2016年9月21日水曜日

Knollの映像ネオコン編 2016/9/21

うちは名古屋向けのお店じゃなくて、日本全国へ向けたお店ですよ。
いずれは世界。志は高くしておきましょう。


さて、Knollというとクラシックなイメージが強いと思うので、現代のKnollの世界観ってわかりづらいと思うんですよ。
今年の6月にシカゴで行われたネオコンのKnoll発信の映像があったので載せておきます。


動画ではさりげなくツートーンカラーのベルトイアチェアがあったり、以前話題だけ書いたウームセッティもありますね。

たぶん知っている人の方が少ないでしょうけど、モニターアームを販売していたりとワークシーンに向けた提案もしているんです。昔からKnollはワークシーンの提案はしてましたけどね。今に始まったことではなく。
Knollというと、ミースかサーリネンかベルトイアかというイメージしかない気がしますので、レジデンシャルブランドとしての認識が強いような、まあ私がそうやって思うだけです。
そういったいわゆる名作だけじゃなくて、現在のデザイナーの現代の家具も多く存在します。

色使いが少し暗めのトーンを統一していますね。これがらしさなんでしょうか。

あとFlosのスミスフィールドってどこでも使われてますよね?なぜ?
この業界のお気に入りでしょうか。


来年は行けるようにしたいです。ネオコン。
頑張ります。


あ、いつも頑張ってますよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

0 件のコメント:

コメントを投稿