ブログ

2016年10月31日月曜日

ウームチェアとミディアムウームチェア 2016/10/31

10月も終わりですか。
頑張ってますよ。


そういえばいまKnoll Store青山にウームチェアとミディアムウームチェアが両方展示されているんですよ。エーロ・サーリネンの名作。
そんなにある光景ではないので良い機会です。

以前も書いたんですけど、まあ覚えてないというか知らない人がほとんどだと思いますので書きますね。

Knoll現行はウームチェアのサイズが2種類あるんです。
左がウームチェアで、右の小さく見えるほうがミディアムウームチェア。
小さく見えるっていっても、小さい人用じゃないですよ。左に比べると小さく見えるってだけです。

ウームチェアは大きいですから、身長的には大きすぎて座りづらいってことになります。
そんなときにミディアムがあるわけです。というより、ウームはデカすぎ

オットマンも2種類サイズがあるので注意が必要です。

 
ウームチェア欲しいなって人は知っておいた方が良いですよ。この情報。


ウームチェアが¥788,000(税別) ~ にたいしてミディアムウームが¥684,000(税別) ~ なのでわりと違います。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月30日日曜日

バブルランプがハーマンミラーからリリースされます 2016/10/30

寒くなりましたね。秋の装いです。


バブルランプですが、ハーマンミラー社から製造販売されますよ。



Herman Miller Japan HP http://www.hermanmiller.co.jp/products/accessories/accent-lighting/nelson-bubble-lamps.html

ハーマンミラーストアでも10/26から展示販売されていますし、今後バブルランプはハーマンミラー製品が正規品といいますか、初めてバブルランプが正規品として世に出回るというか、とにかくバブルランプがハーマンミラー社から販売されます。


もうここで私の前職のことやそのキーワードを出すとややこしくなるだけなので出さないですけど、古くからの私のお客さんたちは聞きたいことや疑問がたくさんあるでしょうね。

新規の人はバブルランプがハーマンミラー社から販売されたという認識で良いと思います


うちの展示とかその辺諸々はまだ未確定ですので今日はとりあえず報告です。

でもうちはハーマンミラーの正規ディーラーですので、今までみたいにバブルランプをやっていないんですよってことにはならないと思います。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月29日土曜日

東京の話 Knollゴールドプロダクトとネルソンプロダクト編 2016/10/29

ということで、一昨日10/27に行ってきた東京での話を書きますね。
今回は久しぶりにいろいろ移動していろいろ人と話しました。


そんな必要はないのですが朝7時の新幹線に乗って8時30過ぎには品川に着いたのですが、午前は特に予定もなかったのでなんとなく品川で降りて、なんとなく山手線に乗ってボーっとしてたらいつの間にやら原宿駅に来ちゃっていたのでこれはいけないととりあえず降りました。

東に行けば青山なので歩きながらカフェで朝食を食べてまたボーとして、エルデコデザインウィークの資料を見ていたらエスティックさんの情報が載っていたので10:30からと早いし行くことにしました。



店内写真公開だめ
エスティックさんと書いてもピンと来る人は少ないでしょうが、ここはもともとカルテルショップ青山だったんですよ。
うちもカルテルを販売していましたが、株式会社エスティックさんがカルテル社の日本の輸入代理店としてやっていまして、うちもそこから正規品を販売していたんです。

で、カルテルがあれであれになってあれなので、いまは「インドアアウトリビング」と店名と取扱品目を変更して10/26からオープンしています。 詳細 https://www.kartell-shop.jp/

カサブランカ社やケタル社を取扱い、新たなターゲットに向けての提案です。
いろいろ見て話を聞いてきましたよ。

それからタクシーに乗ってKnoll Storeに向かったのですが、運転手さんが北青山と南青山を間違えて到着まで時間がかかりました。景色を見ておかしいなと思いつつもプロに口を出すのも失礼だなって思ってました。別に気にしません。


ということで着きました。Knoll Store 青山です。
http://www.knollstore.jp/

観るべき目的もあったのですが、面白い出来事もあったんですよ。
途中入店されたお客さんに対応されていたスタッフさんが戻ってきて私に「あのお客様はcase study shop nagoyaのブログで川上さんの椅子を見て、そのためにKnoll Storeにお越しになったんですよ」って教えてくれたんです。
うける。早速挨拶に行っちゃいました。そりゃ向こうもびっくりですよ。私が居るわきゃないんですから。


そんなこともありながらですけど、いまのエルデコデザインウィーク期間中は初披露のゴールドシリーズを展示しています。
ベルトイアダイヤモンドチェアやプラットナーラインナップがそれはそれは高級感を漂わせて鎮座しています。
果たしてだれが購入するんでしょうかね。
うちでも購入希望者が現れないか期待しています。

川上さんのテーブルとチェアも二階で見やすい位置に陣取っていますので、この機会に見ると良いですよ。

それでここでですね、帰り際にTAIYOU no SHITAに行くことを店長に薦められました。
なんでもデザイナーさんが素晴らしい考えの方で、私と合うのではないかということです。

じゃあということでそのまま後楽園に向かいました。


到着。
ここがTAIYOU no SHITAです。
http://taiyounoshita.jp/

残念ながらデザイナー本人はいらっしゃいませんでしたが(アポとってないですし)、ストアマネージャーさんはいらっしゃいました。
突然でしかも今まで何の絡みもなかったのですが迎えてもらってありがたかったです。
いろいろ話を聞いてコンセプトや家具を見せてもらい勉強になりました。

ストアマネージャーさん、初対面ですけど彼の経歴に遠くでは繋がっていました。
通りでcase study shopのことをよく知っていますよ。

帰り際、昼過ぎだったのでオススメの昼食の場所を聞いたら、自分は好きじゃないけど外国人に好まれるラムつけ麺を出す店が近くにあるのでそこはどうかって言われて、それは楽しそうということでいきました。

ここです http://menya-shono.com/tokyo/menu/

香りがすごいですよ、獣っぽいというか、言ってはなんですが臭いんですよ。
ラム風味の謎の国籍の味付けのスープにパクチーだったりレモンがあったり、ミディアムレアのラム肉に、これはすごいな・・・と・・・
今も思い出すとあれは独特だったな・・・思うのですが、でも何故かまた食べたいので、これが癖になるってやつでしょうね。何故かって美味しかったってことですけど。


 あとTAIYOU noSHITAの合同スペースで台湾の睡蓮茶のイベントもやっていまして、話してみると非常に感じの良い人だったのでせっかくならと情報を載せますね。

Pure睡蓮
https://puresuiren.com/

興味があったら見てみてください。


次は丸の内ですね。


はい、ハーマンミラーストアとハーマンミラージャパンとマハラムジャパンに来ました。
場所一緒ですし。



写真公開OKでした
いまストアではFully Nelsonというイベントをやっています。
http://storetokyo.hermanmiller.co.jp/archives/18582

ハーマンミラーストアでは、10月26日(水)から11月7日(月)までの期間中、『ネルソンバブルランプ』、『ネルソンシンエッジベッド』、『ネルソンデイベッド』をはじめとした新製品と、現行のジョージ・ネルソンデザイン製品を全て展示する「Fully Nelson」を開催致します。

というネルソンの新作を一挙にみられる良い機会です。
担当営業さんに対応してもらって説明してもらいました。情報がはっきりしてすごく先が考えられます。
特にデイベットは良い情報です。ベッド自体はアメリカですでに見ていたのですが、ソファのデイベットは見ていなかったので私も初めての遭遇です。いいものでしたよ。


それからハーマンミラージャパン社内に移動して、なんやかんやあって、その後マハラムジャパンさんに情報を頂きました。なんでもそうですけど、直接会って話すのが一番ですよね。

↑ショルテン&バーイングスさんのテキスタイルや、


ヘラ・ヨンゲリウスさんのテキスタイル。

大分話し込んでしまって恐縮なのですが、その代りに多くのことを得られたので今後に活かせますね。
マハラムについては日本で非常に発展性のあるブランドだと思いますので、これからもっと周知されていくはずです。

マハラムのこれらのテキスタイルについてはまた折を見て書きますね。
ネルソンのプロダクト類も折を見て書きますよ。


最後は目黒に向かいました。
一年ぶりですよ。


会うのも一年ぶりですね、目黒の社長さんとは。たまには話しておこうと。
行くならやはりレストランインディゴ(https://www.facebook.com/restaurantindigo2001/)です。
サラダも本当に美味しいです。

値段にしてはレベルが高すぎるんじゃないかと思います。インディゴさんは。
本当の西海岸レストランです。

以前と形態や料理などが変わっておりまして、夜のみの営業となっております。


しかしハンバーガーは相変わらずの美味しさですよ。以前と味が少し変わっています。
本当に良いお店なのですが、距離的に私はたまにしか売り上げに貢献できないので、興味がある人はぜひ行ってください。予約してから行ってあげると喜びますよ。
たくさん飲んであげてください。

バスで目黒駅に行くのもひさびさ。

最終の新幹線で帰りました。

名古屋駅から徒歩で自宅マンションに帰るのですが、名古屋駅から外に出るとそのまま東京に居るのかな?って思うぐらい駅前が発展してますよね。なんだか新鮮です。


移動が多くて疲れましたが、少しづつやるべきことが見えてきた感じです。


次の東京は11/7です。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月28日金曜日

テーブルとシェルチェアを組み合わせたイメージ 2016/10/28

いつも行ってきた次の日にその時の話を書くのですが、明日か明後日にしますね。


今日はテーブルのこととキャンペーンのことを書きます。


川上さんのテーブルですけど、画像加工をプロってもらってカラーを変えた場合を作ってもらいました。 
テーブルについて→ http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/10/2016109.html


ブナ無垢材のまま
ライトブラウンの場合


ブラウンの場合

どうですか、かなりイメージが伝わりますよね。
わかりやすく、そして、想像通りブラウンカラーも格好良いです。もとい、かなりの格好良さです。

優秀なデザインなので、ブラウンの画像だけ見たらアメリカの家具かな?と見えそうです。
まったく別のデザインという印象を受けるはずですよ、ブナ無垢のままとは。(カラーは着色)

でもでもも、あくまでイメージですので、実際とは違いますよ。


それでキャンペーンはなんのことかといいますとシェルチェア3脚で4脚手に入るキャンペーンのことです。
これ→ ライブインカラーキャンペーン

このキャンペーンですが、10/31までですので、いつの間にやらあと三日です。


このキャンペーンを活用してシェルチェア4脚とテーブルをセットで購入するには良い機会ですので、やっぱり後で欲しかったなつぐらいなら決断しても良いと思いますよ。

例えばこんな組み合わせが出来ます。


ブナ無垢材のままにしてDSRアルパインのベースもホワイトという清潔感のある組み合わせ。
北欧テイストにも合いますし、ナチュラル思考も間違いなく良いです。


ブラウンカラーにしてDSRを全部ブラックという重厚な組み合わせも出来ます。
シェルチェアの画像は全部Herman Miller StoreのCGを利用してしまいました。
縮尺も角度もいい加減ですのでそこはご愛嬌です。


しかしどうです、この上下の二枚の画像。
両方とも同じデザインのテーブルとは思えないぐらい印象が違います。
でもどちらも類を見ないぐらい素敵。


ちなみに、このぐらいの画像加工は自分でも出来ます。
そういえば最近ラグの提案をするときに、お客さんに部屋の写真を送ってもらって、そこにラグの画像を合成して提案していたりしていました。


参考にしてくださいね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月26日水曜日

スペースエイジ系の良い物販売します 2016/10/26

明日10/27(木)はお店をお休みしますね。
東京にいます。
名古屋は東京にある程度サクッと行けるのが便利ですね。新幹線代だけあれですけど。


今日はちょっと特殊な案内です。

鹿児島のお客さんより依頼がありまして、これからの家具の購入者を募ります。
名作もあり、珍しい物もあり。
事情があってこういった紹介の形となりました。


ヴァーナー・パントン / ワイヤーコーンチェア
フリッツハンセン社製のユーズドです。

現在新品での製造販売はしておりません。



ヴァーナー・パントン / コーンテーブル
ヴィトラ社製のユーズドです。

現在新品の製造販売はしておりません。


ピエール・ポラン / コンコルドハイバックチェア V-8800
アーティフォート社製のヴィンテージ品です。

ポランらしさと座り心地の良さがあります。


これらが興味がある、欲しい、というひとは、私まで相談してください。
電話、メール、なんでも良いですよ。

値段もお尋ねください。でも、結構良い価格で手に入るのでチャンスかもしれませんよ。
とりあえず全部買っておくかってぐらいも出来るぐらいです。


個人宅でもディスプレイでも欲しい人はウェルカムです。


お店にはありませんのでご注意ください。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月25日火曜日

ガラス面にコーヒーテーブル 2016/10/25


ビジュアルブックカメラ直撮り
ガラス面へのディスプレイ台は脚がスリムな方が抜けが良くて開放感がありますね。
窓際が全部ガラスなのもそんなにあるケースではないと思いますが、でもそういった場合、ドカッとでかめのサイドボードなどは置かずに、こうしたほうがスマートに感じます。
用途が違うでしょというのはそうなのですが、スタイリングとしてです。

横長のコーヒーテーブルはこういった使い方が出来るのが良いですね。
アイデアですよ。

この写真のテーブルはKnollのジラードさんのテーブルですね。
この時に書きました。 http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/01/2016119.html

最初は普通にソファ前とかでコーヒーテーブルとして使っていて、何かの事情で現役を退く時も手放したりせずディスプレイ代として活躍します。
汎用性が高い家具とも言えます。それでいてデザインが洗練されていることも肝心です。

そうしたコーヒーテーブルはいくつも思いつきますよね。
同じKnollのベルトイアさんのベンチやブロイヤーさんのラッチオコーヒーテーブルや、Herman Millerのプラットフォームベンチやイームズレキュタンギュラーテーブルなどなどなど、書きだすときりがないかもしれません。

家具の買い替えは頻繁にしづらいものですが、次の用途で使えるのなら買い替えのハードルも低く感じるかもしれません。気分で模様替えとかも出来るようになりますしね。


椅子が荷物置きになっていたり服を掛けるだけになっていたりするのに近いですね。

近くないですか、違いますか。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月24日月曜日

ダネーゼのポスターのフレームの話 2016/10/24

今日はポスターを入れるフレーム、いわゆるポスターフレームはよく選びましょうって話です。


今お店ではこんな場所にあるこのポスター。
なにせ飾る場所がないもので・・・

でもうちはただ飾ってただ販売しているだけの店とは違いますので、ちゃんと案内しているので大丈夫です。


そんなこれはダネーゼのポスターですね。


フレームは別売りなのですが、それについて詳しくはこれを入荷当時の更新をご覧ください。→http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/02/201626.html


おかげさまでたまに買ってもらえます。ここで初めて見て気にいって買ってくれた人もいます。
良い物ですし嬉しいですね。


さて、このポスターのフレームについてですが、あったほうが良いと思っています。

ポスターのフレームは、中の保護というより、中のピクチャーをより良く魅せるための物だと思っています。
相乗効果ですね。

だからこそフレームはちゃんと選んだ方が良いです。
質の悪いフレームだと、せっかくの中の素材まで悪くなっちゃいます。


ダネーゼのポスターにダネーゼのフレームみたいなものは存在しません。
このフレームは私が勝手にチョイスしたわけでもありません。
ダネーゼ日本輸入代理店が提供しているものを販売しております。

利益を優先すると、仕入が安いフレームを売ったほうが良いんですよ。メーカー品と半オリジナル商品みたいなものを売るのが一番儲かりますから。

でも安いフレームはダメなんですよ。
この横の長さになると、時間とともに木自体が反ってきたりします。それから、アクリルを使っているのもマストです。ガラスは重量が増しますし、そのほかの樹脂板は透明度が低いので中のピクチャーを殺します。
あと、フレームのデザイン自体がピクチャーと合わないとダサくなります。

安いフレームはクオリティも安い。
保護目的なら良いのですが、相乗効果にはなりません。


その点このフレームは日本輸入代理店がいろいろ試したうえでの選択ですので、ある程度実績済みなんです。
それに、私のほうでフレームを探しても、結局はこのクオリティの物となるとある程度の値段になるものです。

じゃあやっぱりポスターと同じところから用意するのが一番最善だな。ってことで、このフレームを販売しています。実際いいものです。

たぶんお客さん側が自分でフレームだけ買おうと探しても、このレベルのフレームとなると、なんだかんだ今うちが販売しているフレームの価格と大差ないはずです。


実際このフレームとポスターのセットは素敵ですよ。
見栄えが違います。

ポスターだけで使うのも自由ですよ。もちろん。
その前に一度実物を見てみると良いですけどね。


見れない場所に居るんだよという人は、そこはもう私の話をたまには信用してみてください。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月23日日曜日

Knoll家具のシルエット 2016/10/23

雑談です、雑談。日曜は雑談率が高いです。 なんとなくすいません。


はい、この画像ですがKnollのビジュアルブックをカメラで直撮りしたものなので歪んでますけど気にしないでください。



良い家具はシルエットも格好良い。
そして、横のシルエットを見ただけで何の家具かわかるのが名作。
というより見慣れすぎたというだけか。

さすがにサイドボードは正面からです。
もしこれに名前が書いてなくても9割わかります。全部ではなし。

しかし座り系の家具が多いですね。椅子しかデザインしてないというデザイナーもよく見かけますし、椅子はやはり家具の中でも特別な存在なのでしょうか。

まさに画になるというやつですね、

家具なのに、グラフィックやイメージとしても使える。

以前ハーマンミラープロダクトの時も似たようなことを書いたのですが、優れたデザインの家具はアイコンとしても使えるのが素晴らしいです。

じゃ、今週もお願いしますね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月22日土曜日

エルデコデザインウィーク2016の話 2016/10/22

ららら今日もやってますよ。


こんな情報貰いましたよって更新です。


ELLE DECOR DESIGN WALK2016があります。東京で。
10/26-11/7までですね。

このイベントは毎年やっているんですけど、参加企業にあんまり私が今まであんまり馴染みがなかったのであんまり縁のないイベントでした。

でも今はKnoll Storeさんとちゃんと付き合いがあるので冊子を送ってもらいました。
ありがたいです。

ということで皆さんも興味があるであろうKnoll Storeさんは何をするかですが、


ゴールドモデルをお披露目展示するそうですよ。

私はNYで実物を見てきているのでどんなのかは知っているのですが、実物すごく良いので興味ある人は行ってみて買ってしまうぐらいだと素敵だと思いますよ。

川上さんのテーブルも展示されていますので、こっちもテーブル探している人は見てくと良いですよ。

ゴールドもテーブルもですけど、実物の方が良く見えますから。


この期間にたぶん私も東京行くと思いますけど、決まったらまた書きますね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月21日金曜日

アーロンチェア リマスタード AERON CHAIR REMASTERD 2016/10/21

昨夜一斉に情報公開が行われたあの製品にけっこう衝撃のリリース情報をお知らせします。



下記URLからのキャプチャ
ハーマンミラー社を代表する製品の一つ、アーロンチェアがリマスターされて登場します。
それがARERON CHAIR REMASTERD,(アーロンチェア リマスタード)
※商品名じゃないと思います。


専用の公式のページが作られていますよ。
http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/performance-work-chairs/aeron-remastered.html#/


上記URLを観ればわかるので、ここで私がいろいろ細かく説明はしません。
書いたほうが検索にヒットしやすくなるのでやったほうが良いんでしょうけどね。


が、が、が、ですよ、これについてこれ以上の情報は私もわかりませんというか、日本ではいろいろ未確定なので、詳しいことがわかったらまた書きますね。
実物もまだ見てないですし、私も。

今日は情報公開だけしました。

仕様とか価格とか予想してみてください。予想が楽しい。


いやーそれにしても、聞きたいことがいっぱいあるでしょうね、アーロンチェアを買おうと思っていた人は。
まあでもうちは私がお店に居るので、相談して納得して買えるってのが良さですから。
そこら辺気になることはわかる範囲で答えますから大丈夫ですよ。
今アーロンチェアを買っても、このアーロンRe:を待っても。


個人的な意見ですが、リマスターという表現は良いですね。旨い表現ですよ。


続報はまた書きます。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月20日木曜日

スカイフライヤーのメーカー変更 2016/10/20

ブログって休むとダメなんですよ。書かなくなります。
毎日書かないと!という気持ちの方が続けられるものですよ。


はい、今日はスカイフライヤーについての連絡です。
さっきお知らせが来ていきなり書いちゃいます。このブログは書き溜めてないということなんですよ。ちゃんと毎日書いてます。



この写真は今の写真じゃないですよ去年です
照明のスカイフライヤー。
去年から展示販売を始めましたね。その時の更新 http://case-study-shop.blogspot.jp/2015/06/2015613.html


メーカーがケラ社からイノルクス社に変更されます。
それに伴い、ちょっと仕様の変更がありまして、フランジカバーが金属製になるらしいです。

イノルクス社はフィンランドの照明メーカーなんですけど、メトロポリタンギャラリーさんが国内の輸入代理店になったそうです。
メトロポリタンギャラリーさんはメトロクスをやっている会社ですよ。

材質の部分がガラスってなってますけど、ガラスなんですか・・・?
重量的に今まで通りアクリルですよね?


とにかく、メーカーの変更と仕様の変更の話でした。


少しのことですけどこうやって更新するぐらいの細かさが大事ですよね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月19日水曜日

リキスチールクロック 2016/10/19

たまには新しく展示する時計を入荷しました。


渡辺力さんの電波スチールクロックです。2008年のデザインです。


Lemnos
RIKI STEEL CLOCK
¥13,800(税別)
size φ204 D600mm


この時計、本当はアラビア数字Ver.もあるのですが、数字なしVer.のみうちで展示します。
理由は後述。



うちは結構潔くて、タカタレムノスさんの時計も渡辺力さんの時計しか展示していません。(いまは)
でも渡辺力さんは好きでも、もっと特徴のない時計が欲しいという要望がこれからあるんじゃないかと予想してです。
そんな空間づくりを考えてもいます。

マックス・ビルのようなミニマルで洗練された時計を探している人に受けるのではないかと。
この時計ならデザイナーを感じさせずに空間に馴染ませることが出来ます。

なので、電波時計が欲しいからとお店に入れたわけではありませんよ。
電波なのも良いですけどね。


それと、渡辺力さんの時計でオールブラックの時計はこれのみです。
全黒で統一する人には相性良いですね。
それから、無骨な感じのテイストも良いでしょう。濃い目の木を使ったDIYチックな家具とか部屋とか。


Rikiと文字が入っているだけで違いを感じますね。
時計自体の大きさや針などのバランスが絶妙です。シンプルなデザインほどデザイナーの力が発揮されるものですよね。

注意点として、電波時計なので、電波が入らない場所では使えません。
電波使わない時計としては動きます。


数字Ver.が欲しい人は、用意自体はできるんですけど在庫をお店に持ってないです。
タカタレムノスさんに注文すれば手に入りますよ。

タカタレムノスさんに注文するって、そしたらレムノス製品はなんでも用意できるんですけどね。 


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月18日火曜日

川上元美チェアのファブリックについて 2016/10/18

さて、さて、川上元美さんのダイニングテーブル(http://case-study-shop.blogspot.jp/2016/10/2016109.html)ですけど、先月から展示販売はじめまして、とうとう動き出しました。
ありがとうございます。
お店で見た人たちの評判も良いので、これからもっと増えると良いですね。
いや、増えるはず。良いテーブルですから。
 
 
その中で、意外に、意外って言うとあれですけど、チェアの方もすごく反応が良いんですよ。
だって、テーブルは興味なくて、でもこのチェアなに?凄く良いよね。ということが何回かあったんですよ。
 
 
座り心地が良い上に仕上がりも良いですし、デザインもボーダレスで確かに良い椅子だと思います。
こちらも気に入ってもらえると良いので、これからが期待です。
月末にはムック本にもテーブルとこのチェアが単体で掲載されますしね。

 
作ってもらったものですが、カラーのイメージをもらっていました。

 
 
というように、生地の種類とたくさんのカラーが選択できます。
Knoll Textileを使っているんですよ。素晴らしい。
 
でも生地によって価格も変わるので、一番お値打ちなので展示もしているHourglassというものです。
それがサイドチェアで¥65,000(税別)でアームチェアが¥89,000(税別)です。
これが定番だと思ってください。
Divaという生地だとサイドチェアが¥75,000(税別)でアームチェアが¥99,000(税別)となりますので、単純に生地の価格がそのまま反映されます。
 
なので、価格の部分は以前から”~”をつけていました。
 
 
でもあんまり選ぶ種類が多すぎるとうまくいかないことはわかっていますので、いろんな生地が選べるのは、あるんだ~程度に聞いてもらって、定番のHouglassというカラーだけ見てもらえば大丈夫ですよ。

ずーっと書いているのでご存知でしょうが、飛騨のブナ無垢材を使って飛騨の工場で作っていますので、納期は早いです。海外のメーカーに比べたら。4週間でしょうか。

私は海外のメーカーの納期に慣れすぎたので、4週間というと、直ぐじゃないか!と思ったりもします。
 
これも何度も何度も書いているのですが、このテーブルとチェアはうちとKnoll Sotra青山だけしか販売していませんので、実物見たいし相談したいし欲しいという人は、どちらかに行くかどちらかに話をしてもらうしかありません。

基本は全国どこでも誰でも販売してますよ。

でも実物見れないのはどうしましょうか。
私がテーブル持ってその地に行くわけにもいかないですし。



case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月17日月曜日

バーディックグループの話 2016/10/17

いまテーブルの提案を考えているので、それで思い出してブログで話題として書いてみようと思いました。
何がきっかけで誰に響くかわからないですものね。
話題に出しておくことで誰かが助かるかもしれませんし。


さて、ハーマンミラー社のバーディックグループシリーズって覚えてますか?
というより、知っていますか?



ここはグリーンハウス
これがバーディックグループのテーブルです。今も実は、実はっていうのも失礼ですか、今も現行で販売されているものです。
でもほとんどのパーツはすでにありません。

ちなみに、写真のような構成でサイズが2745mmからで、価格は¥1,387,000(税別)からです。
それだけの作りですしね。



ハーマンミラーの本カメラ直撮り
でも、バーディックグループの名前の通り、グループなので様々なパーツがあって組み合わせできるシステム家具というのが売りなんです。
しかし、ほとんどが終了しているので、あるのはこの楕円のテーブルと長方のテーブルしかありません。
デザインはブルース・バーディックさんです。70年代でしたよね。

ちょっと上の写真ではわかりづらいかもしれませんが、組み合わせによっていろいろ使えたんです。
格好良いデザインなので、テーブルだけは今もこの要素を取り入れることが出来るわけです。


以前ですね、デザインセンタービルのデザインミュージアムで受付をやっていたこともあるんです。私が。
いやほんとにです。今明かす事実。

その時の受付がこのバーディックグループだったんですよ。
随分と重厚で頑丈で格好良い家具だなって思いました。椅子はアーロンチェアでしたし、贅沢でしたよ。

なんだか懐かしいです。

こんなテーブルもあるんでしたよって話でした。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月16日日曜日

ミラ2チェアのベースが変更 2016/10/16

例年通り暇な10月だなって思っていたら急にいろいろあったり。


さて、ミラ2チェアですけど、これから仕様が変更します。


ということで、ベースの形状が変更されます。

右のちょっと角張ったデザインに統一されますよ。
統一というのがですね、アロイやセミポリッシュのような銀色っぽいベースをチョイスすると、ミラ2チェアは右のデザインのベースになっていたんです。
それが、グラファイトや写真のフォグベースでも同じ形に変更されるということです。

でも、すでに生産されて在庫として保管しているものは当然左のままですので、オーダーの仕様によってはまだベースの形がわかれるはずです。

受注発注品はすでに右の形。

そして、いずれ在庫はなくなりますので、その時は右のになります。


これによって、別に何も変わりません。
どっちが良い悪いとかじゃないですね。ただ変わりますという話だけです。


どうしても左のベースが良いんだよ!なんて人はいないと思いますが、まあわからないですよね、居るかもしれませんし。

そうした人は、ちゃんと相談したほうが良いですよ。


じゃ、また来週も宜しくお願いしますね。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950

2016年10月15日土曜日

納品紹介59 2016/10/15

今日はお部屋紹介改め納品紹介です!題名変えました。このほうが汎用性が高いです。


今回は静岡県のKさんより頂きました。
出会いは去年の夏でしたっけ。家を新築されるということで椅子の相談を受けたのが始まりでした。
それが今年の夏にとうとう納品されたので、その写真ですよ。

でも椅子は椅子でも、座るためじゃなくて、壁際に並べて飾っておく椅子を探している。ということでした。なんという通な要望。好きですけどね。

そしてそして、気に入っていただけた椅子がこれらです。


注目は一番右ですね。
Knoll現行品のベルトイアサイドチェアですけど、なんとレッドです。
いやこれ本当に良い色ですよね、、ベルトイアの彫刻的センスにこのKnollレッドが楽しいです。アーティスティック。

あと、この色をチョイスするセンスが素晴らしい。

一番左はアアルトのスツールと、真ん中はご本人が一目で気に入って購入になったというミナペルホネンとのコラボ品ですね。


そしてハリスツイードで張り替えたシェルチェアも置いてもらっています。
これも座るためじゃないというのが、なんだか贅沢です。
時計置きにしているんですから、その遊び心たるやなんたるか。
来客があったら座るようにも使えますし、そういった意味では実用的でもありますか。

それにしても抜けが良い環境に建てられたんですね。
窓越しの形式が緑豊かで良い感じです。


椅子は必ずしも座らなくても、こうやってオブジェ的に飾っても素敵ということがよくわかります。
そのセンスを実際に発揮するのは珍しいと思うので、そこがご本人の意気込みですね。

Kさんありがとうございます!


納品した光景はこれからも写真がもらえる限り載せさせていただきますよ。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
TEL : 052-243-1950