルミナムチェア、イームズです。ハーマンミラーのです。
1958年当時のビジュアルで、画像下部分をカットしました。

発売時はこうやってインドア、アウトドア、どっちでも的なリリースでした。
インドアとアウトドアで張地の素材は違いますよ。共有できますという意味ではないです。

インドアを求める人、アウトドアに求める人、どっちに対応できるデザインですよ。そんな椅子ですよ。それが最初のアルミナムチェア。
※追記 ちょっと誤解のある言い回しだったのですが、最初はインドアグループ、アウトドアグループという名称で、アルミナムという名称はあとからですよ。

もともとアルミナムチェアはアウトドア目的が先行でデザインされていましたしね。

今となっては室内の、それでいてレザー張りのエグゼクティブなチェアという印象が一般的だと思います。
一般というか世間を知らない私が言うのもなんですが、多分そんな印象ですよね。


だからアウトドアと聞いてもピンとこないと思います。


今はハーマンミラーもアウトドアシリーズを復刻していますのでこれから周知されるかもしれません。


このビジュアルのように雨ざらしの場所で置いてたらなんか勿体ないような感じを受けますけど、このぐらいの価格どうってことないという人向けでしょうか。


イームズさんが居たロサンゼルスぐらい雨が少なかったらアウトドアでも良いかもしれませんね。

日本は雨が多いので外に置きっぱだと劣化が気になります。
日光に当てっぱなしもそれはそれで気になりますけど。

あ、日本の降水量は世界第三位らしいです。ソースは国土交通省 http://www.mlit.go.jp/river/pamphlet_jirei/bousai/saigai/kiroku/suigai/suigai_3-1-1.html


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月19日日曜日

ウームチェアの試作の話 2016/6/19

私もお客さんにいろいろ教えてもらえてありがたいです。


ウームセッティの話が何故か反応が良かったので、この流れでウームチェアのほうの試作品の話でもします。
最近多い試作品の話シリーズです。



modernism spring 2007 直撮り

これクランブルックアーカイブのフォトグラフィーです。
写真自体は雑誌の直撮りですけど。

張りぐるみじゃなくてプライウッドフレームのままに、表面だけウレタンと生地が張ってある仕様です。
なにせこのベース先のグライズがデカくてかわいい。おもちゃみたい。


もう一個試作。



modernism spring 2007 直撮り
これもクランブルックアーカイブ。

ベースがヘアピンレッグみたいになってますよね。
ヘアピンレッグという呼び名はネルソンのデイベッドで似たのがあるのでそう表現しました。
ヘアピンみたいなレッグ。


プロトタイプは面白いですよね。


試作ついでのちょっとしたストーリーも書きます。
ウームチェアの話。


1940年代の話。
Knollでグラスホッパーチェアが完成したあとに、エーロ・サーリネンさんとフローレンス・ノルさんは新しい椅子のシリーズを議論していました。
グラスホッパーチェアもエーロの椅子なんですけど、とにかくそんな椅子があったんですよ。わからなくてもそこは飛ばしますね。

それで、エーロは3つだけ提案したんです。
エーロは当時こういった問題にたいして何百も提案するということで知られたデザイナーでした。
でした。らしいです。
それが3つ。厳選。

その3つが70シリーズということで、71 Side Chair と 72 Arm Chair。
そして73 Lounge Chair。後のウームチェアです。

71と72は今まで何度も説明しましたね。
知らない人はこっち見てください→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/05/72-2015512.html
グラスホッパーチェアも載せてますよ。


そんな訳であのシリーズなんですよ。ウームは。
張りぐるみボディシリーズ。


知っておいても特に得はないでしょうけど、いつかこの知識が役に立つときが来るかもしれませんね。


ありますかね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月18日土曜日

マハラムとポールスミス 2016/6/18

このブログ書かないとお店から帰れません。
もはや義務です。


今日の情報は別に新情報でも何でもないですし、以前からハーマンミラーストアで販売している物なんですけど書きますね。


マハラムってポールスミスとコラボレーションしているんですよ。


すきゃん
こうやってマハラムピロー(クッション)のラインナップにポールスミスのものがあるんですよ。

自分的にマハラムとポールスミスのコラボは当たり前のつもりだったのですが、それはそうですよね、知らない人の方が多いですよね。
目についたので更新したわけです。こうやって。


ポールスミスはあのポールスミスです。
このポールスミス→ http://www.paulsmith.co.jp/shop


なかにはポールスミス好きがいらっしゃるかもしれませんし、そういった人にはピッタリの情報です。

ポールスミスは他メーカーで家具があるので、カジュアルにポールスミスを家で使いたい向けですね。


という話だけで終わります。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年6月17日金曜日

ダネーゼのハンフリー入荷しました 2016/6/17

ダネーゼのハンフリーを展示しましたよ。新たに入荷しましたよ。


わかりますか?
ラウンジチェアの横に立っているコートスタンドです。
これがハンフリー。


わかりづらいので早速メーカー側が用意している写真も見せます。

クワノトレーディングHPより拝借
クワノトレーディングHPより拝借

わかりますよね、デザイン。

DANESE
HUMPHREY BASIC
¥50,000(税別)
size H1760 W300 D300 mm

カラバリはご覧の通り。

こんな仕様です。

パオロ・リッツァートさんが2003年にデザインしました。
ダネーゼにしてはすごくお安くて、いや、コートスタンドにしてもお安くて、それでいてデザインが格好良くて使いやすくて気が利いていて、かなりの優秀っぷりを発揮しています。


前々から興味はあったのですが今回初です。
試しに一台だけなので、これから増やすかもしれませんし、在庫も持つかもしれません。
様子見。


これがまた写真が難しいのなんのって、背景を何もない状態で撮るとしょぼく見えるんですよ。


ほら。
だから多少ごちゃついてもラウンジチェアの横に置いて撮影したんです。


アップでみると素敵ですよね。

実物を見てもらわないと良さが伝わらない商品としてはトップレベルです。

そのかわり実物見たら欲しくなります。


用途はそれはもうコートスタンドなので色々掛けると良いです。

自宅も良いのですが、これはオフィスとかそっち方面でも好まれますね。
他のブランドと組み合わせやすくもあります。


センスのあるコートスタンドって少ないですし、私もいくつか知っているのですが、そういったスタンドって10万オーバーが当たり前です。
それはそれで当然グッドなのですが、いやもっとお値打ちで良いのないかな?という人にはばっちりです。


このスタンドはベーシックなので、他のバリエーションはメーカーのHP見てください。
http://www.kuwano-trading.com/products/danese/products.html#contents05


よく考えられたデザインです。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950