2017年3月21日火曜日

イームズラウンジチェアのシェルの話 2017/3/21



Herman Miller Japan HPより http://www.hermanmiller.co.jp/products/seating/lounge-seating/eames-lounge-chair-and-ottoman.html

イームズラウンジチェアですね。
イームズを代表する、そしてハーマンミラーを代表するプロダクトです。

このプライウッド部分をシェルと呼ぶのですが、シェルについて書きます。


唐突にここはハーマンミラーのミシガンにある工場なのですが、ラウンジチェアのシェル部分は同じ個体で木目や色が違いすぎないようにちゃんと選択しているそうです。一手間ですね。
並べてみて、あんまり違った感じだと入れ替えたり、似ている感じを合わせたりするそうですよ。

だから製品化されたときに、同じような感じの木の色や木目なんですよ。
※あくまで”近い”ということで。

天然のものですし違っても良いと思うのですが、そこは統一感重視ということでしょう。


ところでこの写真↑は磨く前、塗装前です。


ここから、


磨いて塗装します。


そしたら見覚えのあるつやつや綺麗なシェルになります。
これらとクッションが組み合わさって完成です。


たくさんありますね。
これらが全部完成するとなるということは、それだけ人の手に渡るということです。

この中の一つが自分のものになるというロマン。


case study shop nagoya
愛知県名古屋市中区栄3-33-28 Uビル2F
HP : http://www.casestudynagoya.jp/
TEL : 052-243-1950
MAIL : info@casestudy.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿